FC2ブログ

スラックキー・ギターの弦の話(2)

HD-28VS

さて、
昨日の続きや。

スラックキー・ギター奏法のように弦を緩く張ることによる押弦のピッチの狂いへの対策として、張力の強い太い目のゲージの弦を張る方法。

しかし、この方法にも、ひとつの問題点があった。

有効弦長の問題や。

開放弦をはじくと、ギターのネックのナットとブリッジの間で振動して音を出す。
(押弦した場合はフレットとブリッジの間)
ただし、それは弦の太さを無視した場合の理論的な観念で、実際にはそこに弦の太さを加味せんなん。

弦が太くなると、それにしたがって、弦の振動の始まる部分がナット(フレット)とブリッジ間で、少し内側に変位する現象が起こるねん。
それが実際の有効弦長になるわけや。

つまり、弦を太くすると、張力以外のところでピッチの狂いが生じる。
有効弦長の観点かるすると、弦は細いほどピッチの狂いは抑えられる。

前回のブログの内容と相反することになる。

ほな、一体どうしたらええねん。。。

おいらの答えは、
「張力と有効弦長のバランスで妥協点を見つける。」
や。
具体的には、自分のギターに実際にいくつかのゲージを張ってみて、一番ましな結果が出たゲージを選ぶ、っちゅうこっちゃ。

「な~んや・・・そんなことやったんか。。。」
って、思う方もおられるかもしれん。
すまん(^_^;)

でも、弦を選択する時に、音色や弾きやすさに加えて、そんなことも考えてみては?

ちなみに、
おいらは、いろいろ試した結果、メイン・ギターのマーティンHD-28VSには、
張力と有効弦長の妥協点から
『012 / 016 / 025 / 032 / 042 / 054』
ライト・ゲージを張ってる。

以前は、
『012 / 016 / 025 / 035 / 045 / 056』
いわゆるブルーグラス・ゲージを使ってたんやけど、張力と有効弦長の妥協点を考え直して、ライト・ゲージにした。

試行錯誤してみてね(^_-)-☆


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

スラックキー・ギターの弦の話(1)

HD-28VS

こないだのスラックキー・ギターのレッスンの時に、生徒さんからこんな質問があってん。
「スラックキー・ギターって、どんな弦を張ったらいいんですか?」

つまり、これは、弦のゲージ(太さ)についての話で、スラックキー奏法で通常よりも弦を緩めて弾く場合の弦のゲージの選択のことや。
(基本的に、普通の弦のゲージはレギュラー・チューニングに合わせて設計してある。)

原則、スラックキーはこのゲージでないと・・・ってことはない。
ただ、ピッチの問題が気になる。

同じ音程に合わせるとすれば、細いゲージの弦の方が太いのんより、張力がゆるくなる。
これは、ミディアム・ゲージよりも、ライト・ゲージ、さらにはエキストラ・ライト・ゲージの方が柔らかく、初心者には弾きやすい・・・っちゅうことで分かりやすいと思う。

ただし、張力がゆるくなると、ひとつ問題が起こる。
それは、ピッチや、
開放弦では問題ないんやけど、押弦したときに、音程が狂いやすいねん。
微妙に音程が上がってしまうわけや。

となると、スラックキーみたいに、弦を緩めて弾く場合は、太いゲージの弦を張って張力をかければええわけやな^_−☆

解決!!!

・・・と言いたいところが、
実は、もうひとつの問題があった。。。

あ、今からラジオ番組の生収録や。
続きはまた(^^)/


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

エレキ!

b190201a.jpg

うちにいてはる唯一のエレキギターさんや。
(スティールギターを除いて)
アコースティックギターはたくさんあるのに、エレキはこれだけやねん。

おいらの小・中学生時代は、グループサウンズを経て、ロック・ミュージックが日本で広まった時代やった。
高校生くらいになると、エレキギターやドラムスを買って、ロックバンドを組んだりする人もいたな。

でも、おいらは、ひたすらアコースティックギターを弾いてた。
まず、エレキギターは高価なもので手が届かんかったし、正直、あんまりロック・ミュージックは好きになれんかったし。

