ありがとうゆ~てとりかえるねん

マイク・ホルダー

これ、マイク・ホルダーや。
マイクロフォンをマイク・スタンドに固定するジョイント部分のパーツなわけや。
ここでマイクの首振りの調整がでけるように可動ボルト・ジョイントしたぁる。

マイク・ホルダー

長いこと使ってると、この可動ジョイント部分がバカになってくるわけや。
んで、マイクの首が座らんようになって、カックンなるねん。
そしたら、ネジを締め直して使えるねん。
そのうち、ネジ締めてもアカンようになってくる。
交換時期なわけや。

応急的には、ティッシュとか詰めて締め直したりして使うこともある。
でも、基本的には消耗品やし、時期が来たら取り換えんなん。

ちゃんと、
「長いことありがとうな(^^)/」
ってゆ~て取り換える。

日本には古来、『付喪神(つくもがみ)』っちゅう観念がある。
長年使った道具には精霊が宿る・・・っちゅう考えや。
物を大切に使うことを示唆して来たんやと思う。

でも、物には使える期限、寿命がある。
その時に、その労をねぎらうことは、新しい物への扱いに反映するんやな。

ケーブルのジャックを抜く時にケーブルを掴んで引っ張ったり・・・
シールド・ケーブルを踏みつけたり・・・
マイク・スタンドのブームのジョイント・ハンドルを緩めずにギコギコと動かしたり・・・
したらアカンよぉ~~~ へ( ̄^ ̄へ)

コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ペダル・チューナー

ペダル・チューナー

新しいペダル・チューナー買おてん。
長いこと愛用してたのんが壊れてん。

ペダル・チューナー

ペダル・チューナーっちゅうのんは、足元に置いてペダル(ボタン)を踏むことによって操作するチューナー(チューニング・メーター)や。
他にも、ギターのヘッドとかにくっつけるクリップ・チューナーも使ってるんやけど、ステージ本番ではペダル・チューナーを使うことが多いな。
ステージでは、ギターのヘッドはスッキリとさせたいねん。
練習する時とか、カニ・カ・ピラでみんなでワイワイ演奏する時なんかは、クリップ・チューナーを重宝して使ってるけどな♪

ペダル・チューナー

今まで使ってた機種は、とっても使いやすく信頼できたんで、同じのんにしよかな、と思た。
でも、同じメーカーから小型のんが出てるんやて。
諸元表を比べてみるとチューニング精度と感知周波数は同じやん。
それやったら、小型のんにしてみよ・・・っちゅうことで。

スラック・キー・ギタリストはチューニング命!!!
本番で、また先代と同じように活躍してくれるかな(≧▽≦)


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA



テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ショート・ブーム(●^o^●)

ブーム式マイク・スタンドの話や。
あのT字型のマイク・スタンド。

ブーム式に対して、ストレート式っちゅうのんがあるんやけど、今は音楽のライブでは、ブーム式が主流やな。
昔の、ストレート式スタンドに骸骨マイクっちゅうのんもカッコよかったけどな。
あと、おいらが敬愛するP.P.&M.(Peter, Paul and Mary)のストレート式に三又マイク・ホルダーっちゅうのんも、オォ!って思たな。

さて、
この主流のブーム式、とっても便利なんやけど、たまに持て余すことがある。
ブーム(横棒)の長さや。

カフェ等、比較的ステージが広く取れへん会場では、ブームがジャマになることがある。
ステージと客席の間が近い場合、このブームの端っこはお客さんにとって目障りかもしれへん。
また、ミュージシャンの前で、ダンサーさんが踊ってくれはる時にも、事故が起こるかもしれへん。
(前で踊ってはるダンサーさんの体がブームに触れて、その勢いでマイクがおいらの口を直撃・・・それでも、歌を止めるわけにいかんので、唇から血を流しながら涙目になって歌い続けた経験が何度かあるねん^_^;)

そこで、
場合によっては、ブームをもっと短くしたらええやん、っちゅうこっちゃね(^^)/

ショート・ブームのマイク・スタンドも製品として販売されてる。
でも、ブームを金ノコで切って短くしたらええやん。
実は、これ、コオルアが何度かライブさせてもろてる千葉浦安の『ショーンズ・キッチン』のオーナーさんがやってはってん。
広く取れへんステージ・スペースのために、自分で丁度ええ長さにブームを切って使ってはってん。
「なるほど!ええな(≧▽≦)」
って思ててん。

んで、うちに壊れて使わなくなったパーツ取り用のマイク・スタンドが何本か置いたぁるねん。
そやし、買うことないやん。

ショート・ブーム

ちょん切ったった(●^o^●)

ショート・ブーム

このショート・ブームのデビューは、今週末の名古屋や♪
土曜日の『ローカルズ』に登場するでぇ~~~!!!

