FC2ブログ

ウクレレの音が合わない時は・・・

ウクレレ ウクレレ

こないだのノリ坊のウクレレのレッスンにて。
生徒さんが弾いてるウクレレの音が狂ってた。
そこで、チューニングを直す。
でも、やっぱりピッチ(音程)がおかしい。
チューナーではちゃんと合ってるし、ノリ坊がそのウクレレを弾いてみても問題ない。
生徒さんが弾くとピッチが狂う。

「なんでですかぁ~?(^_^;)」

そして、ノリ坊が生徒さんに教えてる。
「弦を強く押さえ過ぎやねん。もうちょっと力抜いて押さえてみ。」

原因は、生徒さんが一所懸命弾こうとするあまり、弦をギュっと強く押さえてしもてることや。
それによって、弦のテンションが上がって、押さえた弦のピッチが上昇してしまうねん。

「同じフレット押さえてるのに、押さえる力によって、なんで音(ピッチ)が変わるんですか?」
って質問があった。

同じ素材・製法で作られた弦において、弦のピッチは、弦の『張力』と『長さ』と「太さ(単位質量)』で決まる。

まず、張力と長さの問題。
弦をそっと押さえた時(a)とギュっと押さえた時(b)では、弦の沈み込みに差がでる。
つまり、(b)の方が、同じナット~サドル間の距離で、(a)よりも弦の長さが伸びてしまい、その分、より強く引っ張られることになって、張力が増し、ピッチが上がるわけや。
ロックやブルーズのギタリストさんがキュイ~ンってやるチョーキングの軽い現象が起こるわけや。

ウクレレ

それから、
その生徒さんのウクレレは、小さなソプラノ・サイズ。
コンサート・サイズやテナー・サイズに比べて、弦は短く、また柔らかい弦が張ってあった。
その分、押弦の力加減の影響を受けやすい、と言える。

さらに
ピッチの狂いが顕著なんは、第3弦やった。
一番太い弦や。(High G仕様)
弦は、同じ素材・製法として、太くなるほど(単位質量が増えるほど)、弦の振動距離(有効弦長)が短くなる。
(ナット~サドル間、あるいは押さえたフレット~サドル間よりも、振動の始まる基点が内側に変位する現象。)

てなわけや。

決して、ウクレレ本体に欠陥的問題があるわけではない。
もちろん、生徒さんが根本的な間違いをしてるわけでもない。

(このことは、ウクレレだけでなく、ギター等、フレット弦楽器全般に適応する。)

ほな、どうしたらええのん?

対策
☆リラックスして弾いてみよう(●^o^●)

・・・っちゅうても、初心者さん、なかなかそうはしたくてもでけんかもしれん。
そやけど、
もしかしたら、みんなのいるレッスン場ではなくて、家でひとりでポロポロ弾いてる時は、問題なく弾けてるんちゃうかな?

レッスンに来ると、課題曲の技術だけでなく、いろんなヒントを教わることができる。
でも、上達のキィは、レッスンの日ではなくて、家でどれだけ弾いてるか・・・やね(^_-)-☆

注:楽器は個体によって個性は違います。変形してしまっていたり、製造時の問題等で元々ピッチが合わないものもあります。


コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html

コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ピッカピカ☆

コンパウンド

これ、コンパウンド。
クリーム状の研磨剤や。

ギターを立てて置いてたところへ、パイプ製の椅子が倒れてきて、ボディの裏板に白いキズが付いてん。
厳密に言えば、椅子に塗ってあった塗料がこすり付けられた状態で、ギターの板材や塗膜が削られたり凹んだりしたのんではない。
でも、白い塗膜はしっかりと転写されており、ちょっと拭いたくらいでは取れへん。

コンパウンド コンパウンド

そこで、登板したのが、このコンパウンドのセットや。
いつもお世話になってるライブハウス『5th-Street』の店主さんに、
「ええのんありまっせ。」
って教えてもろたん。
粗目~細目~極細の3種類の小さなチューブがパックになってるのん。
ふつうの車用のサイズはギターのリペアには大きすぎるわけで、これはちょうどええサイズや。
いや、むしろ、楽器用としては、これでもめっちゃ使いでがあるわ。

最初は粗目で白い付着塗料を落として、次に細目で表面を磨く。
そしてさらに、極細でピカピカの鏡面に仕上げるねん。
ところが、細目で磨き上げた時点できれいに仕上がってしもた。
まわりが鏡面ほどに光ってへんので、極細の出番はなかったわけや。
もし、極細を使ってたら、そこだけが異様に光りすぎてしもてたやろな。

コンパウンド コンパウンド

満足や(●^o^●)

