FC2ブログ

マイク使うで大作戦

グースネック

グースネックとクランプ、もう一組買おてん。
コオルアのライブで、ギターとウクレレをマイクで拾うために。
コオルアのコンビ用に2組揃えたわけや。

これらを組み合わせて、ボーカルマイクのスタンドにくっ付けて楽器用マイクを載せると、ステージがスッキリする。

グースネック

今まで、ウチらコオルアや、おいらのソロのライブ演奏では、ギターやウクレレの音は、楽器に装着したピックアップを通して、弦や楽器本体の振動をそのまま電気信号に変えてP.A.に送るスタイルが主流やった。
いわゆる、『ライン取り(録り)』っちゅう手法や。

そのための機材、ピックアップやエフェクター等についても、自分なりに研究してきた。

んが、
コロナ自粛中、いろいろと考えたり、試したりして、ライブでの楽器の『マイク取り』もラインアップしていこ、っちゅう作戦に行きついた。
楽器の前に、マイクを配して、楽器から発せられる空気振動をマイクで拾ってP.A.に送るスタイルや。

この『マイク取り』は、ブルーグラス音楽や他の民族系音楽では、今でも主流や。

『マイク』、『ライン』、それぞれ、ええとこもあれば、むずかしいとこもある。

『マイク』やと、楽器の音の響きがナチュラルになる。
その楽器の音色自体を表現できるわけや。
でも、ハウリングを起こしやすかったり、音の輪郭がぼやけたり、楽器とマイクの位置関係によって音量や音質が変わってしもたり・・・っちゅう短所がある。
(位置関係の問題については、演奏者がわざと動いて、音量や音質を変化させ、それを音楽の表現にすることもでける、っちゅ利点にも転ずる。)

『ライン』やと、フロア・エフェクター等で演奏者自身で音を組み立てることがでける。
ハウリングも、『マイク』に比べて起こりにくい。
演奏者が動いても(楽器の位置が変わっても)、音に影響しない。
たとえば、ギター・ソロの時にはグワァ~っと前に出てきたりしてもええわけや。

おいらは、アコースティック・ギターが好きや。
その木質の音色が好きや。
そやし、ホンマは『マイク』がええねん。
『ライン』でも、できるだけ柔らかく膨らんだ響きになるように空間エフェクトをかけてる。

まだまだ、コロナは終わってへんけど、感染防止に配慮しながら、ぼちぼちライブ演奏も。

ライブ会場の環境に合わせて、『マイク取り』も展開していきたい作戦(^_^)/


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

弦の噺

弦の噺

今、おいらのメイン・ギター『マーティンHD-28VS#586280』に張ってる弦は同じくマーティン社さんの『MM12(通称:レトロ弦)』や。
去年の2月に初めて使って以来、気に入って、ずっとこの銘柄の弦を使ってる。

それ以前は、マーティン社さんの『MSP4100』っちゅうのんを使ってた。
(上の写真の向かって右のん。)

今日、弦の張り替えをする時に、『レトロ弦』でなくて、『MSP4100』の方を張ってみた。
前に買いだめしたのんが残ってたんで、久しぶりに使ってみようかと。

『MSP4100』、今は張りたてで、ジャラジャラした金属音が耳につくけど、やっぱりシャッキリ、ズシンとした音色や。
2日ほど置いたら、もう少し落ち着いた音色になってくるけど。

ちなみに、『レトロ弦』の方は、張りたての時から、音色に角がなく木質な感じや。
やわらか~いトーンやな。

同じギターでも、張る弦によって音色のトップが変化する。
ボトムには、ちゃんとギター本体の響き方があるんやけど。

おもしろいな(●^o^●)


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
   

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

マイクスタンドの噺

グースネック

このところ、ライブ配信ではコンデンサーマイクの一本撮りでやってる。
んで、
マイクスタンドはブーム式を使ってたんやけど、ストレート部分が高すぎて、横からブームを伸ばしてたん。

Studio Office KOAWOOD Studio Office KOAWOOD

でも、
これやと、なんか映像的に邪魔になるやん。
いや、いつも言及してるように、おいら自身は別にビジュアル系アーティストやないのでええんやけど、視聴者さんから、ギターを弾いてる手元が見えにくい、っちゅうご指摘もあった。
(ライン&D.I.の方法もあるけど、マイク撮りにこだわりたいので。)