クラシック・ギターに始まり、ピーター・ポール・アンド・マリー、ピート・シーガー、ブラザーズ4、ドク・ワトソン、ノーマン・ブレイク。。。
アコースティックな音に魅了されてた。

それが、大学を出て少しした頃・・・36~37年くらい前、大阪の行きつけの楽器屋さんで、たまたま見つけた中古のエレキギター。
音色がどうとかではなくて、その形と木目と色合いに魅了された。
2万円で買おた。

その頃は、ジャズ・ギターも練習してて、おしゃれなエレキギターの音色は気に入ってたこともある。

さっそく、弾き語りのアルバイトをしてたお店に持って行って使った。
そして、店主さんに言われた。
「キミはエレキより生ギター(アコースティックギター)の方がええんちゃうかな。」
そらそやな。。。
エレキギターを初めて手にして、その音の作り方とか扱い方もなんも知らんかったし、ひどい音やったと思う。

その後、このギターは、ステージでは数回使っただけや。

家では、たまに引っ張り出しては弾いてるけどな♪
ひたすら、ジャズのスケール練習、今でも(≧∇≦)

しかし、このルックス・・・やっぱりええわぁ♪
なんか、妖艶や。

b190201b.jpg

ちなみに、
このギター、『グレコ(Greco)』っちゅうブランドで、『ギブソン(Gibson)』のコピーモデルなんやけど、1980年にメーカーさんがギブソン社から訴訟を起こされて以来オリジナルモデルに注力するようになったんやそうな。
今となっては貴重品や。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

おニューのウクレレでレッスン♪

KUMU UKULELE

ウクレレ教室の生徒さんが注文してはったウクレレが届いた♪
さっそく、新しいウクレレでレッスン。
なかなかええ音で響いてる(●^o^●)
ピッチも安定してるし(^_-)-☆

以前にこのブログでも紹介したコストパフォーマンス抜群のん。
ビギナー・ユースにも、上級者のセカンド・ユースにも、オススメなん(^_-)-☆
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-entry-3727.html


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

銀の棒?青の棒?

トーン・バー

今回のコオルアのニューCDアルバムの収録曲の中に、ワイゼンボーン型ラップ・スティールギターを使ってる楽曲がある。
レコーディングの時にスタジオで、どの『トーン・バー』を使うか悩んだ。

2種類の『トーン・バー』、どっちがええか。

ひとつは、変形バー(銀色)。
ホールドする左手の指がはまり込むよう造形してあり、また先端も突き出していて単弦演奏がしやすい。

もうひとつは、アラニ・トーン・バー(青)で、『アラニ・トーンバー・ファクトリー』さんが、おいら仕様の特注で作ってくれはったん。
適度な重量があり、手の汗で滑り落ちないように表面加工が施してある。

収録曲では、単弦で弦の上をトーン・バーがピョンピョン跳ね回るハンマリング奏法を多用する。
そうなると、変形バーの方が遥かに弾きやすい。
でも、アラニ・トーン・バーのモックリしたふくよかな音質も捨てがたい。

楽曲はチャキチャキしたパニオロ・ソングなんやけどな。

両方試して・・・悩んで・・・

アラニ・トーン・バーを採用した。

青い棒や(^^)/

ニューCDアルバム、11月リリース!!!
乞うご期待(●^o^●)


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

だれか、6弦いるぅ?(≧∇≦)

Lap Steel Guitar Lap Steel Guitar

レコーディングでのチューニングのために、ワイゼンボーン型ギターの弦を張り替えたん。

普段はDワヒネ・チューニング『DADF#AC#』にしてるんやけど、レコーディングする曲のために他のいろいろなチューニング方法を考えてみた。

結果、低音から順に『GDEGBD』にすることにした。
このチューニングやと、普通のギターのセット弦の第6弦は不要になる。
そのかわり、中音域の弦がもう一本必要になる。

第6弦が余るねん。

もったいないけど、しゃあないわな( ̄^ ̄)ゞ


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

KUMUが来た!