ショート・ブーム

ショート・ブーム、見に来てぇ~~~(^^)/
ライブも見て行ってぇ~~~(^^)/

日曜日の『アルマジロ』のライブも見に来てぇ~~~(^^)/

FOLK MUSIC of HAWAIʻI
●日時
2月11日(土)開場18:00/開演19:00
●場所
Local's
名古屋市東区矢田南3-5-8竹中ビル1F
地下鉄ナゴヤドーム前矢田駅1番口徒歩9分
https://www.facebook.com/Locals-ローカルズ-1426595290935413/
●出演
KOʻOLUA(コオルア)
・Slack-Key MARTY(歌、スラッキー・ギター)
・NOLIKO(歌、ウクレレ)
●チャージ
2000円(飲食別途)
●ご予約、お問合せ
ローカルズ 052-722-9005

Hawaiian Cowboy Style / Earthy Music of the Islands
●日時
2月12日(日)開場17:00/開演18:00
●場所
Armadillo
名古屋市名東区本郷2丁目219
地下鉄本郷駅より徒歩約5分
http://armadillo.nagoya/
●出演
KOʻOLUA(コオルア)
・Slack-Key MARTY(歌、スラックキー・ギター)
・NOLIKO(歌、ウクレレ)
●チャージ
2500円
●ご予約、お問合せ
アルマジロ 052-771-2600

コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA
  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

文字レス

iRig Nano Amp

電池駆動のミニ・アンプが届いたん。
通販で買おたん。

人気新製品とかで、入荷待ちして、やっと届いたわけや。

ミニ・アンプ、各メーカーからいろんなんが出てる中、これ選んだ。
直接楽器につないで小音量での練習用に使える他、これをプリ・アンプとして、大きなアンプ・システムにつないでステージでも使えるんやそうな。

iRig Nano Amp

それから、一番惹かれたのんは、スマホのディバイスでコントロールがでけるのん。

iRig Nano Amp

アプリをダウンロードしたら、エフェクターも使えるのん。
エフェクターのアプリは各種あるみたいや。
この写真のディレイは無料(^^)/

他にも、いろんなブランドの実在のギター・アンプのアプリとかもあって楽しい。
つまり、このアンプ本体自身は、極めてシンプルなもんなんやけど、外からのアプリによって、どんどん使い勝手が広がっていく、っちゅうこっちゃ。

iRig Nano Amp

てなわけで、
けっこう使えそうなヤツやけど、この『使用説明書』がええわぁ(≧▽≦)
イラスト説明だけで、文字説明が極力されてへん。

iRig Nano Amp

おそらく、昔の『使用説明書』みたいに、この機器で出来ることの使い方を全部文字で書いたら、ものすご分厚い本になるかもしれんな(^_^;)
「とにかく扱い方は触って感じろ!」
なことやな♪

iRig Nano Amp

こんな注意事項もイラストや。
これを文字にすると、
「不用意にイヤフォンを耳に装着したまま操作を始めると、大音量が出た時に耳にダメージを与えかねないので注意するように。」
てな感じかな(^_-)-☆

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

塗って削って

ネイル

ギターを弾くための右手のネイル。

『グラスネイル』っちゅうのん使ってるねん。
それまでは、指にはめるフィンガー・ピックを使ってたんやけど、音色とか使い勝手とかで、最近こっちにした。

ネイリストさんにしてもらうと時間(予約等)とお金がかかるんで、自分でしてる。

右手の人差し指と中指に施工するんやけど、当然、左手で施工せんなんわけや。
おいらの利き手は右なんで、最初は若干難しかったけど、すぐに慣れた♪
だいぶん早く上手いことでけるようになってきた♪

ファッション目的ではないので、多少の仕上がり感は、ギターを弾いた時の音色等の実用面に影響が出んかぎりは目をつぶる。
そのかわり、ザックリ仕上げた後、実際にギターを弾きながらガラスのヤスリで微妙なシェイプを整えていく。
この作業がけっこう楽しいわけや(●^o^●)

