FC2ブログ

波音と共にどうぞ



"Nani Kauaʻi"

リジー・アロヒケア(Lizzie Alohikea)さんの作品。
スラックキー・ギターのインストルメンタル曲として演奏した。

チューニングは、おいらの大好きな『Fワヒネ』で。

この曲を演奏すると(特に歌付きで)、ハワイ音楽にあまり馴染みのない方から、
「沖縄の歌みたいな感じですね。」
って言われる。

なるほど・・・聴きようによっては、そんなイメージもあるのかな。

SE(効果音)に、波の音を入れてみた。
・・・っちゅうても、
波音の音源を、そばに置いたJBLのポータブル・スピーカーから流してるだけなんやけどな(笑)


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
   

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

カーネーションの花という歌のこと



"Pua Carnation”
『カーネーションの花』

トラディショナル・ハワイアン・ソングの名曲のひとつに名を連ねるこの曲。
『Kaimana Hila』や『Ke Kali Nei Au(Hawaiian Wedding Songの原曲)』の作者として知られるハワイの作曲家チャールズ・エドワード・キング(Charles Edward King)さんの作品。
ウチらコオルアの大好きな楽曲のひとつや。
コオルアのCD『MELENAHE』にも収録されてる。

ノリ坊たち

そして、昔、ハワイのフラ・コンペで、ノリ坊が、所属するハーラウ・フラ(フラ教室)のチームで踊って優勝した時の思い出深い曲でもある。
白い衣装に赤いカーネーションが印象的やったな。
10年たった今でも、まだ鮮明に心に残ってる。
ちなみに、この時ノリ坊達が身につけてた生花のカーネーションのレイ、ギッチリと編んであって、相当重かったそうな。
クルっとターンすると遠心力で体が持って行かれそうになるんやて。

Ha`aheo

この曲が書かれた時代はハワイにアメリカからの音楽スタイル、いわゆるジャズが流れ込んで来て、ジャズ風の楽曲もたくさん書かれた。
でも、チャールズさんの書く旋律はジャズには寄せていない独特なラインを持ってた。
(のちに、ジャズ・ミュージシャンさん達が彼の楽曲をジャズ編曲して演奏することは多々あったと思うけど。)
そんな意味では、彼の楽曲は、洋楽器類で演奏されるようになった近代ハワイ音楽ムーブメントの中では純正ハワイアン曲の一群をなしている、と言えるのではないやろか。

とくに、この『カーネーションの花』のメロディをじっくり味わってみると、シンプルながら美しくもありユニークでもある。

ちなみに、細かい話なんやけど・・・
コオルアのバージョンは、一般的によう聴かれるバージョンとは、一部の歌詞とメロディライン(コードワーク)が違ってる。
たとえば、
4拍子としての5-8小節目の歌詞。
コオルアは『Pua carnation kaʻu aloha(カーネーションの花、私の愛する人)』って歌ってる。
一般バージョンは『Pua carnation kaʻu i aloha(愛する私のカーネーションの花)』や。
7小節目の和声の付け方もちょっと違うな。
それから、
2コーラス目の冒頭部分の歌詞。
コオルアは『Ke aloha(向けられた愛)』、一般バージョンは『Kō aloha(あなたの愛)』。
など。

なんでか、っちゅうたら、
コオルア・バージョンは、おいらが40年前にハワイで手に入れた古い本に載ってたチャールズさんの楽譜と歌詞を参考にしてるねん。
もちろん、歌としてどっちが正しいとか間違ってるとか言う話は全くするつもりはない。。
でも、ウチらはウチらなりに作者の思いを少しでも汲み取って表現したいだけ。

・・・て言いながら実は、
上の動画の中で、『Ke aloha』のとこ、一回だけ間違えて『Kō aloha』って歌ってもぉた(^_^;)
チャールズさん、かんにんm(_ _)m


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
    

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

パニオロの祖先やな



カントリー・ミュージックの大スター、バック・オーウェンス(Buck Owens)さんのバンド『バック・オーウェンス・アンド・ヒズ・バッカルーズ(Buck Owens and His Buckaroos)』のヒット曲。

バック・オーウェンスさんといえば、ウェストコースト・サウンドの幕開けとも言うべき『ベーカーズフィールド・サウンド』の創始者や。

この曲は、ボブ・モリス(Bob Morris)さんによって書かれて1965年にシングル・リリースされたインストルメンタル曲。
若き天才ギタリスト、ダン・リッチ(Don Rich)さんの演奏は、これぞテレキャスター・サウンド!の名演や。

曲のタイトル『バッカルー(Buckaroo)』はカリフォルニアやネバダ周辺のカウボーイのことで、スペイン語の『ヴァケーロ(vaquero)』が英語になったもの。
スラックキー・ギターのルーツとされる『パニオロ(paniolo)』の祖先やな。

