ま~さんの地元話

千本通り

うちの地元、京都の街。
その昔、都があって政(まつりごと)が行われてたところ。
後世に平安時代と呼ばれることになった時代のことや。
今から1000年±200年くらい前の昔や。
(明治2年の東京遷都までは京都が日本の首都やったんやけど、鎌倉時代が始まった時点で実際の首都機能はなくなってしもてる。)

そこには、かつて『大内裏(だいだいり)』と呼ばれる宮城があった。
そして、その南門のひとつである『朱雀門(すざくもん、しゅじゃくもん)』を起点に、都の南端の門である『羅生門(らじょうもん、らせいもん)』まで『朱雀大路』という道幅84メートルの超弩級大通りがあって、たいそう賑わってたそうな。

しかし、幅84メートル道路って・・・スゴイな。
その時代に側溝も備えてあったんやて。

その後、鎌倉時代、室町時代、安土桃山時代、江戸時代、そして明治以降の近代を経て、宮城はおろか、その当時の街の姿は今はない。
でも、街区(条坊制)や地名にその名残りがある。
また、街の各所にその場所の歴史解説のプレートが設置してある。
昔は石碑やったのんが、今は分かりやすい図説入りのプレートなんやな。

上の写真は『千本通り』っちゅう通りや。
かつての『朱雀大路』やったとこ。
『朱雀門』があった場所から南、つまり『羅生門』があった方向にシャッターを切った。

今の『千本通り』は、場所によって違うけど、だいたい道幅約20メートルあまり。
なんと、この4倍の幅員の道がここにあったんや!!!

ホンマ、賑わってたんやろなぁ。。。
お店が軒を連ね、物売り人や牛車(ぎっしゃ)が行き交い・・・平安京の人々の営みがあったんや。

今では京都市の賑わいの中心は東の方へ移り、南北の主幹通りは『烏丸(からすま)通り』、繁華街は『河原町(かわらまち)』や『祇園(ぎおん)さん』あたりやけどな。

子供の頃には、自分が遊んでる場所の歴史なんちゅうもんは意識したことはあんまりなかった。
でも、今、自分の街を意識してみると、いろんなもんが見えてくる。
そして、その当時の人々の息吹さえ感じることもある。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

悲しみのバルコニー

ʻIolani Palace

イオラニ宮殿。
ハワイ王国7代目国王カラーカウアさんが建設させた宮殿や。

ʻIolani Palace

外観とともに、その中も美しい。

ʻIolani Palace

音楽好きのカラーカウア兄弟姉妹が演奏を楽しんだり作曲をしたりした音楽室。

ʻIolani Palace

国王執務室には当時世界の最先端技術やった電話もある。

もっとも、王国が崩壊後、宮殿内の家具調度品は持ち去られてしもて、現在展示されてるのんは、その後返却されて来たものなど。
完璧に当時のとおりではないそうな。

しかし、おいらの心を打つのは、豪奢な装飾や家具ではない。

バルコニーや。

宮殿の当主、キング・カラーカウア王さんは、1891年1月20日、静養のために訪れてたサンフランシスコで急逝する。

その時に彼の奥さん、クイーン・カピオラニさんは、この宮殿で留守を守ってはった。

遺体となって戻ってきた夫を、彼女が出迎えたのが、宮殿の正門を正面に見る2階のバルコニーやったそうな。

正門を入ってくる国王の遺体を厳かに運ぶ列を2階のバルコニーから目の当たりにした彼女の泣き声を宮殿の人々は聞いた。

やがて遺体はバルコニー直下の正面玄関へ運ばれる。
その時、彼女はバルコニーから身を乗り出して泣いていたそうな。

現在、見学者はこのバルコニーに出ることはでけへんけど、建物の中から窓越しにバルコニーを通して正門を臨むことはできる。

悲しみのカピオラニ王妃の後ろ姿がそのバルコニーにあるような気がする。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

長いやつ

Nissan Maxima Nissan Maxima

今回のハワイのお供。

お馴染みのレンタカー屋のオッチャンが、
「ええのん貸したげるわ。新車やでぇ(^-^)/」
って出してくれたん。

「あんまりデカ過ぎるのんはイヤやで。」
「まぁ、いっぺん乗ってみいな。」

そんな、やりとりをして、とりあえず借りてきた。
(実際の会話は関西弁でなくて英語で^_^)

しかし・・・
けっこうデカい。
・・・ちゅうか、長い。

このクラスの車に乗り馴れてる人にとっては問題ないんやろけど、日本ではコンパクトな『キューブ』を愛用してるおいらにとっては、長いねん。

そして、
新車と言いながら、すでにナンバーが曲がってる。
前に借りたお客さんも、その長さゆえに悩んだんやろか(^_^;)

