fc2ブログ

時限●弾ではありませぬ

フロアセット・ケース

百均グッズでゴソゴソと工作。
プラスチック・タッパーとスポンジと両面テープ。

私の基本フロアセット用のケースや。
内側の要所に緩衝材のスポンジを貼り付けただけやけど。

フロアセット・ケース

デジタル・ディレイとアコフレと電源アダプターと乾電池アダプターと乾電池とと乾電池テスターとジョイント・ジャックとパッチ・シールド、そして、ステージ用の時計が収納される。

・・・て、
ひと昔前の時限●弾みたいやん(^_^;)

でも、
けっして爆発物ではありませぬ。
運命を決する赤い線も青い線もありませぬ。

フロアセット・ケース

持ち運びしやすいように、できるだけコンパクトにまとめてみました(笑)


ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://www.slack-key-marty.com/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

230本!!!

Piano

ウチのピアノのチューニング(調律)してもろたん。
調律師っちゅう専門家さんが来て、チューニングしてくれはる。

1時間半ほどかかってチューニングしてくれはった。
1分足らずでチューニングできてしまうギターと違って、大変や。

なにしろ、弦の数が半端なく多い。
ウチのピアノで230本!!!
数えてへんけど、調律師さんがそうゆ~てはった。

んで、
さらに、写真に写ってる鍵盤の左手上方の白い丸いもん。
これ、温度・湿度計や。
こんなもんまで使ってチューニングしはるわけや。

もちろん、ギターのチューニングも温度や湿度に大きく影響されるのは間違いない。
でも、そこは案外と感覚的にやってるわな。

チューニングしたてのピアノ、弾いてみると気持ちがええ。
気のせいかもしれんけど(笑)

Chromaharp

ちなみに、
ウチにいてはる楽器でピアノの次に弦の多いのんは、この子。
オートハープ(クロマハープ)さんや。
弦数は36本。
これは、もちろん、自分でチューニングする。
230本のピアノとは雲泥の差なれど、36本でもすこぶる大変なり(^_^;)


ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://www.slack-key-marty.com/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime
 

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

小物の噺/電池ケース

乾電池ケース

これ、乾電池用のケース。

こんなもん、別にいらんやろ・・・っていう方もいてはるやんな。
でも、
私にとっては、『あれば便利』なもん。

ステージのフロア機器の電源用で乾電池使うことある。

ファンタム電源やAC電源も使うんやけど、状況によってそれらが使えない、あるいは、使いづらい時に乾電池w使う。
また、フロアをコード類でゴチャゴチャにしたくない時、セッティングの時間が秒単位な時(笑)

いろんな条件のステージがあって、乾電池に助けられること数多し。

ところが、この乾電池、扱い方を間違えると大変なことになる。

ステージで使い終わって機器から外した乾電池で、まだ残量が充分あるのんは、捨てずに次回に使うことがある。
ECOやん。

でも、そのままギターケースなんかに放り込んでおくと。。。

もし、そこに他の金属モノ(電導体)、たとえばカポタストやドライバーなど、が入ってて、プラス・マイナスの両端子がそれに接触した状態になったりすると、短絡して発熱が起こる。
プラ・ケースなんか、いとも簡単に溶けてしまうんやでぇ。

以前は、乾電池の端子に、いちいち絶縁テープを貼り付けて保管してたんやけど、それって、いつの間にかペロンって剥がれてしもて、全然関係ないとこにくっ付いてたりする(笑)

てなわけで、
端子が直接、金属に接触しないように、このケースに入れることにしてん。
ギターケースやエフェクター・ケースに入れとくので、あんまり大きいケースはいらん。

私の場合、電池2ケ入るくらいのんが2個あったらええかな。


ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://www.slack-key-marty.com/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime
  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

帰ってきたアコフレさん

AcoFlavor

マイ・アコフレさん、
バージョンアップして帰って来はりましたぁ~ん(^_^)/

この度、メーカーさんがアコフレをバージョンアップしはることになって、
なんと、
旧製品を持ってる人の機体も無料でバージョンアップ処理をしてくれはる、っという太っ腹!!!

その処理のために預けてたマイ・アコフレさんが、帰って来はってん。

AcoFlavor

バージョンアップして、どう変わったか、っちゅうと、
極々簡単に言えば、
『さらにマイク取りのサウンドになった。』

メーカーさん、っちゅうても、マスプロ生産会社ではない。
社長さん自ら、1台ずつコツコツ・チマチマと丁寧に作ってはる。

このマイ・アコフレさんもその1台や。

なので、
新品と交換・・・ではなくて、愛用品をそのままバージョンアップしてくれはるのんが嬉しい。
貼り付けたハワイ国旗ステッカーはもちろん、歴戦で負った傷跡もそのまま(●^o^●)

AcoFlavor

受取場所の『フィフス・ストリート』さんにて。
受け取ったマイ・アコフレさんを愛でつ眺めつ、ニマニマしながら『フィフス・ストリート』さんの激美味煮込みハンバーグをいただく。

