FC2ブログ

150年前の曲



おいらの大好きな曲。
ウクレレ・クロウハンマーで演奏してみた。

この楽曲は、1870年、今から150年程前にアメリカで書かれた曲や。
作者はボストン出身のルイス・グーランド(Louis Goulland)さん とチャールズ・ホワイト(Charles A. White)さん。
歌詞もあって、パーラー・ソングとして商業出版された。

その後、この楽曲は埋もれてしもてたんやけど、1924年、コロンビア(レコード会社)と契約したノースカロライナ出身の盲目の農民ミュージシャン、アーネスト・トンプソン(Ernest Thompson)さんのレコーディングによって現代に知られるようになってん。
そのリリース時は、マウンテン・ソング(カントリーの前身)としてで、『Little Rosebud Casket』っていうタイトルやった。

それを期に、多くのミュージシャンによって取り扱われるようになり、どういう経緯か、『Rosewood Casket』、『Little Rosewood Casket』あるいは『The Little Rosewood Casket』っちゅうタイトルになった。
ちなみに、マーティ・ロビンズ(Marty Robbins)さんもギター1本の弾き語りでレコーディングしてはる。

Little Rosewood Casket

There’s a little rosewood casket
Resting on a marble stand
With a packet of old love letters
Written by my true love’s hand

Go and bring them to me, sister
Read them o’er for me tonight
I have often tried but could not
For the tears that filled my eyes

When I’m dead and in my casket
When I gently fall asleep
Fall asleep to wake in heaven
Dearest sister, do not weep

Take his letters and his locket
Place them gently on my heart
But this golden ring that he gave me
From my finger never part

小さなローズウッドの小箱が
大理石の台に置いてある
そこには古いラブレターの束が
心底愛した人が書いたラブレター

それをここの持ってきてちょうだい、妹よ
今夜、それを全部読み聞かせて
私は何度も読もうとしたけど、できなかったの
涙があふれて

私が死んで棺に入る時
そっと眠りにつく時
天国で目覚めるために眠りにつくのだから
愛する妹よ、泣かないで

彼の手紙とロケットを取ってきて
私の胸にそっと置いてね
でも、彼がくれたこの金の指輪は
指から外さないで

和訳:おいら

コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

クロウハンマー奏法で



Sweet Sunny South
この曲は、19世紀中頃のアメリカの古謡。
(1840年代に初めて人前で演奏された、との説もある。)
ちょっと物悲しい曲やな。

こんな歌詞で始まる。
韻を踏んだ美しい歌詞や。
そして、この後、長い長い歌詞が展開される。

Take me back to the place where I first saw the light
To the sweet sunny south take me home
Where the mockingbirds sing me to rest every night
Oh, why was I tempted to roam?

私を連れて帰っておくれ、初めて光を見た場所へ
あの懐かしい陽の降り注ぐ南の地へ連れて帰っておくれ
毎夜モッキンバード達が子守歌を歌ってくれるところ
あぁ、どうして放浪の旅の誘惑にのってしまったのだろう

※初めて光を見た場所:生まれた場所のことを詩的に表現している
※モッキンバード:和名はマネシツグミ。他の鳥の声真似をするのでそう呼ばれる。


Gibson Openback Banjo Openback Banjo

この動画で弾いてる5弦バンジョーは、ギブソン社(Gibson)のオープンバック・バンジョーで、1964年製。

ず~っと前、たぶん30年以上前、中古で手に入れた。
しかも、ボロボロの状態やった。
ヘッド・ストックは、なぜか白い塗料飛沫で汚れてて、Gibsonのロゴにもかかってた。

掃除して、ヘッド(太鼓の皮)を張り替えて、ペグも取り替えて、各部調整して、やっと使えるようになった。

それから、さらにクロウハンマー奏法用に改造・・・ハイポジションのフレットを撤去して、ネックの角を削って、テールピースを古典スタイルに変更。。。
あ、アームレストもオリジナル(金属製)から木製のんに換装した。
弦はナイロン弦を張ってる。

あったかぁ~い音色のお気に入り楽器や。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
   

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ウクレレで弾いてみた



スティーブン・フォスター(Stephen Collins Foster)さんの名曲『おおスザンナ(Oh! Susanna)』。

おいらがウクレレで弾くと、こうなる(≧▽≦)
クロウハンマー奏法っちゅう、元々はバンジョーの古い奏法のひとつ。

この歌の歌詞では、
I've come from Alabama with my banjo on my knee.
(バンジョーを膝に、アラバマからやって来たところだよ)
となってるけど、
I've came from Hawaiʻi with my ʻukulele on my knee.
やな。

