FC2ブログ

対策の噺

ボーカル・マイク用飛沫防止シールド ボーカル・マイク用飛沫防止シールド

こんなん買ってみた。

ボーカル・マイク用の飛沫防止シールドやて。
使い捨てやて。
10枚セットになってるんで、コオルアのライブやったら5回分やな。

一般的に、ハワイ語の歌の発音は英語の歌ほどワァっと口を開けへん。
コオルアは絶叫ソングは歌わへん。
・・・とは言うものの。。。
演奏会場の空間状況によっては使ってみよう。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
   

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

アカゲ

AKG D5

コロナ禍で、ミュージシャンのマイ・マイク使用率が上がってるのんかな?
実際どうなんやろ?

もちろん、感染対策というわけでなく音へのこだわりでマイ・マイクを持ってるアーティストさんはたくさんいてはる。
また、さほど音に関心がなくても(音がよく分からなくてもw)、ギタリストさんが自分のギターを持ってるように、マイ・マイクを持ってるボーカリストさんもいてはる。

感染対策については、演奏会場の方でも、備え付けのマイクの消毒や使いまわし禁止等の処置をして対応してくれてはるんやけどね(^_-)-☆

さて、
ボーカル・マイクをいただいたん。
『AKG D5』っちゅう機種。

今まで、コオルアが愛用して来たんは、『Shure SM58』っちゅう機種。
アメリカの老舗メーカー(1925年)の製品や。
いわゆる、『ゴーハチ、ゴッパー』って呼ばれる、ボーカル・マイクの定番や。
頑丈なんが取柄で、コオルアのツアーには、安心して連れて行ける。
この子↓
Shure SM58

そして、今回いただいた『AKG D5』。
メーカーはウィーン(オーストリア)で設立された(1947年)会社や。
そやし、AKGのドイツ語読み『アーカーゲー』から、日本では『アカゲ』って呼ばれてる。
この『アカゲ・ディーゴ』も、人気ボーカル・マイクやねん。
ウチらも、以前に使わせてもろたことがある。
『ゴーハチ』に比べて、指向性が強く、若干感度も高い。
周波数特性のレンジも広い。
これもまた、ええマイクやねん。
この子↓
AKG D5

マイクの性状は、入力主体(ボーカリストの声の質等)によるので、スペックの数値だけでどうこう言うもんやないけど、一応比較すると、こうなる。
(感度の数字は0に近い方が、感度が高い。つまりアカゲの方が感度が若干高いわけや。)

シュア・ゴーハチ
・指向性分類 カーディオイド
・周波数特性 50~15000ヘルツ
・感度 -54.5デシベル

アカゲ・ディーゴ
・指向性分類 スーパー・カーディオイド
・周波数特性 70~20000ヘルツ
・感度 -52デシベル

おいらとノリ坊には、それぞれどっちがええかな。
また、演奏会場の条件によっても使い分けられるかな。

コロナ禍で、仕事が激減してる今日この頃やけど・・・次回のコオルアの演奏、『アカゲ』をじっくり使ってみよう。
楽しみやでぇ~~~(≧▽≦)


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
   

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

M80

L.R. Baggs M80

『M80』っちゅうのんは、
おいらが愛用してるギター用ピックアップ・マイクや。

マグネット式やけど、ボディの鳴りも拾ってくれはるんで、いわゆるエレキギターみたいなんではなくて、アコースティック的な音になる。

以前は、別のメーカーのマグネット+コンデンサ・マイクのブレンド機種を使ってたんやけど、コンデンサ・マイクのハウリングが大変で。。。

『M80』は、なかなか優れモノやと思う。
ボディの鳴りを拾いながらも、ハウリングは低減。
マグネットで弦振動をキャッチするんで、音の輪郭は低音でもしっかり出るわけや。

L.R. Baggs M80

お気に入りのピックアップなんやけど、このところ、ピックアップを外して、生音で演奏することも増えて来た。
もちろん、ピックアップを取り付けたままでも、生音は鳴るんやけど、やっぱり外してやってサウンドホールを解放すると全然響きが違う。
この『Martin HD-28VS #586280』っちゅうギターの本来のウッディな音色やな。