KUMU ukulele / concert KUMU ukulele / concert

ウクレレの話やで(o^^o)

新しくできたハワイのウクレレ・ブランド『KUMU』のウクレレが届いてん。
日本の代理店さんが送ってくれはってん。

コンサート・サイズや。
ボディは表側裏コア・ウッドとウォルナットの合板。

いや、合板と侮るなかれ。
これが、なかなかの音や。
ヘタな単板モデルよりもよう響いてる。

ひと昔前は合板製っちゅうと安モンでベタンバタンな音色のイメージがあった。
よう漫画雑誌の裏表紙に載ってた通販のギターな^_^;

でも、合板の技術、発達したんやろな。
高級メーカーのギターでも、ハウリング・リダクションを狙って、敢えて合板で作られている機種もある。

もちろん、高級品質な単板材とは比較にはならないかと思うけど。

しかし、コスト・パフォーマンスと期待剛性という視点を加味して、これだけの音が出せることは、この機種の合板材採用は正解やな。

KUMU ukulele / concert

それから、もう一点。
ネックの幅がええ感じや。
少し幅広に作ったぁるねん。
これ、めっちゃ弾きやすいのん。
運指やコード・ワークがすこぶる楽や。

ギア式のチューナーとともに、これは初心者さんにとっても、扱いやすいポイントやな。
コスト・パフォーマンスも含めて^_−☆

ピッチも合ってるし。
↑これ、楽器として大事!!!

弦高も出荷時点で調整してある。
いや、ホンマ、弾きやすいわ♪

あ、大切な音色について。
音別れがとってもクリヤーで心地よい。
(つまり、ボヤけた音ではない、っちゅうこと。)

出荷時に張ってある弦の特性もあって、どちらかといえば、シャッキリ明るい音色や。

ソフトな音色が好みのノリ坊は、他の種類の弦を試してみるそうな。
この辺は、人それぞれ、いろいろ試して楽しめばええ(o^^o)

ステージ・ユースでも充分に使えるな、これ。

でも、
「これからウクレレをやってみよかな。」
っちゅう人にもオススメのブランドのひとつや。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

12フレットの話

KAPIʻOLANI PARK

おいら愛用のメイン・ギターは、
マーティン社製のHD-28VSっちゅう機種や。

稀少なモデルやて。
ネック・ジョイントが12フレット(現代の主流は14フレット)で、スロッテド・ヘッド。
つまり、クラシック・ギターみたいな仕様になってる。
もちろん、基本構造やサイズはクラシック・ギターとは全然違うんやけどな。

『短所』がある。
この12フレット・ジョイントっちゅうのんがクセモノで、ハイ・ポジションがすこぶる弾きにくい。
さらに、スロッテド・ヘッドは、弦の交換に手間がかかる。

でも、やっぱり、音が好きや。
おいらのHD-28VSは、普通の14フレット・ジョイントのD-28系モデルよりも、2フレット分ボディが大きいわけや。
(14フレット・ジョイントと比べると、ネックが2フレット分ボディ側にめり込んでいるのではなく、ボディの方がネック側にふくらんでる。)
その分、ふくよかな音質になる。

それと、その形も好きや。
均整のとれた全体のバランス感がええなぁ。
スロッテド・ヘッドの形も、おいら好みやし、チューニングをする時の左手首にかかる負担が少ない(わずかな差やけど)。

もちろん、音も形も、好みは人それぞれやし、一般論として『ええ』と言ってるわけとちゃう。
あくまでも、おいら個人の好みやし。

ギター

先日、楽器店パトロールをしてると、12フレット・ジョイントのギターを数台見かけた。
いずれも、おいらの28モデルよりも小型のタイプやった。

ギター

さっそく店員さんに声をかけて試奏させてもろた。
いずれの機種も、それぞれ個性的な中にも音のふくらみ(丸み)を感じる。
12フレットたる所以か?

