fc2ブログ

ギター本

マーティンの流儀

昨日発売のギター本が今朝届いた。

去年で創立190年を迎えたギター・メーカーの老舗『マーティン(Martin)』の特集。
全ページの1/3ほどがマーティン・ギターの記事になってる。
マーティン・ギター愛用の著名ミュージシャン達のギター・フレーズの楽譜なんかも載ってて、楽しい♪

高校生の頃、
マーティンのギターにあこがれたもんや。
高価なギターで、楽器店のショウケースに飾ってあるのんを羨望の思いで眺めてたな。
「いつか、このマーティン・ギター持ちたいな。」

今の時代も、ギター少年たちは、こんな本を読んで、同じことを考えてるのんかな。
それとも、今はもっと簡単に手に入るのかな。

大人になってから叶ったあの頃の夢はいくつもある。
マーティン・ギターもそのひとつや。


ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://paniolo.main.jp/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime
 

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ナイロン弦の交換タイミング

Martin 000C-16SGTNE Martin 000C-16SGTNE

ナイロン弦ギター(Martin 000C-16SGTNE)さんの弦を交換。

私の場合、メタル弦と違って、あまりステージで使わへんナイロン弦は交換のスパンは長い。
メタル弦が1週間~10日(コーティング弦はだいたいその倍くらい)、
ナイロン弦やと、2ヵ月というところやろか。

現在、気に入って、ずっと使ってるナイロン弦は、
おフランスの弦老舗『サヴァレス(SAVAREZ)』社の『510MPR』っていうセット。
同社の弦のミックス・セットで、第3弦に細いアリアンス弦を使ってあって、ピッチの安定とトーン・バランスがええ。

高音弦は、ニュークリスタル弦で、その名のとおり、透き通ったイメージの音色。
低音巻弦のプレミアム弦は、倍音効果で心地よい響きで低音部を支える。
※ただし、これは私のギターに使った場合の音色の感想で、ナイロン弦は、特に、ギター本体との相性があると思います。

以前に、
あるプロのクラシック・ギタリストの方が、なにかの対談記事で言ってはった。
「弦は1回使ったら(弾いたら)、音は死んでしまう。だから、ステージ前に新しい弦に張り替える。」

まぁ、人それぞれやろけど、
ナイロン弦って、メタル弦みたいに張ってすぐに落ちつかへんし、ピッチがズレてくるんちゃうんかな。
機会があれば、クラシック・ギタリストさんに聞いてみよっと。

また、弦といえば、
今から95年前の噺。
スペインからクラシック・ギタリストのアンドレス・セゴビアさんが来日してコンサートをしはった。
その当時、日本のクラシック系のギターの主流はイタリア・スタイルのメタル弦ギターやったんやけど、
セゴビアさんはガット弦を使ってはって、その柔らかい音色に聴衆は魅了されたんやそうな。
また、湿度の影響を受けやすいガット弦のチューニングをちょこちょこ直しながらうまいこと弾いてはったんやそうな。

※ガット弦とは現代のナイロン弦の前身にあたる弦種で、今でも、ナイロン弦ギターのことを、ガット・ギターって呼ぶことがある。

しかし、
ギター弦の噺、おもしろいな。
一晩中でも語れるかも。
あ・・・途中で電池切れて寝てまうかもしれんけど(≧▽≦)


ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://paniolo.main.jp/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime
 

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ストリング・ワインダー

ストリング・ワインダー ストリング・ワインダー

ストリング・ワインダー(弦巻き器)が、ヘタってしもたんで、新しいのんを買った。
古いのん(オレンジ色)、回転部分が摩耗してしもて、グラついてスムーズにペグを回せへんようになってしもてん。