でも、
『Hawaiʻi』のところを、『ハワイ(ハヴァイ)』でなくて、ちゃんと『ハワイイ(ハヴァイイ)』って歌わんとゴロが合わへんし(笑)


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

Back Home Again in Indiana



この名曲は、1917年にジェイムズ・ハンリイ(James F. Hanley)さんによって書かれた。
歌詞もあって、作詞者はバラード・マクドナルド(Ballard MacDonald)さん。
故郷のインディアナへの望郷の想いが描かれた美しい詩や。

いわゆる、ティンパンアレイ・ポップと言われる、商業音楽として書かれた曲や。
ちなみに、アーヴィン・バーリン(Irving Berlin)さんが書いたホワイト・クリスマス(White Christmas)も、この部類に入る。

んで、ジャズやカントリーでも取り上げられ、多くのミュージシャンが演奏してきた。
毎年、アメリカ合衆国のインディアナ州で開催されるカーレース『インディアナポリス500』のオープニングでも歌われる。

おいらが初めてこの曲を聴いたのんは大学生の時、40年ちょっと前。
フレッド・ギーガー(Fred Geiger)さんっていうブルーグラスのバンジョー・プレイヤーのレコードや。
その演奏を聴いて、かっこええ曲や、と思た。

その後、この曲がおいらの心を打ったのは、30年程前にレンタル・ビデオでテープを借りてきて見た映画の中のワンシーン。
『5つの銅貨(The Five Pennies)』っていう、実在のジャズのコルネット奏者レッド・ニコルス(Red Nichols)さんのことを描いた物語や。
その中で、ジャズメン数人がカフェかレストランに集まって、新曲の打ち合わせをするシーン。
みんなに楽譜が配られて、その場に楽器がなかったんで、それぞれが自分のパートのメロディーをスキャットで歌って合わせはるねん。
その時の曲が、この『Back Home Again in Indiana』やった。
それがもう、ホンマにメッチャクチャかっこよくて、もう完全においらの脳裏に焼き付いてしもた。

いつか、自分でアレンジして演奏したい、と思てたん。
長いこと・・・(^_^;)

このおいらの動画の演奏のアレンジでは、その映画のシーンのメロディーとハーモニーの音の動きをちょっこっと意識した。

Back home again in Indiana
And it seems that I can see
The gleaming candlelight, still shining bright
Through the sycamores for me
The new-mown hay sends all its fragrance
From the fields I used to roam
When I dream about the moonlight on the Wabash
Then I long for my Indiana home


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
   

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ボーイと呼ばれたダニー君



『ダニー・ボーイ(Danny Boy)』のタイトルで知られる名曲や。

原曲はアイルランド曲の『ロンドンデリー・エア(Londonderry Air)』。
このアイルランドの伝承曲に、のちになって、『ダニー・ボーイ』の歌詞が付けられた。
その『ダニー・ボーイ』は多くの歌手に歌われることになって、美しいアイリッシュ・メロディと共に、世に広く知らしめられることになる。

ちなみに、この『ロンドンデリー・エア』には、他にもいくつかの歌詞が付けられてる。

さて、
この『ダニー・ボーイ』の歌詞。
とっても、もの悲しい、胸を締め付けられるような別れの歌や。

『ボーイ』という言葉から、恋人同士の別れ、というより、親と子の別れであると考える。

そして、歌詞の最初の部分に『パイプが呼んでいる』という一節がある。
この『パイプ』とは、単なる笛ではなくて、ケルトの伝統楽器『バグパイプ』類のことかと考える。
(原文では複数形の『pipes』となってる。)
兵士の進軍や戦闘時にも演奏される楽器や。
つまり、戦争による別れなんやな。

名前のダニーの後にボーイを付けて呼んでいるのは、本当にまだ若い、親にとっては、子供のままな想いなんやろなぁ。

この歌の物語について、ある人から、こんな話を聞いたことがある。
「年老いた父親がかわいがっている末っ子が戦場に行かなければならない。
この父親はもうすでに、若い息子達を戦場で無くしている。
そして、ついに、末っ子のダニーまで行かなければならなくなった。」
そんな物語が想定されてるんやそうな。
その出典は定かではないけれど、遠からずな気がする。