L.R. Baggs M80

んで、
外した『M80』は、ちょっと休憩。
エアマットのベッドで次の出番待ちや。
100均で、ちょうどええサイズのタッパー見つけてん。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

イロモノの噺

キャノンケーブル

こないだ、ライブ前のセッティングからサウンド・チェックをしてる時、キャノンケーブルが2本、お亡くなりになった。。。

2本とも同じもの。
3mのキャノン3芯ケーブルや。
それぞれ、ギターとウクレレのD.I.キャッチに使ってたん。

1本は、うんともすんとも機能しなくなってしもた。
もう1本は、プリアンプのコントロールが無効になってしもた。

3芯のどれかが断線したんかな。

予備のキャノンケーブルを持って来てたんで、それを使って、無事、ライブをすることができた。

修理して引き続き使おうかとも思たんやけど、もう随分長く使って来たケーブルなんで、第一線を退いてもらうことにした。
またヒマを見つけて修理して、予備機材として働いてもらう。

んで、
新しいのんを買おた。
今まで使ってるのんと同じ仕様のケーブル。
『カナレ』のケーブルに『ノイトリック』のキャノンプラグや。

ただし、今回、カラーのんにした。

ちなみに、
ウチは他のんは全部黒で統一してる。
特にマイクスタンドに這わせるケーブルなんかは、黒がええと、個人的には思ってる。

マイク毎にケーブルの色を変えてファッショナブルな演出をしてはるのんも見かけるけど。
ケーブルの入力先・出力先を見分けやすくするなら、プラグにマーキングすれば済むことやし。

やっぱり、ケーブルは黒子に徹してもらう主義。
あくまでも個人的な( ̄^ ̄)

でも、今回の3mケーブルはマイクスタンドに這わせることはない。
床を這わせるだけで、客席の視線からは目立たないんで、まぁ、ええか・・・と。

相方が喜びそうなカラーものにした(^_-)-☆


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

乾電池の噺

乾電池

ヒャッキンの9V乾電池、買い占めたった。
(店頭にあった分のみ。)

なんのためにかゆ~たら、音響機材に使うためや。
D.I.とかフロア・エフェクタとか。

ファンタム電源やAC電源が使えへん時(使いたくない時)ってあるやん。
P.A.が簡易機材やったりして、ファンタム電流をもらえへん。
フロアのケーブル取り回しを少しでもスッキリさせたい。
対バン・ライブで転換をサッサとしたい。
・・・等。

また、AC電源よりも乾電池の方が電力供給が安定してる、っちゅう理由もあったりするな。
電源から来るノイズも防止できるし。
ACより乾電池の方が音がクリア、って言う人もいてはる。
ただし、残量が充分ある、という条件で。

乾電池の欠点は、『電池が切れる』こと。

ライブの演奏中に電池が切れてしもたらオモロない。
D.I.やプリアンプやったら、残量が減ってくると、クラッキング(音割れ)が始まる。
エフェクター等やったら、ぷっつりと音が出なくなるのんもある。

そやし、
もったいない・・・って思いながらも早め早めに乾電池の交換をする。
安い乾電池で(≧▽≦)

音響用とかいう高価な乾電池・・・最近使ってへん。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
   

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ペグ交換の噺

ウクレレ教室の生徒さんのウクレレのペグ(チューナー)を交換した。

ペグ交換

このウクレレ、元々はフリクション・タイプのペグが付いててん。
それが故障して緩々になってしもたんで、一度修理したんやけど、またアカンようになってしもたん。
んで、今回は、もう新しいのんと取り替えることになった。

前のんと同じ機種ではなくて、ギア・タイプのんにする。
フリクション・タイプより、ギア・タイプの方が、チューニングもしやすいし♪

ペグ交換 ペグ交換

以前のんと新しいのんとは、座金の径が違うので、ペグ・ヘッドにちょっと加工が必要になる。
ペグ・ヘッドのホールを少し広げんなん。
リーマーを使って少しずつ広げていく。
ホールがキツ過ぎたら、座金を押し込む時に、ヘッドがパキンと割れてしまう大事故が起こるかもしれん。
ギターと違ってウクレレのヘッドは薄くて小さいんや。
ユル過ぎたら、座金がポロリと落ちてしもたりする。
ペグ交換