そして、磨きすぎは禁物や。
コンパウンドはあくまでも研磨剤なんや。
つまり、表面を削って、付着物やキズを除去するもんやねん。
調子に乗って、ゴシゴシやると、それだけ塗膜が薄くなってまうゆ~ねん。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ギター弾きの爪グッズ

爪やすり 爪の長さ

フィンガー・ピッキングのギター弾きにとって右手の指先の扱い方は大事や。
人によって、いろいろやけどな。

適当な長さに爪を伸ばす人、
爪は伸ばさない人、
ネイル・チップを付ける人、
ピックを付ける人、
補強する人・・・等。

おいらは、親指にはサム・ピックを付けてる。
TABっちゅうブランドのハード・タイプのん。

んで、
他の指(おいらの場合3フィンガーなので、人差し指と中指)については、上述の方法、みんな試してみた。

そして、
現在は『適当な長さに爪を伸ばす』に落ち着いてる。
補強はしてへん。
しかも、長さは短い。
指先の突端とほぼ同じ長さにしてる。

爪を長く伸ばしたり、チップやピックを付けたりするのに比べて、音質は柔らかくなる。
それと、音色に表情がつけやすいな。

でも、爪ってけっこう伸びるのん早い。
なので、ちょくちょく頻繁にヤスリで削ってる。

今はガラス製のんがお気に入りや。
樹脂製のんはすぐ目詰まりするし。

これ、けっこうモロくて、粗雑に扱うとポキっと折れることもある。
んで、ソニープラザのネイル・コーナーとかに買いに行く。

ちょっと、恥ずかしいねん(^_^;)


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ドミソの話

プラスチック・ウクレレ

『トライアド(triad)』・・・
ウチら、ハワイ音楽ミュージシャンの中ではあんまり聞かれへん音楽用語や。
とくに、スラックキー・ギタリストの間では(笑)
でも、ジャズやブルーズの世界では当たり前みたいな言葉やねん。

一体なんやねん、っちゅうたら・・・
これ、和音の基礎ともいえるもんやねん。

要するに、三和音のことで、主音(根音/ルート)の上に3度と5度を重ねたもんや。
ちなみに、
『度(音と音の間隔)』の数え方は、最初の音も勘定に入れて数える。
そやし、たとえば、『ド』と『レ』の間は2度、『ミ』と『シ』の間は5度・・・となる。

んで、三和音、分かりやすくゆ~たら、
コード(和音)の『C』は、主音の『ド(C)』に、3度上の『ミ(E)』と5度上の『ソ(G)』がくっついた構成音、つまり、『ド・ミ・ソ』でできてる。
このコードが『C』と呼ばれる所以や。
コードの『G』は、主音の『ソ(G)』に、3度上の『シ(B)』と5度上の『レ(D)』がくっついた『ソ・シ・レ』や。
コードの『Am』は、主音の『ラ(A)』に、3度上の『ド』と5度上の『ミ』がくっついた『ラ・ド・ミ』や。

なぁ~んや・・・簡単やん。

ここまでやったらな。。。

さて、
音階には半音と全音がある。
ピアノの鍵盤でゆ~たら、白鍵も黒鍵も一緒にして、隣同士は半音で、ひとつ飛ばした隣は全音。
ギターでゆ~たら、1フレット分が半音で、2フレット分が全音、っちゅうわけや。

このあたりは、まだ簡単やな。

ところが、音程を表す用語の『ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド』は、それぞれ等間隔ではないねん。
『ミ』と『ファ』の間と『シ』と『ド』の間が半音で、あとは全音やねん。
実際に書いてみると視覚的にわかるわな。
『ド●レ●ミファ●ソ●ラ●シド』
てなイメージな。

そやし、たとえば3度ゆ~ても、コードの『C』の『ド』と『ミ』の間は全音がふたつ分(半音4つ分)。
『Am』の3度の『ラ』と『ド』の間は全音ひとつ分と半音ひとつ分(半音3つ分)。
そこで、『C』の『ド』と『ミ』みたいなんを『長3度』、『Am』の『ラ』と『ド』みたいなんを『短3度』っちゅうねん。

ちなみに、『コードC:ド・ミ・ソ』の『ソ』は、正しくは『ド』から数えて『完全5度』っていう。
間に全音三つと半音がひとつ入る(半音7つ分)。
なので、『コードG:ソ・シ・レ』の『レ』も、『コードAm:ラ・ド・ミ』の『ミ』も完全5度』なわけや。