この歌詞(ダニー・ボーイ)は、1913年に『ロンドンデリー・エア』のメロディに載せて発表された。
書いたのは、イギリスの作詞家のフレデリック・ウェザレイ(Frederick E. Weatherly)さん。
第1次世界大戦が始まる前年や。
彼は、これから世界中を巻き込んで繰り広げられる悲惨な事態へ向かおうとしている世相への警鐘を鳴らしたんやろか。

Danny Boy

Oh, Danny boy, the pipes, the pipes are calling
From glen to glen, and down the mountain side
The summer's gone, and all the roses falling
It's you, It's you must go and I must bide

But come ye back when summer's in the meadow
Or when the valley's hushed and white with snow
It's I'll be here in sunshine or in shadow
Oh, Danny boy, O Danny boy, I love you so


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
   

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

おじいさんの古時計



My Grandfather's Clock
日本でも、『おじいさんの古時計』とか『大きな古時計』っていうタイトルで知られてる。

作者はアメリカ合衆国のヘンリー・クレイ・ワーク(Henry Clay Work)さんで、あのフォスターさんと同じ時代を生きた音楽家や。
ただし、この曲が発表されたのんは1876年で、もうすでにフォスターさんは若くして亡くなってたな(1826年~1864年)。
ヘンリーさんも52歳で亡くなってるんで(1832年~1884年)、現代感覚では早世なんやな。

でも、この歌の中では、おじいさんは90年と長生きしたことになってる。
日本語の歌詞(保富康午さん訳)では、100年に変えてあるんやけど、これはなんでかな?
100年の方が、ゴロがええしかな?

ちなみに、
おじいさんが天国へ行く時を歌った最後のバースの歌詞の原文を訳してみた。

おじいさんの臨終の夜に時計が鳴った
何年も鳴ったことのない時計が
おじいさんの魂が飛び立つ(羽の)準備をしているのだ、と僕たちは知った
彼の旅立ちの時のために
まだ、時計はやさしくてこもった音で時を刻んでた
僕たちが静かにおじいさんの(ベッドの)横に立っている時には
でも、ふっと止まって、それきり動かなくなった
おじいさんが死んだ時に

It rang an alarm in the dead of the night
An alarm that for years had been dumb.
And we knew that his spirit was pluming for flight
That his hour of departure had come.
Still the clock kept the time with a soft and muffled chime
As we silently stood by his side.
But it stopped short, never to go again
When the old man died.

日本語の歌詞とちょっとニュアンスが違うな。
日本語のんより臨場感があるのんは、原作やしかな。
この歌は作者の実体験ではなく、宿泊したホテルで聞いた話がモチーフになってるんやそうな。
でも、やっぱり切ない歌詞やな。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

アフリリの歌



こないだのハワイ語講座でも取り上げた『ʻAhulili』っちゅう曲。
マウイ島カウポーのパニオロ(ハワイのカウボーイ)のスコット・ハイ(Scott Haʻi)さんが書かはった名曲や。

歌詞の内容も面白い曲なんやけど、ここではメロディに注目。
このビデオでおいらが歌ってるメロディ、現代に一般的に知られてるメロディと随分違うねん。

おいらが歌ってるメロディは、別においらが勝手に作って歌ってるわけではなく、作者のスコットさんの自筆とされる楽譜を元にしてるねん。

ʻAhulili Song ʻAhulili Song

楽譜に書いてあるタイトルは『Ahulili Song(アフリリの歌)』となってる。

自筆の歌詞にはオキナやカハコーは書かれてないので、歌言葉の意味に即して適宜挿入して歌った。
現代バージョンに付いてる『Haʻina mai ka puana』の部分は、自筆の歌詞にはなかった(あるいは、その部分が欠落していたのか)ので、歌ってない。
また、リズムやテンポは楽譜に記されてないので、そこはおいらのアレンジにさせてもろた。

ちなみに、
この歌は歌詞についても、いくつかのバージョンがある。
現代のメロディは、だれがいつごろ作ったんやろな?
作者自身が改作したのんか、それとも他の誰かが編曲したのかそのまま主流になったのんか。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
   

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

君はここに

キンモクセイ キンモクセイ

おいらが書いたオリジナル曲『Eia Nō ʻOe』のモデルになったキンモクセイの木が復活してきた。
根っこ部分が腐ってきてしもて、それに他にも事情があって、切らざるを得なかった木の、残された切り株から新しい芽が出て来たん。
んで、
あったかくなり始めたこの頃、急速に成長してきてはる。