ちなみに、『カウボーイ(cowboy)』という言葉は元々は『牛泥棒』って言う意味で、現代のカウボーイの意味するところは、古くは『ヴァケーロ』や『バッカルー』が正しい呼び方やったんやな。


#slackkey #slackkeyguitar #ukulele #hawaiian #country #music #スラッキーギター #スラックキーギター #ギター #アコギ #ウクレレ #フラ #ハワイアン #カントリー #ハワイ語 #コオルア #癒しの音楽

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

6年前のハワイで



YouTubeにアップしたん。
6年前の映像や。
オアフ島のハワイアン・スラックキー・ギター・フェスティバル。
ハワイのスラックキー・ギター・フェスティバルで初めて演奏した時のん。

この時、ここで演奏してることが嬉しくて嬉しくてどうしようもない気持ちで演奏してた。

この日の翌日に書いたブログがこれ(^_^)/
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-entry-1896.html


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

Ua Noho Au A Kupa (動画)



昨日のブログでアップしたおいらのレッスン教材でも使うハワイの名曲『Ua Noho Au A Kupa』。
サクっと演奏してみた。

教材のスコアは、スラックキー・ギターのスタンダード・チューニングとも言うべき『タロパッチ・チューニング(オープンGチューニング)』で書いてるけど、この動画ではおいらの常用チューニング『Fワヒネ・チューニング』で演奏してる。
へ長調で始まり、途中ハ長調に転調、そしてまたヘ長調に戻る。

ギターは、愛用のマーティンHD-28VS。
弦はお気に入りのマーティン『RETRO』ライトゲージ。
いつも装着してるピックアップを取り外して、完全生音アンプラグド録画。
音の反響がほとんどデッドな環境なので、素朴なウッディ・サウンドになった。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ハワイ古謡をバンジョーで弾いてみた(動画)



アリス・ナマケルアさんの名演で有名な『Ka Manu(カ・マヌ/鳥)』っちゅう曲。
彼女は、この曲をスラックキー・ギターで、もっとゆったりと弾き語った。

1850年代のハワイ島コハラの男の子とヒロの女の子の恋の物語の歌や。
二人の恋は親に反対されていて、成就せんかったそうな。

アリスさんは、子供の頃に、実際にこの歌の主人公の男性本人に会って、その物語と歌を聞かせてもろたんやて。
その時、その男性はもう50代のオジサンになってはった。

バンジョーの弾き方は『クロウハンマー』っちゅう古い奏法。
右手は親指と人差し指で弾く。
とくに人差し指は、ギター等の一般的なフィンガー・ピッキング奏法と違って、爪側で弦を叩いて音を出す。
それから、さらに左手の指でも弦をはじいてメロディーを作る。

弾いてるバンジョーは、これまた古い。
1911年に作られたフェアバンクスっちゅう銘柄のん。
108年前の楽器や。

古いもん尽くしやな(≧▽≦)


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

クレイジー



『クレイジー(Crazy)』
おいら、昔からめっちゃ好きやねん、この歌。
テキサス州アボット生まれで、今はハワイ州のマウイ島に住んではるウィリー・ネルソン(Willie Nelson)さんが1961年に書いた名曲。
同じ年に、当時の大スターのパツィ・クライン(Patsy Cline)さんがシングル・リリースして、翌年に大ヒットした楽曲や。

そのころは、ウィリーさんは、今ほど有名ではないにしてもそこそこのソングライターで、人に楽曲を提供したり自分で歌ったりしてたんやそうな。
この歌も、元々は男性カントリー歌手のビリー・ウォーカー(Billy Walker)さんのために書いたんやて。
でも、
「女の子の歌やん。」
って、歌ってもらえへんかったん。
なるほど、あのゴツい風態のビリーさんには。。。^_^;

んで、ある日、ナッシュビルのバーでたまたまこの歌を聞いたパツィさんの夫さんが、
「ウチの嫁にこの歌をちょーだい。」
って言ってきはって、彼女が歌うことになったんやて。
そして、大ヒット!!!
ウィリーさんの名前も一躍浮上!!!
ちなみに、彼の作曲家名義はヒュー・ネルソン(Hugh Nelson)。

『クレイジー』・・・って、なんともインパクトのあるタイトルやな。

さみしくて、やるせなくて気が狂う。
あなたの愛はずっと私に注がれていた。
ある日あなたは他の人のところへ。
あなたのことが愛おしくて気が狂う。


・・・な、内容の歌なんやけど。 、
ウィリーさんによると、最初は、『ステューピッド(Stupid)/『馬鹿』の意味』って言う曲やったんやて。
「わたしバカよね。おバカさんよね。」
って日本の歌と微妙にリンクするな(≧∇≦)

ウィリーさん自身の歌はこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=OnYEQbEHNZE

パツィさんのバックアップ・サウンドの要がピアノと男性コーラスでアレンジされてるのに対して、ウィリーさんのはペダル・スティールギターによってリフトアップされてる。
どっちも好っきやぁ~(●^o^●)