さて、
今日は早速、カイルアで、うちらコオルアのライブや。
おかげさまで満席やそうな(o^^o)

この長いやつで、颯爽と会場に乗り付けよう(笑)


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

手書きの♪

楽譜

こんなノートが出てきた。
10年ほど前のん。
こんなん、すっかり忘れてた。。。

楽譜

ギター用のタブ譜面の白ノートで、五線譜と6弦タブ譜が並列で印刷したぁる。

楽譜

そぉかぁ・・・以前はこれに手書きで楽譜を書いてたんやな、おいら。
なつかしわぁ(≧▽≦)

楽譜

そういえば、
楽譜ペン(ペン先が平べったくなってて符頭とか符尾が書きやすくなってる楽譜専用ペン)で一生懸命書いてたな。
けっこう几帳面に書いてるやん(笑)

楽譜

今は、パソコン入力で書いてる。
ツールとしてはメッチャ便利や。

でも、手書きの楽譜って、記録ツールとしてだけでなく、『作品』な感じがするな(^-^)


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

安いのんか高いのんか?

20 dollar bill

以前に使ってたギター・ケースから20ドル札が出てきた。
ケースのポケットに入ってたん。
いつ頃から入ってたんかは分からんけど。

今、1ドル113円台くらいなんやそうな。
ちゅうことは、今やと、この20ドル札、2200~2300円くらいなもんや。

さて、このレートは、安いのんか高いのんか?

円安やと円からドルに換金する時の喪失感を味わうことになる(^_^;)
とはいえ、
国際経済のパランス上、必ずしも円高がええとは限らんのやろけど。

・・・っちゅうても、
おいらが初めてアメリカに行った時は、確か1ドルが220円くらいやったと記憶してる。
その頃からすると、メッチャ円高なわけやな。
上の写真で20ドル札と一緒に写ってるギターは、その頃にロスアンゼルスの楽器屋さんで買おたのん。
『ギルドF-30アラゴン・モデル』っちゅうのん。
メッチャ欲しかったのん、見つけた時はそらもう嬉しかった。
(出てきた20ドル札は、その楽器屋さんとは関係なく、それよりずっと後のもんやと思う。)

しかしながら、
1ドル80円台の時にも海外渡航してる。
それと比べると随分と円は安くなったもんや。

その後、
100円前後になった時には、ドルでの買物が分かりやすかったな。
1ドル札を100円札のつもりで使えばよかったし(o^^o)
ダイムは10円玉で(o^^o)
ニクルは5円玉、ペニーは1円玉や(o^^o)

余談・・・
若い人はピンと来ぃひんかもしれんけど、おいらが子供の頃は100円札は普通に使ってた。
お年玉でもろた100円札持ってプラモデル買いに行ったもんや。

さてさて、
113円・・・微妙なレートやな(≧∇≦)


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

パリクタな愛用品

JIB KYOTO

新しいダッフル・バッグ買おたん♪
おいらお気に入りの『JIB』っちゅう日本のメーカーのんで、ここの製品はセイル・クロスで作られてる。
ヨットとかの帆の素材で、薄くて軽いけど、丈夫な生地や。
んで、またこのメーカーのハンドメイド縫製がホンマしっかりしてるんで長いこと使える。

おいらが買ってる『JIB KYOTO』店では、その場で名前等の文字も入れてくれはる。
今回は、『PANIOLO』って入れてもろた。

このセイル・クロスは、新しいうちは硬くてパリパリしてる。
触るとパサパサと音がする。
このダッフル・バッグもやかましいくらい音がする(笑)

それが、
このセイル・クロスは長いこと使ってると、ええ感じにクタクタになってくるねん。

JIB KYOTO

これは、随分前に買おたトート・バック。
もうホンマにクタクタになってる。
持ってても違和感がない。

JIB KYOTO

ちなみに、
こちらは、こないだの還暦祝いでいただいた小振りのセイル・バッグ。
まだ新しくて音がする。

だんだんクタクタになってくるのんが楽しみやな。

使い込むほどに馴染んでくるものって、好きやなぁ(●^o^●)


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA
  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

コオルアのハーモニー

KOʻOLUA

スタジオで、ハーモニーのスリ合わせをする。
メッチャ集中や。
ビール飲みながら・・・っちゅう余裕はうちらにはない。

前もって編曲しておいた楽譜を使うこともある。
んで、それを元に実音・実声でスリ合わせして行く。
また、スタジオでの実音・実声が先行することもある。
んで、それを後で楽譜に書いてみてアイデアを足していく。

主旋律に3度や5度を乗せる手法の自然に出るハーモニーだけではなくて・・・な、考えや。
その点、うちらみたいな2声ハーモニーは、ある意味、和声旋律のライン取りの自由度がある。
そこがデユエットのオモロイとこや、と思う。