実戦ライブが楽しみ過ぎザンスゥ~~~(≧▽≦)

ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://www.slack-key-marty.com/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ウクレレのエンドピン・ジャック

エンドピンジャック

作業途中の写真なんやけど、
何してるんか、っちゅうと・・・

ノリ坊のウクレレのエンドピン・ジャックが緩んでしもたんで、その締め直し作業や。

こういうネジ・ボルト・ナット類は使ってるうちに緩んでくることがある。
別に壊れたわけやない。

でも、このまま緩んだ状態で使うわけにはいかへん。

ノリ坊は、このエンドピンにストラップを引っ掛けて使うことはない。
ストラップなしでウクレレを構えるハワイ式の持ち方や。
なので、エンドピンが緩んで外れたとしても、ウクレレ落下の大事故に至ることはない。

しかし、
ジャックのナットが緩んだ状態で演奏すると、カタカタ、ビンビンと異音がする。
なので、
しっかりと締め直さんなん。

まずは、ジャック本体をウクレレのボディから取り出して、ボディの内部に配されるナットの位置を調整し直す。
それから、ジャックを元の位置(ボディのジャック穴)に戻して、外部のナットを締め上げんなん。

ギターやったら、サウンドホールに手を突っ込んで作業ができるんやけど、ウクレレはサウンドホールが小さくて、そんな作業はでけへん。

そこで、糸を使う。
ボディ内部を通した糸でジャックを吊り下げてジャック穴に誘導するのん。
そして、ボディの側から、ゆっくりとジャックを釣り上げて行く。

凍った湖なんかでやるワカサギの穴釣りみたいやな(笑)

エンドピンジャック

釣り上がったら、糸が切れたりして、ストンとジャックが落ちてしまわないように注意をして、とりあえず、ナットを取り付けてしまう。
それから、糸を外して、供回りしないように、ジャックのネジ部分の側面にある穴を使って、ナットを締め付けていく。

エンドピンジャック

機能的には、これで充分なんやけど、そのままではジャックがむき出しで見栄えがよくないので、エンドピンも取り付ける。

でけた(●^o^●)

エンドピンジャック

・・・って、
ほとんど文章だけの説明で分かりにくいかもしれんけど(笑)


ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://www.slack-key-marty.com/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime


テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ファンタム(オバケ)

ファンタムパワーサプライ

ギターの音をマイクで拾うのに、ようコンデンサー・マイクを使う。
ライブ会場でよく使われるダイナミック・マイクに比べると、やはり、音質がクリヤーに響く。

しかし、
ダイナミック・マイクと違って、コンデンサー・マイクを作動するには、マイク自身への給電が必要や。

その電気(電源)のことをファンタム(電源)って言う。

普通は、このファンタムはP.A.のミキサーからマイク・ケーブルを介して給電される。

なんで、ファンタム(オバケ)って言うかというと、
「電源用コードが見えないのに給電されてるから」っていう説と、「とても微弱な電流だから」っていう説があるそうな。

ところが、
演奏現場によっては、用意されてる音響セットが簡易P.A.で、ファンタムを給電できない機種の時がある。

そんな時に、
ファンタム電源のパワーサプライ(給電器)っちゅう装置を、マイクとミキサーの間に仕込んでやるわけや。

ファンタムパワーサプライ ファンタムパワーサプライ

この写真のパワーサプライは、めっちゃコンパクトや。
んで、充電式なんで、スッキリとセッティングできる。

フル充電しておくと、6時間ほど使えるそうな。

でも、充電残量が表示されへんのが、ちょっと不安なとこやな。
うっかりしてると、ライブ途中で、ガス欠ならぬ、電欠なんちゅう事故があるかも。

しかし、
某サウンド系通販サイトで2000円弱な値段やし、アリやな。

余談になるけど・・・
いろんなとこで仕事してると、いろんな現場に出くわすもんや。

若い頃は、まだまだツメが甘くて、現場に着いて、
「ドッヒャ~!」
なこと、ちょくちょくあった。

「音響はすべて主催者側で用意してます。」
って言う現場に行ってみたら、舞台の上にカラオケ・セットが置いてあった・・・な噺とか。

「メッチャいい音響システムあります。」
って、確かに当時としては最新やったデジタル式ミキサーで、だれも操作できなくて・・・な噺とか。

※この記事は、個人的な感想を述べたもので、製品の性能等を担保するものではありません。


ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://www.slack-key-marty.com/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime
 