ギター

その内の1台、気になった。
12フレット・ジョイントながら、カッタウェイでソリッド・ヘッド。
これ、機能的には、上記の『短所』がカバーされてるやん!
音色は、他の12フレット・ジョイント機種と同じく音のふくらみ感はある。
音量やふくよか感は、ボディ容積のせいか、おいらのHD-28VSほど出ぇへんけど。
なかなか、ステキな貴婦人や。

以前に、
「一般的な弦楽器の基本形としては12フレット・ジョイントが一番音のバランスがいいのだ。」
っちゅう話を聞いたことがある。
それが事実かどうかは、おいら自身、きっちりと検証したわけやないけど。

ちなみに、
マーティン社製のギターの形状名称の最後に付いてる『S』っちゅのんは『スタンダード』なんやて。
現代では、製造数も少なく希少機種となってるのんが、実は『スタンダード』形状なんや。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ギターと猛暑

弦表面錆 FAST FRET

この季節、汗ばんだ手でギターを弾く。
それは、人間の生理上しょうがない。
そして、おいらにとっては仕事やし、しょうがない。

なので、ギターのメンテは念入りにせんなん。
特に、ネックとか弦とか。

弾き終わると、
ネックは丁寧に拭く。
弦は乾拭きしてから『FAST FRET』を塗布しておく。

『FAST FRET』は、気に入って使ってるグッズや。
ギター弦の潤滑剤として売ってる商品なんやけど、おいらは錆止め剤として使ってるねん。
なので、演奏前よりも演奏後の塗布を忘れんようにしてる。

ところが、
このところの猛暑・・・よっぽど汗ばむのか、『FAST FRET』を使ってても、弦が錆びるのが早い。
数日たたずして弦の表面が黄銅色から褐色に変わってくる。

そうそう。
ギター・ケースを背負って外を歩くと、すぐにケースが熱くなってくる。
おいらのギター・ケースは樹脂製なんで、布製ギグケースよりも、熱くなってるのんがよう分かるんやけど、布製ギグケースであっても、同じ熱量は受けてるはずや。
要注意!

エアコン環境で人間もギターも身体を休めんとな。

ギターにとっても、受難の猛暑やな。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

サム・ピックの話

thumb picks

サム・ピック(親指につけるタイプのピック)の話。

おいら愛用のサム・ピックは、『TAB』っちゅうシリーズのん。
親指にはめる部分がゴムみたいなんになってて、しっかりフィットして、長時間弾いても体温で緩んでくることがない。
『HARD(硬)』、『MID(普通)』、『THIN(軟/薄)』の3種類あって、おいらは『HARD』を使ってるねん。
関連記事↓
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-entry-3405.html

いつも、予備のんを含めて、その『HARD』を3ケ持ってるんやけど、そのうちの1ケを無くしてしもてん。
んで、近所の楽器屋さんに補充品を買い求めに行ってん。

そしたら、『HARD』が置いてへんかった。
店長さんに聞くと、『HARD』はあんまり売れ筋ではないので置いてない、とのこと。
店長さん、申し訳なさそうにしてはった。

最近、弦にしろ、ピックにしろ、柔らかいのんが売れ筋みたいやな。
まぁ、しゃぁない・・・他で探そ。。。

と、帰ろとしたら、店長さんが、他のピックも探してくれてはって、
「『HARD』なら、こんなんありますけど、いかがですか?」
な提案をしてくれはった。

同じメーカーの『nine9』っちゅうシリーズのん。
これも、『HARD』のんが売れ残ってた・・・な感じやけど(笑)

これは、フラット・ピックとサム・ピックが合体したみたいなん。
おいらは、フラット・ピックは使わへんねんけど、サム・ピックとして使ったらどんなもんやろ、って考えて1ケ購入した。

上の写真のピンク色の方や。
(黒いのんは、従来から使ってた『TAB』。)
製品は、最初は先端が尖ってたんやけど、ヤスリで丸く削った。

これで弾いてみると、
なかなかええ感じではある。
おいら、あんまりジャカジャカとフラット・ピッキングはせんけど、フィンガー・ピッキング用として普通に使える。

『TAB』よりも、少しばかりずっしりした低音が出る。
しかしながら、取り回しの軽さは微妙に『TAB』の勝ちやな。

ん~~~。。。
どちらも捨てがたいなぁ。

もうちょっと使い込んでみよっと(^_-)-☆


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