んで、
『コードC』とか『コードG』みたいに、『主音+長3度+完全5度』の三和音を『メジャー・トライアド(長三和音)、『コードAm』みたいに、『主音+短3度+完全5度』を『マイナー・トライアド(短三和音)』って呼ぶ。

さてさて、
これで終わりやおまへんのん。
『三和音/トライアド』には、実はあと2種類あるのん。

『オーギュメント・トライアド(増三和音)』と『ディミニッシュ・トライアド(減三和音)』や。

今までの、『メジャー・トライアド』と『マイナー・トライアド』は、なんとか理論上で理解しやすい。
でも、あとのふたつは、実際にギターとかピアノで、音を出してみた方が分かりやすいかも。
いわゆる、ちょっと不安定な、あるいはビックリしたような、時としてアレレ?・・・な感じの和音や。

えっと、細かく解説するのんが面倒くさくなってきたんで、ストレートに書くわな。

『オーギュメント・トライアド』とは、『主音+長3度+増5度』の和音。
『長3度』はすでに上で述べた。
『増5度』とは、前述のメジャーやマイナーのトライアドに出てきた『完全5度』を半音上げた音のことや。
なので、たとえば『ド』を主音にした『オーギュメント・トライアド』は、『ド・ミ・#ソ』やな。

一方、『ディミニッシュ・トライアド』とは、『主音+長3度+減5度』の和音のことで、『減5度』は、『完全5度』を半音下げた音のこと。
なので、『ド』を主音にした『ディミニッシュ・トライアド』は、『ド・ミ・♭ソ(=#ファ)』なわけやな。

あとのふたつの『トライアド』、実際に同時に鳴らすと、
「あ~・・・なるほど、このイメージな。」
って分かると思う。
いわゆる『オカズ・コード』として使われるアレや。

でも、これ、和音としてだけでなく、音階の並べ方として使ってみてもおもしろい。
転回(並べ方を変えること)するのんもありや。
ジャズのアドリブでよう使われるちょっと洒落たフレーズがでけたりするで。

もちろん、
こんな用語、知らんかっても音楽は楽しめるねんけどな♪
知ってたら、ちょっと面白いかな(^_-)-☆


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

弦の張り替えの話

弦交換

ギターの弦を張り替えた。
以前に使ってたメタル弦(フォスファーブロンズ)は、1週間くらいで交換してたんやけど、今使ってるメタル弦(モネル)は長持ちするので2週間くらいで取り換える。

弦の張り替え手順、人によっていろいろあるようや。

1本ずつ外して張り替える方法や、半分ずつ外して張り替える方法、あるいは、一度に全部外して張り替える方法。

また、弦を張り替える順番も、6弦から順番に、とか、6弦→1弦→5弦→2弦→4弦→3弦の順番でバランスを取りながら、とか。
1本ずつバランスを取って替えて行く方法は、ギターの本体に負担をかけないんやそうな。

おいらの場合、弦を交換する時は、一度全部の弦を外してから、新しいのんを張っていく。
弦を全部外して、弦を張ったままやと手入れでけん部分をこの時にチェックする。
弦を張って行く順番は、6弦から順番に1弦まで張っていく。
ただし、スロッテド式ヘッドの場合は6弦から3弦まで順番に、そして1弦→2弦と張る。
1弦と2弦の順番を変える理由は、おいらの所有するスロッテド式ヘッドのギター達(いずれもマーティン製)は、2弦を先に張ると1弦が若干張りにくくなるしや。
これは、ギターの機種にもよるんやろけどな。

前述のバランスを取って・・・の方法は、一見なるほど、なんやけど、どれほどの負担影響があるんやろな。
しょっちゅうチューニングを変えたりしてるウチらスラックキー・ギタリストからすると、もしかしたら案外と無意味やったりして(笑)

でも、クラシック音楽のヴァイオリニストさんに聞くと、やはり、4弦→1弦→3弦→2弦とバランスを取りながら交換するのが主流やそうな。
ヴァイオリンの場合は、弦の張力が強いから、その方がええのかな、と思う。

まぁ、どの方法がええのんかは、それぞれの考え次第なんかもしれん。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
   

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

初心者さんレッスン用の黒ギター

黒いギター

ウチの黒いギター。
通称:ブラッキーさん。(どっかで聞いた名前やなw)
1万円くらいの激安ギターや。
家の中に裸で転がしてあって、いつでも、ちょいと手にして弾いたりする。
いわゆる『ちょい弾き』用のんや。