余談
ウィリーさんは映画俳優としても銀幕に登場してはる。
もう40年ほど前、おいらアメリカ南部の町におった時に、ちょうど彼の主演する『忍冬の花のように(Honeysucle Rose)』っちゅう映画が近所の映画館でかかってた。
その隣の映画館ではジョン・トラボルタさん主演の『アーバン・カウボーイ(Urban Cowboy)』がかかってた。
どちらも新作。
深夜上映のんを見に行った。
迷った末、渋いウィリーさんのより、かっちょええジョンさんの方の映画を選んだ。
若かったのぉ。
今やったら、両方見たやろけど、そのころ、とにかくお金がなかったので(笑)
日本に帰ってくると、カントリー音楽関係者の間では、『アーバン・カウボーイ』よりも、ウィリーさんの『忍冬の花のように』の話題で持ち切りやったわ。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
   

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

Kaulana ʻo Kawaihae(動画)



ハワイ島のカヴァイハエの沖合にあった小さな島『プアカイリマ』の歌。
スラックキー・ギターのインストルメンタルで弾いてみた。

Kaulana ʻo Kawaihae
I ke kai hāwanawana
E ʻōlelo mai kahiko mai
O Puakaʻilima

E kilohi iā Mauna Kea
Kuahiwi kū kilakila
E ʻōlelo mai kahiko mai
O Puakaʻilima

Haʻina mai ka puana
Kuahiwi kū kilakila
E ʻōlelo mai kahiko mai
O Puakaʻilima

カヴァイハエは静かなところ
波がささやく海辺
昔のことを言い伝えている
プアカイリマの島のことを

マウナケアを見よ
堂々とそびえる山
昔のことを言い伝えている
プアカイリマの島のことを

この話は言い伝えられる
堂々とそびえる山よ
昔のことを言い伝えている
プアカイリマの島のことを

翻訳:私

プアカイリマは、カヴァイハエの沖合にあった小さな島や。
島自体は1946年のツナミで水没してしもたんやけど、その周囲の珊瑚礁に寄せる波頭がイリマのレイのように見えたんやて。
でも、その珊瑚礁も1957年のカヴァイハエ港の工事の時に削り取られてしもてん。
今残ってるのは、この歌に託された昔日の言い伝えだけ。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

テキサス・フィドルの名曲をタロパッチで弾いてみた♪(動画)



『Midnight on the Water』
この曲は、テキサスのオールドタイム・ワルツとして有名なフィドル(ヴァイオリン)曲。
テキサスのフィドラー(ヴァイオリニスト)のルーカス・トマソン(Lucas Thomasson)さんの名前でクレジットされてる。
リリースしたのんは息子のベニー・トマソン(Benny Thomasson)さん。
ベニーさんは、遠い記憶の中で、父親と叔父が家のポーチでこの曲を作ってるのんを覚えていたそうな。
1900年頃やて。

ちなみに、
この曲がフィドルで演奏されるときは、『死人のチューニング(Dead man's tuning)』と呼ばれるチューニングで演奏されることが多い。
どんなチューニングかというと、low D-D-A-D・・・ヴァイオリンのレギュラー・チューニングG-D-A-Eからすると、第4弦と第1弦をグンと緩めるわけや。
つまり、スラックキー奏法なわけやな。

おいらの演奏は、スラックキー・ギターの『タロパッチ・チューニング(Taropatch Tuning)D-G-D-G-B-D』で弾いてる。
第6弦の5フレットへの上昇スラーによって、フィドルの『死人のチューニング』のフィーリングを演出してみた。

☆『フィドル』とは、アイルランド民謡やアメリカのオールドタイム・ミュージック、ブルーグラス、カントリー・ミュージックにおける『ヴァイオリン』の呼び方。
楽器自体は同じもの。
しかし、クラシックやジャズのヴァイオリニストさんの間では、ヴァイオリンはフィドルとは別物という主張もある。



コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

エレキギター弾いてみた♪(動画)



エレキギターを弾いてみた。
アメリカの古い曲『Nine Pound Hammer』。
モンロー・ブラザーズ(Monroe Brothers)さんや、マール・トラヴィス(Merle Travis)さんの演奏で有名な曲や。


おいらが弾いてるギターは、『フェンダー・テレキャスター』のコピーモデル。
借りモノや。
おいら、エレキギターのことは、あんまり知らへん。
でも、ソリッド・ボディのエレキギターの中では、この形が一番好きや。
あくまでも形。(音色とかではなくて)
カントリー歌手のウェイロン・ジェニングス(Waylon Jennings)さんがこの『テレキャスター』を使ってて、カッコエエって昔から思っててん。

おいら、エレキギターを弾くことは滅多にない。
なので、希少映像やな(笑)


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