私は、いつも一番安いのんを買って使ってる。
なんか豪華なんとか電動式とか、いろんなんあるけど、安いのんに馴染んでる。

ライブの帰りに、楽器店さんに立ち寄って求めた。

いつも置いてあった今まで使ってたタイプのんがなくて、大きいのんに変わってた。
値段も1.5倍になってた。

通販サイトやと、今までのタイプのん売ってたんやけど、
まぁ、これもなんかの縁や。

とりあえず買おた。

たしかに、今までの最安品よりはしっかり出来てて、1.5倍分くらいは使い易いかも。

しらんけど(≧∇≦)


ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://paniolo.main.jp/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime
 

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

必需品なアコフレ

アコフレ アコフレ

ライブ会場で、よくギター好きなお客さんから、
「これ、何ですか?」
って、聞かれる。

これは、通称『アコフレ』っていうフロアもの。

ギターのピックアップ~ラインを使うステージでは、必ずギターに接続してる。
これは、私のピックアップ付きギターにとっては、ギターの一部といって決して過言ではない。

なので、
エフェクターとは言わへん。

元々は、ピエゾなどのピックアップ付きのギターのエレ臭さを消す目的で開発された。

とってもシンプルな形態をしてる。
内部の構造や原理は、私にはさっぱり分からんのんやけど(笑)

コントローラー(つまみ)は三つだけ。
マスター(Master)、リミット(Limit)、フィット(Fit)。

マスターは入力(音量)のコントロール。
リミットは左右に振ることによって、音の輪郭が柔らかくなったりクリヤーになったりする。
フィットは、マイクで拾う仮定のマイクとギターの距離感のコントロール。

難しいこと分からんでも、感覚で操作できる。

ホンマは、アコースティック・ギターは、生音をええマイクで拾うのが、一番好き。
でも、会場や音響の条件によって、なかなかそうは行かへんことが多い。

なので、
これは、私の必需品!

アコフレ

小さな工房で社長さんひとりの手で、手作業で作ってはる.。
まさに日本の匠の技で。

本体のフタの裏にロット番号と製造者(社長さん)のサインが書き込んである。
信頼の証。
なんか、嬉しいな、こういうのん。


ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://paniolo.main.jp/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime
  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

とりあえず放置

ヘリンボン ヘリンボン

ヘリンボンのバインディングが、
チラッと剥がれてきた。

素材の収縮によるもので、まぁ普通の現象や。

当面はこのまま放置。

今、慌てて修理しても上手くいかへんのは分かってる。

もう少し剥がれて来たら修理する(o^^o)


ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://paniolo.main.jp/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

バランスド・テンション

NB弦 NB弦 NB弦

リゾネーターギターの弦を、ダダリオ社のNB弦に張り替えた。

今までは、マーティン社のレトロ弦を張ってたんやけど、ちょっとお試しに。
んで、NB弦の『バランスド・テンション(ミディアム・ゲージ)』っていうゲージ・セットを使ってみた。

レトロ弦のミディアム・ゲージは、第1弦から
013、017、026、035、045、056
ってなってる。

NB弦の『バランスド・テンション(ミディアム・ゲージ)』は、
013.5、018、024、032、042、056
ってなってるねん。

つまり、第1弦と第2弦が少し太く、第3~5弦が少し細い(ライト・ゲージ並)なわけや。
わずかなことやけど、第1-2弦が太いのは、スライド奏法には魅力や。

張り替えたばかりの音色は、やはりレトロよりは若干軽い感じやな。
中音域が細いのんも、気になる。

まぁ、もう少し使ってみよっと。
あかんかったら、またレトロのミディアムを張ればええ(≧▽≦)

ちなみに、
ラップ・スティールギターには、NB弦のミディアム・ゲージを使ってるんやけど、ええ感じや。

もひとつちなみに、
バランスド・テンションって、おそらくレギュラー・チューニングをした場合のテンション(弦の張り)のバランスのことやと思う。
どっちにしろ、変則チューニングにしてしまうので、この製品のバランス云々は私には関係ないし(笑)


ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://paniolo.main.jp/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime
 

