ジャケ買い

カバー カバー

時間つぶしに本屋さんに寄ってん。

おいら、待ち合わせとか、ちょっとした時間調整とかで本屋さんで過ごすこと、ようあるねん。
んで、必ず1冊は買おてしまう。

この時は、ヴァイオリンの本を買おてしもた。

最初から、この本が目当てやったわけではなく、パラパラと立ち読みして気に入ったわけでもなく。。。

ブックカバーに惚れ込んで手にしたん。
美しいヴァイオリンの図柄に魅了されたわけや。
つまり、『ジャケ買い』・・・いや『カバー買い』と称するべきか?

おいら、本のジャケ買いすることはあんまりない。
むしろ、ブックカバーなんてジャマやと思うくらいや。
でも、この本は違った。

おいら、楽器が大好きなわけで、とくに弦楽器が大好きなわけで。
音色はもちろん、その造形美にも心を奪われる。

レコード(CD)を買う時は、とくに目当てのものでないかぎり、ジャケ買いすることも多い。
それも、やっぱり楽器が写ってるジャケットのん。
ミュージシャンが自分の楽器を持って写ってたり、ミュージシャンの使ってる楽器が単体で写ってたり。
キレイなオネーチャンがメインで写ってるのんよりも、ギターがドド~ンと写ってるのん選ぶな、たいがい。

ただ、ジャケ買いのリスクもある。
昔、キレイなオネーチャンが美しいアコースティック・ギター(Martin D-18)を持って写ってるジャケットのんがあって、パクっとジャケ買いしたことがある。
家に帰って聴いてみると、豪華絢爛なバックバンドの演奏で歌うオネーチャン。
オネーチャンの歌はさほど魅力的でない上に、アコースティック・ギターの音なんて微塵も入ってなかった。。。

さて、
今回ジャケ買い(カバー買い)したヴァイオリンの本・・・まだ途中までしか読んでへんけど、けっこうおもしろいやん♪
当りのジャケ買いや(≧▽≦)


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ヒューズ、ないのぉん?(-_-)

ヒューズ

緊急に音響機器用の電源ヒューズが入用になってん。
ストックがある思てたのんが勘違いやってん。

うちの近所の電機量販店に行ったん。

『大きい店やし、なんでもあるやろ♪」
って思て行ったんが間違いやった。

ヒューズみたいな小物は何階のフロアにあるのんか分からんかったんで、店員さんに問うてみた。

「ガラス管式電源ヒューズってどこにありますか?」
「はぁ?」
「ヒューズ・・・ガラス管式の(^-^)/」
「え?ガラスカン・・・ですか?」
「そう・・・^_^」
「・・・」
「・・・(^_^;)」

この店員さん、パス(^-^)/

他のベテランそうな店員さんに問い直した。
「ガラス管式電源ヒューズはいずれのフロアにあり也?」
さすが、ベテランさんや。
すぐに明確な返事が返ってきた。

「ヒューズ・・・ですか?」
『はいな♪」
「当店ではヒューズは扱っておりません( ̄^ ̄)」
「あ・・・さよか(^_^;)」

ヒューズ扱ってへん電気屋さんって、あるんや。。。
電器器具の要(かなめ)やのにな。

まさか、
ヒューズが切れただけで、新品に買い替えさせる作戦ではあるまい・・・と、信じたいが。

今からネット注文してる時間はないので、そこから3駅ほど離れたところにある電気屋街に行くことにしてん。
そこやったら、まさかヒューズがないなんちゅうことはないやろ。

その電気屋街に行くのんはひさしぶりや。
10年・・・いや、20年ぶりくらいかも。
昔、そこにあるライブハウスでレギュラー出演しててん。

着いた。

「・・・(^_^;)」

大手の電機製品量販店が、とど~んとそびえ立ってるやん!
テレビでも盛んに宣伝してはるお店や。

んで、キョロキョロ。。。

その他に・・・電気屋さんがない。。。
(正確には一軒だけあったんやけど、定休日で)

あれだけ軒を連ねてた電気屋さん・・・どないしはったんや。

とりあえず、大手量販店に入った。
最初に行った量販店よりも大手や。

ガラス管式電源ヒューズ、あった(o^^o)
でも・・・
極めて種類が少ない。
おいらが欲しい規格品がない。
規格電流が低いのんばっかりで。

この街に来たら、電気モンのパーツはたいがいあったのになぁ。。。

量販店、便利なこともあるけど、小回りがきかんのやなぁ。

んでまた、
ネット販売に頼ってると、こんなことになるんやなぁ。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA




テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

エリックさんの弦

ギター弦 ギター弦

エリック・クラプトンさんのシグネイチャー弦『MEC12』。
こないだ、名古屋の楽器店さんで、なんとなく買おたん。
おいらのギターに張ったら、どないな音がするんやろか?
別にエリックさんの音を追求してるわけではないんやけど。

エリックさんは、マーティン社の『M2100』っちゅう弦を使ってる、って何かで読んだことがある。
おいらもメイン・ギターの『HD-28VS』に最初の頃使ってた弦や。
もしかして、それと同じパックなんやろか?
値段設定が若干違うようやし、別もんなんやろか?

今、おいらのメインのギターに張ってるのんはマーティン社『MSP4100』や。
フォスファーブロンズっちゅう合金でできたぁる。
低音のズッシリ感が気に入って、このところずっとこれ。

エリックさんの弦に張り替えてすぐの印象は、従来使ってた『MSP4100』よりも若干軽くて粘りがある感じ。
商品説明によると、
「トラディショナルなフォスファーブロンズ弦にしなやかさを加え・・・」
っちゅうことらしいねんけど、そう言われればそんな感じもしないでもない。

まぁ、1日おいて弦の張りが落ち着いて来てから、このまま使うか、張り替えなおすか決めよっと。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA





テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

古いギターとサマー・パーティ

DADさんのギター

ギターの弦、張り替えた。
これは、去年、ちょうど10ヶ月前、天国へ旅立った『ミューズキッチン』の名物男DADさんが置いて行かはったギター。
製品としては、『ヤマハNo.80』・・・およそ50年くらい前に製造された古いギターや。

弦は、いつもおいらがマーティンのナイロン弦ギター『000C-16』に使ってるガリ(gallistrings)の『ティターノ』を張ってみた。
張ってから半日もすると、甘い音が響くようになってきた。

今月、7月29日、神戸のホテル『舞子ヴィラ』で開催される『ハワイアン・サマー・パーティ』で弾こう。
DADさんが生前に心血を注いできやはったイベントや。
今年で12回目。

DADさん、天国からちょっと降りてきて、聴きに来てやぁ(^^)/

12th Hawaiian Summer Party

12th Hawaiian Summer Party
●日時
7月29日(金)15:30-21:30
●場所
シーサイドホテル舞子ビラ神戸
神戸市垂水区東舞子町18-11
JR神戸線「舞子駅」、山陽電鉄「舞子公園駅」「霞ヶ丘駅」より徒歩約7分
http://www.maikovilla.co.jp/
●出演
・KOʻOLUA
・Ian Shiroma
・Hidemaru
・HILOKUME
・Slata Pōhaku
・・・and more
●チケット
大人6480円/子供4860円
(フリー・ドリンク&フリー・フード)
●ご予約、お問合せ
ミューズキッチン 078-975-2199


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

先端

セミ・ビュレット・ティップ

新しいトーンバー(スライドバー)が届いた♪
ちょっと変わった形の『セミ・ビュレット・ティップ』っちゅうタイプのん。
『半弾丸型先端』な感じの意味やな。
ハワイアン・ギター(ワイゼンボーン型ギター)で使うねん。

セミ・ビュレット・ティップ

今までのんと、どう違うかゆ~たら、先端が飛び出したみたいになってる。
今までのんはストンと切り落とし状になってたんやけどな。

セミ・ビュレット・ティップ

この先端が、開放弦を多用するオールド・スタイルで弾くときに役に立つわけや。
ちょこまかと細かいティッピングをする時に身軽や。
実際にやってみると、ほんまスムーズに動かせる。
ハンマリングもやりやすい。

ちなみに、ちょっと長いめ。
この長さは8弦の機種にも対応してるわけや。
おいらのんは、6弦やけどな。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

今日はここまで・・・な話

 ハワイアン・ギター

こないだ、うちにやって来たハワイアン・ギターの『シリアル001』ちゃん。
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-entry-3279.html

どうも、ピックアップの具合がええことない。
まぁ、中国製で作りが荒いので、想定内ではあったんやけどな。

低音と高音の出音のバランスが悪い。
すこぶる悪い。
低音ばかりが出て、高音のレベルが低すぎる。
うちの小型アンプで演奏してるよりも、ライブ会場の音響シルテムを通して演奏すると、その悪さが際立つ。
生音比率が違うし、そらそうや。

んで、
ピックアップを取り外してみた。

アンダーサドル型のピックアップなんで、サドルを外す。
お・・・なんやら出てきたぞ。。。
サンドペーパーの切れ端や!!!