そういえば、
おいら、ギターのサドルを整形(成形)する作業も好きやな。
どうやら・・・削りモンが好きなんかな( ̄▽ ̄)

コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

セット弦にした/そして奈良で

015(E)- 018(C)- 022(A)- 024(G)- 030(E)- 036(C or B♭)

新しいスチールギター弦を取り寄せた。

しかし、最近のネット販売はすごいな。
昨日注文して、今日の午前中に届いた。

今までは、エレキギター用の弦をバラで買って、好みのゲージ(太さ)をそろえてた。
今回取り寄せたんは、セット弦や。

『S.I.T Strings』っちゅうアメリカの弦ブランドの製品で、『C6th』チューニング用の6弦セットやて。
このブランドは、アコースティク・ギター用のんを使ってた。
なかなかええブランドや。

ちなみに、
おいらが今までバラでそろえてたゲージは第1弦から、
015(E)- 018(C)- 020(A)- 024(G)- 028(E)- 034(C or B♭)
で、ハワイで教えてもろたん。

んで、
今回のセットは、
015(E)- 018(C)- 022(A)- 024(G)- 030(E)- 036(C or B♭)
と、若干ゲージが違う。

もちろん、バラ弦で買うよりセット弦の方が割安になるわけで、このゲージでちょっと使ってみて、問題なければ、これでいこ。

さて、
このゲージでのデビューは、今月25日の『BO-NEN-KAI LIVE』やな。
奈良の『ゼンベ』で開催されるカニ・カ・ピラ(ジャム・セッション)・スタイルのライブや。

みんな、おいでぇ~~~(^^)/
遊ぼ~~~(≧▽≦)

Bow Nen Kai at ZENBE

Bow Nen Kai 2016
<忘年会&クリスマス カニカピラ・パーティー>
●日時
12月25日(日)スタート17:00
●場所
Hawaiian Style Cafe ZENBE
奈良県北葛城郡広陵町南郷949
TEL 0745-55-1394
http://www.zenbe.in/
●オープン・ステージ
楽器演奏できる人、持って来てね(^_-)-☆
●チャージ
フリー
●ご予約、お問合せ
ZENBE
090-1583-7949 担当GK(ジーケー)

コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

小さなもんやけど、なければメッチャ困る

T 5A H 250V

これ、ヒューズ。
コオルアがカフェ等の会場でライブをさせてもらう時に使ってる簡易音響機材のパワー・ミキサー用のん。
『5アンペア/250ボルト』の規格。
大きさは・・・長さ2センチほどのもんや。
小さい部品やな。
値段も100円くらい。

なんらかの理由で、機械本体に過剰な電気が流れた時に、この小さな筒の中に仕込んであるフィラメントみたいな線が破断して、安全のために電流をシャットダウンする、っちゅう仕掛けのもんや。
そやし、1回シャットダウン機能が作動したら、使い捨てになる。

そして、このヒューズを新しいものに取り換えへんかぎり、機械本体には電気が供給されへん。

これが、たとえば、ライブ会場でいざ本番という時に、あるいは本番中に作動すると、当然、音響機器は停電状態になる。
すぐに新しいヒューズに取り換えんなん。
(もちろん、電流トラブルの原因を排除した上で。)

もしも、その時に、スペアのヒューズがなかったら・・・アウトォォォ!!!

他の機材やパーツやったら、代用品を使ったり、音響設定を変えたりして、騙しだまし音が出せる場合がある。
しかし、この小さな小さなヒューズというパーツがなかったら、音響に電気自体が使えへんわけやん。
つまり、全停止や。

(とりあえず針金とかで応急処置・・・っちゅう方法もないではないけど、危険な裏技やし良い子はマネしたらアカン。)

このちっぽけなパーツの役割はとてつもなく大きい。

コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

トーン・バー、作ってもろたぁ(≧▽≦)

『トーン・バー』とは、
スチールギターを演奏する時に使用する道具で、このバーを左手に持ち、弦の上を滑らせて、右手の指で弾いた弦の音に音階とポルタメント・サウンドを付与するバー(棒)のこと。

アラニ・トーン・バー

トーン・バー・メーカーの『アラニ・トーン・バー製作所』さんが、おいらスペシャルの『トーン・バー』を作ってくれはった!
おいらの好みのサイズと重さと色に合わせた特注バーやねん♪
ブルー、ええ色やんかいさぁ(*^▽^*)