そこで、
短い(背の低い)ストレート・タイプのマイクスタンドを入手、それに以前から持ってたグースネックを取り付けて、コンデンサーマイク用のホルダーを取り付けた。

グースネック

これやと、スッキリするな。

今後、小さなライブ会場でも、このスタイル、使えそうやな。

*グースネックっちゅうのんは、グニャグニャと好きなように曲げられるジョイント・パーツ。

コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

レトロな味

マイク・プリアンプ マイク・プリアンプ

こないだ買ったコンデンサーマイクに、昔買ったマイク用プリアンプを繋いでみた。
真空管型のプリアンプや。

このマイクは高音域よりのんなんやけど、真空管で、やわらかぁ~い、あったかぁ~い音になった。
ええ感じや。

んで、このプリアンプ、ファンタム(電気)も供給することもでけるし。
コンデンサーマイクは、普通のマイク(ダイナミックマイク)と違って、電力を供給してやらんと使えへんねん。
そやし、このプリアンプがあったらファンタム電源のついてない簡易音響でもコンデンサーマイクが使えてしまうわけや。

ただ、真空管が温まるまで、ちょっと待ってんなん。
まぁ、そこもまた『レトロな味』なわけやけど(笑)


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

2本?3本?それとも4本?

フィンガー・ピッキング

たまに、こんな質問を受けることがある。
弦を弾く右手(サウスポーの人は左手)の指使いについて、ツーフィンガー(2本指)で弾くのがいいのか、スリーフィンガー(3本指)で弾くのがいいのか?

おいらの答え。
「どっちでもええでぇ~~~♪」

ただし、どっちも同じ、っちゅう意味やない。
それぞれのスタイルにそれぞれの性格がある。

一般的に、
ツーフィンガーの方が『ノリ』への対応性がいい、って言う。
まぁ、その傾向はあるかもしれんけど、プレイヤーのクセやスタイルにもよるので、一概にはそうは言えんとはおいらは思う。
片や、スリーフィンガーは、サウンドがリッチやとか・・・それも、一概には言えんと思う。

要は、自分のスタイルに、どっちが馴染むか・・・や。

でも、著名なフィンガーピッカーのスタイルを見ると、案外とツーフィンガーの人は多い。
サイモンとガーファンクルのポール・サイモンさんのツーフィンガーは有名やな。
PPMのピーターさんもそうやな。
(ポールさんはスリーフィンガー派かな。)
ドク・ワトソンさんも。
そう思って見て行くと、往年のアメリカン・フォーク系のみなさん、かなりツーフィンガー派やった。
あ、忘れたらあかんのんが、カーターファミリー。
あのカーターファミリー・ピッキングもツーフィンガーやな。

では、ハワイのスタイルは・・・
スラックキー・ギタリストさん、やっぱり多いな、ツーフィンガー派。
また、スラックキー・レジェンドのレッドワード・カアパナさんみたいに、ツーフィンガー&スリーフィンガー併用の人もけっこういてはる。(基本ツーフィンガーで、必要に応じて3本目の指が出るスタイル。)
「ハワイのトラディショナルな弾き方はツーフィンガーだ。」
って聞いたこともある。
(いつ頃からをトラディショナルな、と定義するんか知らんけど。)

ちなみに、
それに逆らうわけやないけど、おいらは、今はスリーフィンガー奏法や。
「今は・・・」
っちゅうのは、昔は違ったからや。

元々、クラシックギターから入ったんで、その頃は右手は、小指を除いた4本指の奏法をしてた。
フォークソングに目覚めた時に、軽やかでかっこええスリーフィンガー・ピッキングっちゅうのんを覚えたりしたけど、基本的には4本指。
それから、ブルーグラスやジャズのフラットピッキングもやったけど、フィンガー・スタイルは4本指。

んで、
スラックキー・ギターの道に入って、ハワイアン・トラディショナルなツーフィンガーになるのか、と思いきや・・・
おいらが傾倒したスラックキー・ギタリストのケオラ・ビーマーさんが、なんと4本指やったんで、やっぱり4本指。

ほな、いつから今のスリーフィンガーになったんか、っちゅうと・・・
いつごろやろな。。。

たぶん、スラックキー・ギターを弾き始めて、しばらくして自分のスタイルっちゅうのんを模索し始めた頃なんかもしれん。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
   

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ウェザーチェックの話

ウェザーチェック

おいらの相棒の『マーティンHD-28VS#586280』のボディの表面をよう見るとひび割れが入ってる。

「えらいこっちゃ!!!」

ではない(●^o^●)

これでええねん♪
このひび割れのことをウチらの業界では『ウェザーチェック』って言うねん。
天気予報のことではない。

このひび割れは表面の塗膜のひび割れで、本体の木材が割れてるわけやないねん。
んで、これは、ニトロセルロース・ラッカー(以下、ラッカーと略す)っちゅう塗料で仕上げてある楽器の特徴やねん。
この塗料は、楽器とか家具に昔から使われてたのん。
一度に厚い塗膜が付けられへんので、『塗り、乾燥、研磨、塗り』の工程を何回も繰り返さんなん。