サドル

サドル溝の幅とサドルの幅が合ってなくて、その隙間にサンドペーパーが詰めたった(^_^;)
これも、想定内の中国製や。

出音バランスの原因はある程度分かった。
取り付けてあったピックアップは、アンダーサドル型でサドル底面との接点が波打たせてあるタイプやった。
波の山の部分が、サドル上の弦が乗る間隔になってて、それによって各弦の振動圧力をしっかりと受け止める設計になってるんやろな。

アンダーサドル型ピックアップ

ところが、その山の間隔と、このギターの弦の間隔がズレとったわ。
とくに高音弦は山からほとんど外れてる。
つまり、ギター本体とピックアップの製品ミスマッチや。

そこで、
ピックアップを他のんに取り換えることにしたん。

おいらはいろんなチューニングを使う。
チューニングによってサドルにかかる弦の圧力が変わる。
そやし、弦の圧力に左右されることが大きいアンダーサドルはやめとく。
弦振動を拾うマグネット式か、ボディ振動を拾う貼り付け式か、どっちかがええな。

とりあえず、
新しいのんを購入せずに、うちの楽器室に眠ってるのんを目覚めさせる。

iBeam

何台か候補器を発掘したんやけど、元々本体に装着したぁるイコライザー付きプリアンプをそのまま使う方針で、シンプルな『iBeam』っちゅうのんを採用したん。
ボディ内部のサドル裏あたりに貼り付けるタイプのん。

EQ-7545R

通電チェックOK。

さて、
取り付けや。

その時に気がついた
取り付け用の両面粘着テープがない。。。

普通の両面テープではあかんねん、これ(^_^;)

っちゅことで、
今日の作業はここまで(^^)/

ネットでテープ注文して・・・
おつかれさんどしたぁ~~~(≧▽≦)


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA


テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

主治医さん

柾目ウッドメーカー

コオルアのギター&ウクレレ達の主治医さん。

メインで使ってるマーティンさんを連れて行った。
この子はヘビーユースなので、しょっちゅう主治医さんのお世話になってる。

柾目ウッドメーカー

おいらの使い方に合わせてメンテナンスしてもらう。
フレットの調整・打ち替え、ナット・サドルの交換、ネック調整等の簡単なことは、電話で都合を聞いて楽器を持ち込むとその場でやってくれはる。
この『その場で』って、おいらにとっては大事で、ただ単に『スピーディに』ということではなくて、意見を交換しながら自分のベストお気に入りに調整してもらえる、っちゅうこと。

柾目ウッドメーカー

主治医さんの工房の作業台には、おいらのメインのチューニングが書き込んだぁる。
このチューニングに合わせて各部の調整をするためや。

今回はナットの交換。
消耗品なので時期を見て調整・交換せんなん。

柾目ウッドメーカー

今までは牛骨製のんやったんやけど、ちょっと贅沢・・・いや、かなり贅沢して本象牙のんにしてもろた。

柾目ウッドメーカー

ついでにもう、サドルも交換してもろた。
こちらも、タスク(人工象牙)製やったんを、本象牙のんにしてもろた。

クリアーかつ柔らかい音色になった♪

修理の必要はなくても、ちょくちょくメンテナンスすることは必要やな。
なんか新たなええ発見をすることもあるし。

さっそく今週末のライブから(≧▽≦)
6/16(金)京都『STUDIO 909』
6/17(土)奈良『ZENBE』
6/18(日)大阪『咲くやこの花館』

おおきに(●^o^●)

あ・・・おいらも健康診断行かんなんかなぁ。。。
ま、ええか(^_^;)


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

tone-bar

これ、
こないだ、うちに来はったハワイアン・ギター(ワイゼンボーン型スライド・ギター)で使う変形トーン・バー。

トーン・バー(スライド・バー)っちゅうのんは、スチール・ギター等のスライド奏法で使う道具で、この棒を左手に持って、弦の上を押さえたり滑らせたりして音程を作るねん。
(以下:バー)

tone-bar

電気式のスチールギター奏法での愛用バーはこちらの青いやつ。
ハワイの演奏家好みのサイズで、ズッシリと重くて太い。
『アラニ・トーンバー・ファクトリー』さんが、おいら用にスペシャル・メイドで作ってくれはったお気に入りの逸品!
https://alanitonebar.stores.jp/