適度にホールを広げたら、万力を使って座金をペグ・ヘッドに押し込んで行く。
急いで一気に締め上げると、これまたペグ・ヘッドが割れそうで怖いので、少しずつ。

ペグ交換

座金がしっかりと装着できたら、ペグ・マシンの取り付けや。
木ネジで取り付けるんやけど、まずは、木ネジをもみ込む位置を正確に決めて、ピンバイスで下穴を削孔する。
この作業をええ加減にしてしまうと、出来上がった時に、ペグが歪んで装着されてしまう。

ペグ交換

何回も位置を確認しながら、焦らずゆっくり。。。

ペグ交換

でけた!!!
ペグ交換完了や。

ペグ交換

あとは、弦を張って完成♪

ペグ交換

しかしながら・・・
自分の楽器は、案外平気でリペアしたり、メンテナンスしたりするんやけど、人の楽器を扱うのんは緊張するな( ̄▽ ̄)

最後、機能チェック、音質チェックしてから、楽器をきれいに拭き上げて、ケースに納めて・・・
ホッとした。

楽しかったけど(^_-)-☆


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ハワイ8島

The Islands of Hawaiʻi

新しいギターケースにステッカー。
まずは、ハワイ8島のんを貼ってみた。

このケースが届いた時、全面に薄っすらとオイルみたいなんが塗布してあった。
たぶん、新品の光沢感を出すためのもんなんやろけど、この上からそのままステッカーを貼ってしまうと、剥離の原因になるので、貼る前に中性洗剤で脱脂した。

さて、
このハワイ8島のステッカー、ハワイのドラッグストアなんかでよう売ってる人気商品や。
いろんなサイズがあって、車や楽器に貼ってる人もたくさんいてはる。
おいらも好きで、何に貼り付けるかを決める前に、買ってしもたりする。

ただ、このステッカー、小さいサイズのんになると、面積の小さい島は接着面不足で、剥がれやすいねん。
特に、一番小さなカホオラヴェ島、一番端っこのニイハウ島は、気が付くと消えてたりする。。。

ところが、古い方の青ケースに貼り付けたハワイ8島は、貼り付けてから6年間、全島無事に残ってるねん。

The Islands of Hawaiʻi

そやし、今回の貼り付け位置も、前のケースと同じ位置にした。
ケースの微妙な形状によって、この位置が擦れたりしにくいのんかもしれん。
(この二つのケースは、材質や金具等は違うけど、本体形状は全く同じやし。)

がんばれ、ニイハウ!
がんばれ、カホオラヴェ!


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
   

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

やっぱり青いのん

Grand Oply

新しいギターケースが来た。
メイン・ギターのMartin HD-28VS用に注文しててん。
グランド・オープリー(Grand Oply)っちゅうブランドのカーボン製。

今使ってるのんもグランド・オープリーのファイバーグラス製のんで、気に入ってるんやけど剛性に不安があって。
それと、パッチン金具に問題があって、ちょっと触れると簡単に開いてしまう。
いつも、飛行機に載せる時に、ずっと気になっててん。

んで、今年の春、ハワイから帰ってから、ええのんないか探しててん。
軽くて剛性のあるケース。

Grand Oply

なかなか、これ!っっちゅうのんが見つからへんかってん。
おいらのHD-28VSは、普通のD-28よりもボディが大きくて、
「これ、ええな。」
って思うのんがあってもうまいこと収まらへんかったりするわけや。

結局、今使ってるケースの上級モデルのカーボン製のんにした。
おいらにとっては、なかなかの出費や。
今までのファイバーグラスのケースやったら2つ買ってもおつりがくるぞ(笑)
でも、大切なギターをハード・トラベリングさせるためには、と決心したわけや。

問い合わせたところ、
「今、現物のストックがないので、時間がかかる。」
とのことやったけど、当分、飛行機で出かける仕事もないやろし・・・ということで、承知して発注した。