そのうちまた、以前みたいにええ香りを放つようになるんかな(●^o^●)

キンモクセイ



Eia Nō ʻOe

Eia nō ʻoe me ke ʻala kūpaoa
E ka pua liʻiliʻi ʻōlenalena lā
Ua hala ka manawa ʻoliʻoli no kāua
E noho paʻa mai, e kuʻu lei i ka puʻuwai

ʻAuliʻi nō ʻoe, ka pua lua ʻole
Noho mai ana i kō ʻala anuhea lā
Ua haʻalele ʻoe me ke anu o ka makani
ʻAuhea nō ʻoe, e kuʻu lei, kuʻu mili ē

Lohe mai, lohe mai i ke kani o ka ua
Me he mea lā he mele nahe, he makana ʻoia lā
Ua uluwehiwehi ke aloha no kāua
I ka pō ua nani, e kuʻu lei i ka puʻuwai

Haʻina ʻia mai ana ka puana lā
No ka pua liʻiliʻi ʻōlenalena lā
Ua uluwehiwehi ke aloha no kāua
Eia nō ʻoe, e kuʻu lei i ka puʻuwai

日本語訳
君はここに

君はここに、芳醇な香りとともに
小さな黄色い花よ
私達の幸せな時は過ぎさってしまったけれど
ずっと心の中にいておくれ、私のレイとして

君は本当に愛らしい、最高の花
やさしい香りを漂わせてそこに
君は行ってしまった、風が冷たくなる頃に
君はどこに、私のレイ、大切な人よ

ほら、聴いてごらん、雨音を
その歌は優しく、天からの贈り物のよう
その時ふたりは愛で満ち満ちていた
美しい夜の、心のレイよ

この話は
小さな黄色い花の物語
ふたりは愛で満ち満ちでいた
君はここに、私の心のレイよ


タイトルにあるハワイ語の『eia』は、『ここに』という存在を意味する言葉で、この言葉自体には時制は働かない。
なので、過去のことを述べているのか、現在のことを述べているのかは、文章(詩)の流れで判断する。
あえて、この不確かな時制の言葉を使って歌の物語を構築した。
そこにこの歌の切なさを埋め込んだ。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
   

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

オートハープでハワイの名曲♪



オートハープ(コーデド・ツィター)でハワイアン・ソングも楽しい♪

シンプルな楽器やけど、やってみると・・・

やすい。
ふかい。
はまる。

上の『やすい』は、初心者でもそこそこ弾きやすいのん。
値段は、高いか安いか人それぞれの価値観によるけど、今は新品で5万円くらいからあるみたいや。

名曲『Nani Kauaʻi』を弾き歌ってみた。


コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。
  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

今日のこの日



Today
(Composed by Randy Sparks)

Today while the blossoms still cling to the vine
I'll taste your strawberries, I'll drink your sweet wine
A million tomorrows shall all pass away
Ere I forget all the joy that is mine, Today

I'll be a dandy and I'll be a rover
You'll know who I am by the song that I sing
I'll feast at your table, I'll sleep in your clover
Who cares what the morrow shall bring?

I can't be contented with yesterday's glory
I can't live on promises winter to spring
Today is my moment and now is my story
I'll laugh, I'll cry and I'll sing

Today while the blossoms still cling to the vine
I'll taste your strawberries, I'll drink your sweet wine
A million tomorrows shall all pass away
Ere I forget all the joy that is mine, Today

今日この日
(日本語訳:ま~さん)

今日、花はまだツルの上にしっかり・・・そのあいだに
あなたの果実を味わい、あなたの美酒をいただこう
いくつもの明日が過ぎて行くのだ
私の喜びすべてを忘れてしまう前に、今日この日

私は伊達男にもなれば、宿無し男にもなろう
私のことは私の歌を聴けば知りえよう
あなたの食卓を楽しみ、あなたの贅に埋もれて眠ろう
明日がもたらすものを誰が気にかけようか

昨日の栄誉には満足できず
冬が過ぎれば必ず春が来るなんて思えない
今日こそが私の時間で、今こそが私の物語
笑い、泣き、歌うのだ

今日、花はまだツルの上にしっかり・・・そのあいだに
あなたの果実を味わい、あなたの美酒をいただこう
いくつもの明日が過ぎて行くのだ
私の喜びすべてを忘れてしまう前に、今日この日


コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