さて、
この度、この子を養子に出すことにした。
っちゅうても、人に進呈したり、売ったりするのではない。

大阪のおいらのスラックキー・ギター教室に持って行って、そこに置いておくことにしてん。
おいらが弾くためとちがう。
スラックキー・ギター教室に入って来られた初心者さんで、まだギターを持ってへん方に使ってもらうためや。
教室備え付けなので、家に持って帰ってもらうわけにはいかへんのんやけど、今までギターを触ったことのない人にも、ギターの感触を体感してほしい。

「スラックキー・ギターやってみたいけど、ギター持ってないから無理。。。」
って、考えてる方。
とりあえず、このギター使ってみて。
そして、
「私、初めて習ったギターがスラックキー奏法やったのよ♪」
・・・なんて、かっこええセリフを言ってほしい(^_-)-☆

でも、ホンマは、
ひとコマ1時間で月2回のレッスンの時にギターを触るだけでは、なかなか上達でけんと思う。
なので、
「これは楽しい!」
って感じたら、ぜひ自分の楽器を手に入れることをオススメしまする(^_^)/
それまで、このブラッキーさんがお相手しますぅ。

注:
ギターを持ってる方(あるいは借り物でも可)は、ご持参ください。
「ギター持ってくるのんが面倒くさいからブラッキーさん貸して。」
はダメです( ̄▽ ̄)

大阪のスラックキー・ギター教室の詳細はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-entry-813.html


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ピッカピカ♪

ポリッシュ

夏場は、外で演奏することが多い。
ライブやイベント演奏や営業演奏・・・アウトドア比率が増える。
海辺の潮風や炎天下の汗等・・・楽器のボディの汚れが気になる時や。

日常のメンテナンス。
おいらの場合。

弾き終わる毎にすること。
弦は、『FAST FRET(ファストフレット)』を塗布しておく。
ネックも、その時にクロスで乾拭きする。
ボディは、気になる時のみ、ササっと乾拭きやな。

時たますること。
ポリッシュを使ってボディの汚れを除去し、さらに磨きあげる。
この季節は、普段よりこの作業の頻度は増える。

上の写真のポリッシュを使ってる。
なかなかええ感じや。
デリケートなラッカー塗装やヴィンテージもんの塗装にも対応してるんやて。
(オイル・フィニッシュや無塗装には不適合。)
シリコン成分や研磨材も含有してへんし。
でも、初めて、ラッカー仕上げのマーティン・ギターに使った時は、念のため楽器の端っこの方で試しをしてみた。
問題なかったのでブンブン使ってる。

ポリッシュ ポリッシュ

汚れが落ちて磨きがかかると、楽器の木目が美しく浮き上がってくる。
うれしくなる至福の時(●^o^●)

☆この記事は、製品の宣伝記事ではありません。
個人的な感想を述べたものであり、製品について責任を持つものではありません。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

弾き終わったら・・・な話

KOʻOLUA

永遠の課題か。。。
今でもギター弾きの間でたまに話題になること。
ギターを弾き終わった後、毎回、弦を緩めるべきか、それとも張りっぱなしにしておくべきか。

緩める派の主な意見。
「張りっぱなしにして、弦のテンションをギターにかけたままにしておくと、ギターの変形の原因になる。」
うん。
たしかに説得力ある。

張りっぱなし派の意見はいろいろ。
「いちいち緩めるのはめんどくさい。」
「張ったり緩めたりを繰り返すと、木材が早く劣化する。」
「緩めておくと、弦を張った時のボディのバランスが悪くなる。(弦を張った時のバランスが狂う。)」
「張ったままの方が、ギターの素材が弦(の振動)に馴染みやすい。」

とくに、張りっぱなし派の2番目の意見は、緩める派の意見と相反していて、どっちが正しいねん、って言いたくなる。
個人的には、おいらはどっちも正しいと考える。

実際に何人かのギター・ビルダーさんからは、
「緩めた方が楽器のためにはいいよ。」
って聞いたことがある。

ギターの製品取扱書に、
「弾き終わったら弦を緩めるべし。」
と書いてあるメーカーもある。

また、緩める派の中でも、
「ペグを1回転分だけ緩める。」
「1音分だけ緩める。」
「テンションがかからないようにタルンタルンに緩める。」
等、いろいろや。

んで、
おいらは・・・
基本的に張りっぱなし派やな。
一回緩めると、次に張った時に、最初の1時間くらいは音がぼわんとして、ギターの目覚めが遅い気がする。
これは、上の張りっぱなし派の意見の3番目についての体感やな。
まぁでも、おいら、
スラックキー奏法なので、張りっぱなしにしてても、レギュラー・チューニングに比べると、ギターにかかるテンションはずっと緩いわけや。
弾いた後、緩めたりする手間の分、弦のメンテナンスをしっかりしておく。
それから、
長い間(1か月以上)弾かない楽器の弦は、緩めておくことにしてる。
これは、経験則で、張ったままで保管してたギターを久しぶりに弾こうとしたら、ネックは曲がるはトップは膨らんでるはで、痛い思いをしたから。