最近のギターの多くは、一度に分厚い塗膜を確保できて工程が少なくて済んで、なおかつ強靭な塗膜を形成するウレタン塗料で仕上げられてる。
特に大量生産品なんかにはよう使われてる。

おいらの相棒は1996年生まれで、楽器としてはビンテージっちゅうほど古くはないんやけど、構造も仕上げも、ヴィンテージと同じ工法で製造されたん。

しかしなんで、このウェザーチェックっちゅうひび割れが入るんかゆ~と・・・
木材と塗膜の硬さと柔軟性の違いが原因なんや。
ギターを弾くことによる振動や、環境の温度・湿度によって木材は微妙に動いてる。
んで、その上に付着してる硬い塗料が、その動きに追従でけんようになって、ある時、パリンと割れる。
それが、ウェザーチェックや。
ぶつけたりして生じるひび割れ(クラック)とは種類が違う。

ちなみに、
ウレタン塗料仕上げは、ラッカー仕上げに比べて、ウェザーチェックが入ることは少ない。
それは、塗膜の厚みと微妙な弾力性によるもんや。
ウレタン塗料の利点のひとつやな。

ラッカー仕上げのギターに、このウェザーチェックが細かく入ってきたら、木材と塗膜が馴染んできた証拠や、っていう人もいる。
おいらも、このラッカーチェックを喜んで受け入れる。
しかし、見た目が悪い、って塗り替えてしまう人もいてはるそうな。
おいらは、なんてもったいないことを・・・って思うけど、まぁ、人それぞれやん。

ウェザーチェックは、丁寧に手間をかけて製造されて、そして音楽現場で大切に弾きまくられたギターの勲章やと、おいら、思てるねん(≧▽≦)

注:ウレタン塗料仕上げの楽器がアカンということではありません。
ええ音する素晴らしい現代銘器たくさんあります。



コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
   

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

見栄え悪いけど

マイクケース マイクケース

作ったった(笑)
マイク箱や。
コンデンサーマイク用のん。

コンデンサーマイクは、いつもウチらがライブで使ってるダイナミックマイクと違って、デリケートなん。
持ち運びの時、気を遣わんなん。

上等なコンデンサーマイクやったら、ちゃんと専用ケースも付いてるんやけど、ウチのん、そんな高級品ちゃうし。

でも、大切に扱いたいのん。

百均で適当なサイズの箱とスポンジ買おて来て、チャチャっと作ったわ。

スポンジはキッチン用の3色セット。
そやし三色ツギハキ。
見栄えは良くない(笑)

でも、役には立つ・・・はず(o^^o)


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

スティールギターのチューニング

Steel Guitar

ご縁があって、あるアーティストさんのCDアルバムの制作に、バック・ミュージシャンとして起用していただいた。
スティールギターを弾くねん。
でも、ハワイ音楽のアルバムではない。
演奏する楽曲もハワイアンではなく、アーティストさんのオリジナル曲。
なので、
お手本はない。
送っていただいた資料からアーティストさんの思いをイメージしながら、スティールギターのフレーズを作ってみた。

チューニングはC6チューニングを選んだ。
ハワイアンでは定番的なチューニング法や。

あれこれ、その楽曲に合わせたフレーズを弾いてみてあらためて思ったわ。
「C6チューニングって・・・ようできたチューニングやなぁ。」

ドミソの和音にラの音をひとつ入れて、うまいこと並べたぁるだけや。
そやけど、ポジションによって、いろんなコード進行に対応でける。
ハワイアン以外の楽曲でも。

ちなみに、
おいらは、スティールギターは、レッスンに通ったりしてキッチリと系統立てて習ったことはない。

一度だけ、アラニ(山内雄喜)さんのスティールギターのワークショップに参加したことがある。
その時は、スティールギターを持ってなかったので全然弦のゲージが合わへん(つまり、みんなと同じチューニングができない)ドブロを持って行ってワケ分からんうちに終わってしもた。
ワークショップは楽しかったけど、自己責任(笑)

そやし、コード・ブロックの理論とかは分からんままに、自分なりに弾いてきた。
でも、弾いてるうちに、
「なるほど、こことここがこういう具合に関連してるんや。それであのフレーズになるんやな。」
って気がついたりする。
メッチャ遠回りしたけど(≧▽≦)

ついでに言うと、
おいら、こういうスライド系を弾くようになったんは、高校生の頃に初めて聴いたマイク・オードリッジ(Mike Auldridge)さんのドブロの音色にパンチを食らってからや。
これ↓
https://youtu.be/EpSlMIShLIo