「このケースが到着するころには、コロナも収束してたらええのにな。」
って、思てたけど、なかなかそれほど甘くはなかったわ(^_^;)

Grand Oply Grand Oply

カーボン製のんはツイードみたいになってる。
剛性は、マーチン純正のクソ重い木製ケースほどではないけれど、今までのファイバーグラス製のんほどベコベコせぇへん。
パッチン金具もスプリング入りのんになってる。
これやったら、勝手に開いてしもたりせぇへんな。

このケースもまた、全身キズだらけになりながら、ギターを守ってくれるんやな。

とりあえず、
お気に入りステッカー貼り付けよっと♪


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ギターは変形する・・・な噺

Martin 000C-16

ギターには、弦を張ることによって張力という力がかかる。
それによって、弦を緩めた時と強く張った時で、微妙に変形する。
なので、必要な張力で弦が張られた状態で、ギターの形がベストになるように調整するのんが理想や。

弦が使用張力にまで張られた時に、ネックがストレートになるように調整する。
(場合によっては、あえてホンの少し順反りにすることもある。)
つまり、弦を完全に緩めた時に、ネックは逆反りになってるわけやな。

おいらの場合、いろんなチューニングで演奏するわけで、そのチューニングによって、それぞれ弦の張力は違う。
しかし、毎回、チューニングを変えるごとに、ネックの反りを調整するのはナンセンスや。
なので、おいらは、ギター毎に一番多用するチューニングの張力に合わせたネックのセッティングにして妥協してる。

でも、まぁ、これは能動的かつ積極的な変形(調整)であって、さして問題ではない。

問題は、自分の意に反して、ギターが変形してしまうことや。
張力の経時作用によって、必要以上に変形することがある。
また、温度・湿度という環境作用も要因になる。

そのチェックは、常々のメンテで気になるところやな。
ただ、
ネックの反りだけを診て判断してしまう話をよう見聞きする。

実は、もっと大きな変形問題が起こってる可能性もある。
張力がかかってるのんは、ネックだけやない。
ボディにもしっかりかかってるねん。

そやし、ブリッジ周辺のボディの膨らみ具合やブリッジとボディの隙間の有無もチェック対象にすべきやし。
あと、一見ネックが真っすぐのように見えても、ボディとネックのジョイント部分から変形してることがある。
いわゆる『元起き』やな。
こんな時は、ネックだけの問題ではなくて、ヒール(ネックの元部分)とボデイの接合部分にトラブルが起きてたりする。

しっかりチェックして、適切なメンテをして、ギターを長く可愛がってあげよ。

ちなみに、
おいらは、『1ヶ月以上弾かない』と判断したギターは弦を完全に緩めて楽器庫に保管してる。
かたや、常に弾いてるギター達は、弦はそれぞれのメインのチューニングにして張ったままや。

以前に、クラシックギターやヴァイオリンの奏者さんから、
「弦の振動数と張力を楽器に馴染ませるために弦は張ったままにしておく。」
っちゅう噺も聞いたことがある。
もちろん、毎日その楽器を弾く、ということが大前提で。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
   

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

弦を交換すると・・・

弦交換

ギターの弦を交換して思うことがある。

この弦の入ってた袋・・・捨てるのんもったいないなぁ。
なんかに利用でけんやろか?

小さい何かのパーツを小分けするのに使ったり、ちょっとお金を別除けしとくのんに使ったり。。。
そんなことには使ってる。
でも、おいら、けっこう頻繁に弦交換するんで、その度にこんな袋が6枚・・・使い切れずに捨ててまう。

あと、
弦を張ってからカットした余分な長さの切れ端。
材質としては新品なわけや。

それから、
外した古弦・・・これは汚れたり酸化したりしてしもてるけど、そこそこ長い。

もし、残しといたら何か、たとえばクラフトもんとかアートもんとかに使えたりせんかな。
新聞紙を使った造形作家さんとかいてはるやんな。
パッチワーク・キルトなんかは、元々余った布地を有効利用することから始まった、っちゅうし。

貧乏性なおいらは、そんなこと考えてしまう。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
   

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