ちなみに、
楽器の種類は異なるけど、クラシックのヴァイオリニストさんからは、
「張ったままにしておく。」
って聞いた。
それはなぜか、と問うと、
「先輩から、弦は緩めちゃダメって教えられたから。」
とのことやった(^_^;)

ウクレレの弦なんかも、張りっぱなしやな。
メタル弦に比べて弦の張力が安定するのに時間がかかるんで、毎回緩めたり張ったりしてたら、使いもんならんわ(^_^;)


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

アコフレ運用方法

5th-Street

おいらがとっても気に入って使ってるフロア・エフェクター『アコ・フレーバー(通称:アコフレ)』の話。

ちょっとクセのある機材で、特に電源の取り方には注意せんなんのん。
他のフロア・エフェクターと同じアダプタで給電すると、ノイズが乗ることがあるねん。
そやし、独立した別系統から給電するか、ノイズの乗らない(上等な)アダプタを使うか、あるいは、乾電池を使うか。

別系統のコードを敷設すると足元がゴチャゴチャして美しくない。
メーカーさんのノイズの乗らないアダプタは高い。
なので、
おいらは、現在は乾電池給電にしてる。

気に入って、いつも使ってるので、当然、電池の消耗は早い。
万がイチ、本番演奏中に電池切れ・・・なんて、シャレにならんので、こまめに電池交換してる。
んで、この『アコフレ』、ダイキャストでしっかりと作られてるんやけど、電池を交換する時に、裏のネジを4本、ドライバーでクリクリ外して、フタをパカッとあけんなん。
ちょっと面倒や。

5th-Street

そこで、採用したのんが、乾電池アダプターや。
上の写真でオレンジ色の『アコフレ』にチョコっとくっついてる物体。
黒いコードと白いパーツ。
その先の四角いグレーのんは乾電池や。
とっても安い。
すこぶる安い。

本体の電池を抜いておいて、乾電池アダプターを外付けで接続する簡単な手法や。
ちょっと見た目は・・・やけど、まぁ許せる(おいら的には)。
万がイチのイチのイチ、ステージ上で電池切れ事故が発生しても、これやったら、ワンタッチで素早く電池交換でけるわな。

アコ・フレーバー関連記事
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-entry-3616.html
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-entry-3597.html
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-entry-3571.html


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
    

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

採用!!!

Martin strings

以前にここで書いたマーティン社の新製品の弦『RETRO』のその後。
新品を張った時の手応えは、メッチャよかった!
シャリーンとかズシーンとかの金属系の音ではなく、ポーンとかボーンていう木質な音や。
ブロンズやフォスファーの弦に比べると物足りん人はいるやろな。
でも、おいらは一発で気に入って、とりあえず使ってみることにしたわけや。

http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-entry-3933.html

「あとはその耐久性。」
ってなことで、こないだのブログは終わってるな。

「従来のプロンズ弦とかフォスファー弦に比べて、1.5倍くらい長持ちする。」
って聞いてた。

おいら、弦はしょっちゅう張り替える方や。
メインのギターは、だいたい1週間~10日くらいで張り替えてる。

その1.5倍とすれば、ざっと10日~2週間くらいなわけやな。

それが、『RETRO』弦、こないだ初めて張った2月24日から、まだ張り替えてへんねん。
もちろん、ライブでも使ってる。
ええ音出してくれてる。

新品の時よりもちょっと黒ずんだ色になってるけど、光沢はちゃんと残ってる。
見方によったら、シブい!
(上の写真は、実際よりも黒く写ってしもてる。)

つまり、1ヶ月近く生きてるわけや。
ただし、先月末から今月中旬にかけては、ライブ以外でギターを弾くことは普段より少なかったかもしれん。
確定申告やらなんやら諸事情で^_^;
その辺を差し引いても、1.5倍くらい長持ち説は正解かもしれん。

まぁ、この弦は、新品を張った時点で、従来の弦みたいな新品バシバシ感のない製品やし、音の劣化の差が目立たへんのんやろな。

しかし、約1ヶ月・・・音は死んでへん。
ギターのウッディな音色を際立たせてくれてる。
製品個体の当たり外れもあるやろけどね^_−☆
もちろん、ギターを弾き終わった後の弦のメンテは欠かしてへんし。

っちゅうことで、
この弦、とりあえず採用!!!

注:
これは、あくまでも個人的な好みと感想やし。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime


テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