今日、届いた。
うれしぃぃぃぃぃ~~~(≧▽≦)

アラニ・トーン・バー

可愛らしいパラカのケースも付いてるし。

さっそく、弾きまくってますの~~~ん♪
従来使ってたクロムメッキのんと違って、手に吸いつくように馴染む。
ラフ・プレイをしても手から滑り落ちることもなさそう。
『トーン・バー』って、案外と重いんで、ビーサン履いた足の上に落下したら、
「クゥ~~~(>_<。)」
ってなる。。。
でも、これやったら安心やな(^^)/

アラニ・トーン・バー

音色も、今までのんに比べて遜色はない。
むしろ、おいらの好みのウォーム・トーンを醸し出してくれる。

ええわぁ、これ!!!
メッチャええわぁ、これ!!!

おおきに(●^o^●)

アラニ・トーン・バー製作所さんの製品は、とってもカラフルやねん。
そやし、スチールギター弾けない人でも欲しくなるかも。
いや、スチールギターを弾きたくなるかも(^^)/

アラニ・トーン・バー製作所フェイスブック・ページ
https://www.facebook.com/アラニトーンバー-製作所-1631620757094000/
アラニ・トーン・バー製作所ウェブ・ショップ
https://alanitonebar.stores.jp/

コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ギターの右手(動画)

ギターの右手

ギターの演奏を見てて(聴いてて)、多くの人の印象に残るのんは、左手の動きなんちゃうかな。
4本の指が、指板の上を滑らかに動きまわるのは、見た目にかっこよく映える。
「すごいなぁ!ようあれだけ早く動くもんやなぁ。」
って関心することもあるやろな。

また、ギターの初心者さんにとっては、左手で押さえるコード・フォームを覚えるのんは難物や。
『F』とか『B♭』のフォームの壁にぶち当たって、ギターを諦めた人も多いかもしれん。
楽譜を見ながら練習するときにおいても、左手に神経が集中する。

しかし、ギターを弾く時には、右手もかなり大切なんや。
ギターを構えて、いざギターの音を出す時に、最初の人体とギターの接点になるのんは右手の指先となる。
フラット・ピック奏法で弾く場合は、右手に持ったピックや。

その右手の弦のはじき方が、ギターの音色を左右する。
ギターの弦に対して、指のはじく方向ができるだけ垂直になるように弾くと、クリヤーで大きな音が出る。
もし、その方向が垂直ではなくて斜めになると、かすれたり濁ったりした小さな音になる。

初心者の内は、左手に気を取られて、その右手の基本が疎かになるわなぁ(^_^;)
んで、斜め弾きの癖が付いたままになってしもてる人いてはる。
ここんとこ治したら、もっとええ音で弾けるのにな・・・っていう人、けっこう見かけるな。
[広告] VPS

上の動画の前半が垂直弾きで、後半が斜め弾き。
分かりやすいように、少し下からのアングルで撮ってるし。

コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

パラカなギター・ストラップ

Palaka strap

ギターのストラップ、パラカ生地で作ってもろたぁ♪

パラカ生地の格子デザインはハワイで生まれたもんや。
もともとは作業用の衣服に使われた。
日系ハワイ人の歴史にも深く根ざしてる。

実は、以前にもこれと同じ色違いのん作ってもろて、うちらコオルアのハワイの恩人さんにプレゼントしたん。
彼は日系ハワイ人のスラック・キー・ギタリストで、メッチャンコ喜んでくれはってん(≧▽≦)

んで、人にプレゼントしておきながら、
「ええなぁ、ええなぁ( ̄▽ ̄)」
って、自分のんも欲しなってしもてん。

ギター好きならよう知ってる某メーカーの製品をベースに作ってはるんやけど、キッチリとした手作業の縫製によってグンとグレードアップしてる。
作者さんは、もちろん、ハワイとパラカをこよなく愛するクラフターさん(^^)/

コオルアのユニフォームのパラカに、このパラカ・ストラップ。
パラカ・オン・パラカ!!!
単なるファッション・センスでいうならば、あかんコーディネイトかも。
でも、かまへんやん♪
パラカ愛・・・それは日本とハワイの架け橋(●^o^●)

ストラップについてるタグの言葉
Feel Hawaiʻi
Happy Only Everyday


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