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ギグバッグ

Gig Bag Gig Bag

ワイゼンボーン型のラップ・スティールギター用に新しいギグバッグ買おてん。

今まで使ってたのんが痛んできたんで。
今までのんは、この楽器と共に付いてきたやつで、元々ヘロヘロの製品やったし。

この製品も、それほど高級なもんでもない。
通販のポイントで買えた(笑)

ワイゼンボーン型用のギターケースって、なかなか売ってへん。
通販なので現物を見ずに、サイズ表示だけを頼りに一般のギター用のんを注文したんやけど、まぁまぁええ感じのサイズ感。

今年は、もっとこのギター使ってソロ・ライブやジョイント・ライブしたいな(●^o^●)

呼んでぇ~~~(^_-)-☆


ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://paniolo.main.jp/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime
  


テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

I - L

パッチケーブル パッチケーブル
I - L(左)、L - L(右)

I - Lのパッチケーブル。
いつもライブでお世話になってる大阪南堀江の『フィフス・ストリート』のオーナーさんが新たに作ってくれはった。

今日、次回の『フィフス・ストリート』さんでのディナーショウの打ち合わせがあって、その時間にお店に行くと作ってくれてはった。

ケーブル本体は信頼のタチイ・ブランドのん。
ジャックもこれまたお気に入りのスウィッチ・クラフト。

パッチケーブル

今までは、がんぎ連結プラグやL - Lのんを使ってたんやけど、接続する機器によってはジャックが箱の奥に配置してあったりして、プラグのスリーブが邪魔で使いにくい時があってん。

これで、またフロアがスッキリ。
ただでさえ、シンプルなフロアやのに(笑)

ありがとうございます!!!


ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://paniolo.main.jp/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime
 

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

小指派

slide bar

愛用のスライドバー。
私はこの真鍮製のものをずっと使ってる。
随分と年季が入ってる(笑)

スライドバーとは、スライドギター奏法で指に装着して使用するパイプ状の棒のこと。
スライドバーを弦の上で滑らせて、ポルタメント効果を演出する。

このスライドギター奏法は、ウィスキーボトル等の首部分を切り取って使うこともあって、ボトルネック奏法とも呼ばれる。
なので、ガラス製のものもある。
他にステンレス製などもある。

slide bar

左手の小指や薬指に装着するんやけど、私は、小指派や。


ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://paniolo.main.jp/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime
  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

Me and My Guitars

うずらギャラリー うずらギャラリー

2月23日のソロ・ライブは、
この子たちと(^_^)/

深甘い音色、コオルアのステージでもお馴染みの12フレット・マーティンさん。

見かけによらず落ち着いた音色の金属ボディのリゾネーターギター(ドブロ)さん。

ラップ・スティールギターさんは、京都ブランド『SLICKYSLIDE』1号機!
(その後何機製造されたかは不明w)

ハワイアン・ソングのみならず、まーさんチョイスの美しい曲を、ジャンルを越えて弾き語ります。

休日の昼下がりの町家で
やわらかぁ~い変則チューニングの美学をお楽しみください。

小さな会場です。
ご予約お早目に(^_-)-☆

ひるさがり町家コンサート/まーさんソロ
【Me and My Guitars】
●日時
2月23日(金祝)開場13:45/開演14:00
●場所
うずらギャラリー
京都市中京区三条通寺町西入弁慶石町58
地下鉄京都市役所前駅徒歩5分
京阪三条駅徒歩7分
阪急河原町駅徒歩9分
http://sound.jp/uzura/
●出演
MARTY K.(まーさん):歌、ギター
●チャージ
2000円(2ステージ入替なし)
※カフェ、レストランではありませんので、飲食の提供はありません。ペットボトル等フタ付き容器の飲料は持込可(アルコール不可)。
※マスク着用でのご来場おねがいします。
※予約制。
●ご予約、お問合せ
うずら音楽舎 070-5500-1011
又は、上記のURLのうずらギャラリーのウェブサイトからEメールにておねがいします。
※うずら音楽舎のSNSでは受け付けておりません。
当日のご予約はお電話でおねがいします。


ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://paniolo.main.jp/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime
 

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