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

アコフレの噺

AcoFlavor

私のフロア・セッティングは、このところ、とってもシンプルな傾向。
ギターの本来の音色に回帰してる。

元来、ギターの生音が好きな私、音響的にはええマイクとええセッティングが一番なんやけど、諸条件、諸事情によりピックアップを使う方がええ場合がある。

そんな時、以前はいろんなエフェクターを接続して、音作りをしてた。
でも、今は、基本的にはフロアに転がしてあるのんはD.I.と『アコフレ』だけ。

よう質問される。
「このオレンジ色のんは何ですか?」

このオレンジ色のんが通称『アコフレ』っちゅう装置や。
本名は『アコフレーバー(AcoFlavor)』。
アコースティックな風味・・・な意味かな。

これまでも、このブログで何度か登場してる優れもの。

この装置を手に入れたからこそ、私はフロアをシンプルにして、大好きなマーティン・ギター本来の音色に帰依することにした、と言っても過言ではない。

AcoFlavor

そして、この装置の扱い方がとっても簡単。
音色を聴き分ける能力さえあれば、むずかしい音響理論など知らんかっても扱える。

たった3つのツマミを操作するだけで、マイク取りをイメージした場合のマイクの距離感や、音の粒立ち、輪郭感を調整できる。

つまり、これはエフェクターではなくて、マイクの一部と考えたらええねんな。

メーカーさんはピエゾ・ピックアップを想定してはるみたいやけど、私のギターに装着してるマグネットと振動感知のブレンド型ピックアップでもOKや。
(個人的見解)

若い頃は、アルミ製の大きなエフェクター・ケースにディレイやら、リバーブやら、コーラス、イコライザ、ブースター、チューナー、フットペダル、コンプやフランジャーまで・・・マジックテープで貼り付けて、賑やかなもんやったけど。。。

この歳になると、とにかく重いのんイヤ(笑)

※これはあくまでも個人的感想による記事であって、製品の性能・性状を担保するものではありません。


ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://www.slack-key-marty.com/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime
 

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

もうひとつ買おた噺

サムピック

こないだ買おたサムピック、「ブラックマウンテン』サムピック、けっこう気に入ったんで、もうひとつ買おたん。

先に買ったのんと違うタイプのんにしてみた。
『JAZZ』っちゅうタイプや。

サムピック

先の『HEAVY』タイプ(赤)に比べて、本体が少し小さい目で先端が尖ってる。
厚さは同じや。

そのネーミングのとおり、ジャズ・ギター用やて。

『JAZZ』タイプ、使ってみた。

フィット感は、微妙にこっちの方がええ。
音色については、材質と厚みが同じで響きのボディはほぼ同じ感じ。
あと、形状の違いで、心持ちエッジが立つ。

もちろん、滑り止めの穴も空けた。

サムピック

フィット感増し増し。
フラットピッキング奏法よりも、フィンガーピッキング奏法がメインの私には、こっちの方が扱いやすいかな。
さっそく実戦配備や。


ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://www.slack-key-marty.com/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ブラックマウンテン

サムピック

某通販サイトで、ギターの弦をまとめ買いするついでに、ちょっと話題になってるサムピックをひとつ買おてみた。
この通販サイト、ポイントの有効期間が短いんで、ちょっと貯まると使っていかんなん。

『ブラックマウンテン』サムピックやて。
低音の表現に鑑みてヘビーゲージを選んだ。

カナダのギターの先生が発明しはったんやて。
バンドの部分がピック本体とスプリングでくっついてる。
本体はヌメっとしたナイロン製や。

スプリングで親指にしっかり固定する・・・っちゅうわけやな。

スプリングで親指にしっかり固定する・・・っちゅうわけやな。
でも、
実際は、ちょっと頼りない感もある。
スプリングが優しい目で、本体部分のナイロンも滑るし、落ち着かん。
フィンガー・ピッキングよりは、フラット・ピッキングがメインで、たまにフィンガー併用な人にはピッタリなんやろな。

今、愛用してるゴム系材のループ式バンドを付けてる『TAB』のサムピック(ハード)に比べるとフィット感は劣る。

サムピック

しかし、
弾いてみると、ちょっとライト風味で繊細な響きの『TAB』に比べて、丸く太く、ナイロンっぽい落ち着いた響きを供する。
なかなか好みや。

そこで、
『ブラックマウンテン』の本体部分に滑り止めの穴をあけてみた。
若干、ホールド性はよくなった。
これなら、なんとか使える(^_^)/

サムピック

さて、
『TAB』の繊細なやさしい音色か、『ブラックマウンテン』の包容力を醸し出す音色か。。。

どっちもありかなぁ~~~(●^o^●)


ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://www.slack-key-marty.com/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime
 

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

安全な安全ピン

ロックの掛かる安全ピン

ギターのギグバッグのショルダー・ストラップの緩み止めに安全ピンをストッパーにする。

100均ショップに買いに行ったら、『ロックの掛かる安全ピン』って売ってた。

今までの安全ピンって、たまに不用意に外れることあったやんな。
んで、その針が身体に刺さったら痛いやんな。

この『ロックの掛かる安全ピン』やったら大丈夫なんかな。
とりあえず、買おてみた。

ロックの掛かる安全ピン

針の先端を収納する部分に、さらにカバーが付いてて、針先をロックするんやて。

安全な安全ピン。

いや、自分でまだ検証できてないので、
安全そうな安全ピン・・・やな(●^o^●)


ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://www.slack-key-marty.com/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