メッチャ、ドブロが弾きたかった。
でも、その当時、ドブロは高価な楽器であるのみならず、京都の楽器店の店頭にはほとんどなかった。
そこで、普通のギターのナットを高く改造して練習したもんや。
音はレコードからの耳コピーや。
あの頃も試行錯誤やったなぁ(^_^;)


コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。
    

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

スティールギターと男の子

steel guitar, Rickenbacker

リッケンバッカー社製のスティールギター。
リッケンバッカー社は世界で初めてエレキ・スティールギターを商品化して売り出した会社や。

おいらのんはいつ頃に製造されたモデルなんかは知らん。
ハワイ(オアフ)にある行きつけの楽器屋さんで買おた中古品や。

この楽器との出会いは6年前。
ある日、ふらっとその楽器屋さんに立ち寄った時のことや。
店長さんやスタッフさんが、笑顔で声をかけてくれる。

「よう、マーティ、どうだい。いつからこっち(オアフ)に来てるんだい。」
「先月から来てるねん。今は日本は雨季なんやけど、こっちは心地ええなぁ。」
などと、たわいもない話を交わしながら、ふっと見ると。。。

「お!スティールギターやん。ええなぁ、これ。」
「よく見てみろ。リッケンバッカーだぜ。」
「あ!ホンマや。」
「弾いてみろよ。」
店長さんは、アンプとシールドケーブルを繋いでくれた。
トーンバーも貸してくれはった。

やわらか~い音色のするスティールギターやった。
気に入って、ずっと弾いてると、お店に10歳くらいの男の子が入ってきた。
近所の子みたいや。
おいらが弾いてるのんをずっと見てた。

目が合った。

「弾いてみる?」
って、スティールギターとトーンバーを渡した。
ちょっと上目遣いにニコっと笑って、彼はそれを受け取って弾き始めた。
っちゅうか、ちゃんとした弾き方は知らんみたいや。
おいらがやってたのを真似して音を出してる。

んで、
おいらは、店長さんに言った。
「このスティールギター、気に入ったし買う。」
「お!いい目利きしてるねぇ。」

スタッフさんと値段の話とかしてる間も、男の子はずっとスティールギターを弾いて・・・いや、鳴らしてた。

んで、商談成立。
すると店長さん、男の子からスティールギターを、サッと取り上げてしもた。

男の子は、
あ・・・と悲しい目をした。

「ええでぇ、また夕方取りにくるし、もうちょっと弾かせといたら。」
「いや、いいんだ!あいつはいいんだ!」
いつも温厚な店長さんの言い方はなぜか冷たかった。

もしかしたら、よくこのお店にイタズラをしにくる子供やったんかな。。。

おいらがお金を払って、ケースに入ったスティールギターを受け取るまで、彼は恨めしそうに見てた。
その表情が忘れられん。
このスティールギターを見るたびに、その時のことを思い出す。

あの店長さんも、もう亡くなってしまわはった。

ふっと妄想することがある。
その男の子があれから成長して、もしかしたら一流のスティールギタリストになるかもしれへん。
そして、マスコミのインタビューを受けたりする人気者になって・・・
「俺が子供の頃、近所の楽器店に遊びに行ったものさ。
ある時、とってもイカした楽器を見つけたんだ。
スティールギターさ。
気に入ってずっと弾いてたさ。
そしたら、日本人がお金払って、そのスティールギターを買って行っちゃったんだ。
悲しかったぜ。
それが俺とスティールギターの出会いさ。」
などと言ってるかもしれん(笑)


コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。
    

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

スタンド

ギタースタンド

ギター用のスタンドの話や。

いろんなタイプがある。

吊り下げ式。
台座敷。
もたれ掛け式。
(これらの名称は、おいらが勝手に付けてる名称で公のもんではない。)

昔は、ギタースタンドといえば、もたれ掛け式やった。
今でも、一番オーソドックスなタイプちゃうやろか?

それから、コンパクトな台座式が登場。
ちょっとバッグとかに入れてライブ会場なんかに、『マイ・ギタースタンド』として、簡単に持ち運べるようになった。

それから、比較的最近登場した吊り下げ式。
これは便利や。
ギターのネックをスティのフックに引っ掛けるだけで、ギターをちゃんとホールドしてくれる。
でも、ちょっと高い。。。

んで、おいらが使ってるのんは・・・

持ち運び用には台座式。
ただ、楽器が倒れやすい、っちゅう恐ろしい欠点がある。
値段は、だいたい1000円前後か。

オフィスの常設用には、もたれ掛け式や。
ギターをネックとボディ下部で支える。
これは安心。
そして安い!!!
だいたい500~600円くらいかな。

上の写真の真ん中のんと、ギターを載せてるのんがもたれ掛け式。
オートハープを載せてるのんは台座式。
ギター用のんを転用してる。


コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。
  


テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