でも、
やっぱりアコースティックのハワイアン・ギターは、オールド・スタイルで演奏したいので。
っちゅうことで、
開放弦を多用し、かつ、バーがピョンピョン跳ね回るオールド・スタイル奏法では変形バーがええ。
比較的軽くて、左手指でしっかりホールドできる形状になってるし。

久しぶりやな、この変形バーを引っ張りだしてくるのん。
たしか、2枚目のアルバム『Slack 'n' Ride』の4曲目に収録されてる『Cowboy Hula』で、このバー使ってオールド・スタイルで弾いてるな。

ステンレスがちょっとくすんでしもてるわ。
あとで磨いたろ。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

シリアル・ナンバー『001』

Fast Fret

近所の楽器屋さんに小物グッズを買いに行ってん。
ギターの弦のクリーナー。

代金払って、帰りがけに、ふっと視界の隅っこに入って来たハワイアン・ギター(ワイゼンボーン型スライド・ギター)が2台。
スチールギター式に横に寝かせて弾くタイプのんで、ネックの部分も箱型空洞になってるのん。
薄ボディーと厚ボディーの2種類あった。

ハワイアン・ギター

この楽器屋さんのブランド『SLICKY SLIDE』として作った新製品なんやて。
製造は中国なんやけどな。

シリアル・ナンバー『001』

しかも、それぞれ第1号で、シリアル・ナンバー『001』。

エンドピン

あ・・・エンドピンの間隔が。。。(^_^;)
さすが中国製(笑)

とりあえず、ちょっと弾かせてもろた♪

なかなかええ!!!

でも、衝動買いはやめて、その日は帰ったんやけど。。。
翌々日・・・やっぱり気になって、その楽器店に行くと、まだ両方とも売れてへんかった。

もういっぺん弾かせてもろた。
生音とアンプにつないだ音で2台の音を聴き比べた。
んで、音色が気に入った薄ボディーの方を連れて帰ることにした(≧▽≦)
プリッジ・ピンの間隔の件で、随分値引きしてもらえた。

ハワイアン・ギター

小物グッズを買いに行って大物グッズを持って帰る・・・
楽器店においては、よう起こることやな(●^o^●)


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

航空会社さんのギターの取扱い

楽器取扱い

ハワイにギターを持って行く時に、やっぱり航空会社さんの取扱いが気になる。
ずっと信頼して、毎回利用させてもろてる日本の航空会社なんやけどな。

9.11の同時多発テロが起こるまでは、なんとかキャビンに持ち込むことができた。
もちろん、航空会社カウンターでのやり取り攻防戦があってのことやけど。
「こちら(ギター)は、サイズ・オーバーですので。。。」
「いや、世界に1台しかない貴重な楽器で・・・云々。。。」

ところが、9.11以来、頑としてキャビン持ち込みをさせてくれへんようになった。
特に日本発の便に乗る時には、ホンマに強い姿勢で断られる。
そういえば、
一度、カウンター係員さんのものの言い方でもめて、航空会社さんがお詫びに(?)と、シートをグレードアップしてくれはったことがあったな。

まぁ、乗客全体の安全のことを考慮しての処置なんやろし、しゃぁない。。。

今は、オン・トップ積載で、もちろん細心の注意を払って取り扱ってもらうように懇願して、貨物室に積み込んでもらう。
係員さんに心を込めてお願いするねん。

楽器取扱い

そして、目的地に到着して、ターンテーブルのところに行くと、空港係員さんが、エアマットでグルグル巻きにしたおいらのギターを大切そうに抱えて待ってくれてはったりする。

ところが、今回・・・ホノルル発の便にのる時のことや。
カウンターで、スーツケースとギターを貨物として預けようとすると、係員さんが言わはる。
「こちら、楽器でございますね。」
「はい、デリケートなものなので。。。」
「そうですよね。キャビンにお持込みなさいますか?」
「もし、そうできるなら嬉しいです。」
「では、確認いたしますので、少々お待ちください。」

結局、搭乗ゲートまで持ち込んで、その時に乗務員さんの判断にゆだねる、っちゅうことになった。
一番上の写真は、無事ゲートまで持ち込んだ楽器。

んで、
結果、おいらのギターはキャビンに持ち込ませてもらうことがでけた。

とっても快適で、ストレスのない空の旅やった。

ありがとうございますm(_ _)m

注:航空会社さんのこれらの処置は、必ずしてもらえることを保証するものではありません。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