すり合わせるのんは、旋律だけやない。
エモーションやエクスプレッションも大切な要素や。
もちろん、発音も。

その時、
一番重要なことは、お互いの声をしっかりと聴き合うこと。

コオルアのハーモニーは、これなくして成り立たへん。

ちなみに、
コオルア・ポリシーのひとつに、
『ステージには、歌詞や楽譜を一切置かない。』
っちゅうのんがある。
それは、『極力お互いの音声に神経を集中するため。』が大きな理由や。
(他に、『歌言葉の情景を目の前にイメージするため。』や『フラ・ダンサーさんがいる時には、その踊りを見ながらシンクロするため。』や『真剣勝負のため。』という目的もある。)

しかしながら、
ハーモニーは楽しいな(≧▽≦)


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

King's Book・・・王さんの本ではなくて。。。

King's Book

ふっと古い本が出てきた。
37年前、おいらが初めてハワイに行った時に買おた本。
ハワイアン・ソングのソングブックや。

その時は、ハワイ音楽にそれほど興味があったわけやなかった。
他のジャンルの音楽の修業にメインランドに行ってた時にちょっと立ち寄った。
お土産みたいな感じで買おたもんや。

当初は興味深く、けっこう一生懸命見てたと思う。
表紙とかボロボロやん。
元々ヤワい装丁の製品やったけどな(^_^;)

その後、ハワイの音楽に本気モードになってきた時に、この本を探したんやけど、どっかにしまい込んでしもて見つからへんかった。
機会あるごとにあちこち探したんやけど出て来んかった。
しかも、この本がホンマはメッチャ有名な本や、っちゅうことも知り得た。

それが、ひょっこり出てきた。
「なんでこんなとこに???」
な出現や。

この本のタイトルは『King's Book of Hawaiian Melodies』。
『King』っちゅうのんは、王さんの意味ではなくて、ハワイの作曲家Charles Edward Kingさんのこと。
名曲『Kaimana Hila』の原作者や。
元々は彼が編纂した本で、彼自身の作品の他に、トラディショナル曲がいっぱい詰まってる。

King's Book

実は、最近、この本の改訂版(現代版)をハワイで買おてた。
出版社は変わってた。
きれいなカラー表紙でしっかりした装丁や。
CDまで付いてるし(@_@)

さっそく、新旧の中身を比べてみると。。。

収録曲が少し変わってた。
それぞれに、収録されてる曲、されてへん曲があった。

新しいのんのアルファベット順の掲載に対して、古いのんは一見バラバラながら索引で曲の内容毎の分類がしてある。

King's Book

それから、譜面の表記がずいぶん違ってた。
古いのんは、ピアノ譜がついてる。
あるいは、4部のコーラス譜がついてる曲もある。
それに比べて、新しいのんは、至ってシンプルや。

King's Book

楽譜自体の内容が変わってる楽曲もある。
たとえば、
『Aloha ʻOe』は、古いのんでは『変イ長調(A♭)』で書かれてたんが『イ長調(A)』になってる。
ウクレレ伴奏での利便性を考慮したんやろか?
著作権の関係なんやろか?
ちなみに、この楽曲、『ト長調(G)』で書かれたリリウオカラニさんの直筆の楽譜が現存する。
半音ずつ上がって行ってるな(笑)

ステキな資料本。
この時期に、姿を現してくれたのんは嬉しい。
この本、それを分かってて出てきてくれたんかな(^_-)-☆

ありがとう!!!


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

古都

神泉苑

京都は昔から観光地で、外国人さんもたくさん来てはる。
うちら、子供の頃から、街中で外国人さんはよう見かけてた。

道行く外国人さんに、
「ハロー(^O^)/」
とか声かけたりしてたわ(≧▽≦)

しかし、このところ年間を通じて、観光客さんが爆増してるな。
とくにアジアからのお客さん。

んで、宿泊所が不足がちやそうで、あちこちに民泊とかゲストハウスができてる。
それも、爆発的に増えてる。
街を歩くたびに、
「あ・・・ここも。」
「こんなとこにも。」
「わぁ!」
って感じで、ゲストハウスができてきてる。

また、マンションの一室を宿泊所として提供してはるとこもある。
ホテルと違って、マンション民泊は外国の観光客さんには分かりにくいようで、よく場所を聞かれる。
今まで住宅として人の住んでた民家も、いつの間にか居抜きで宿泊所に変わってたりする。

以前は、うちらが住んでる住宅地に観光客さん向けの宿泊所が混在してることはなかったけどな。
大通りからちょっと入った一方通行の細い通り沿いの街は静かな生活環境やったけどな。
今は路地にまで民泊がある。
そして、小さな町内にスーツケースの音がゴロゴロと鳴り響く。

観光客の宿泊施設を増やす、という京都市の政策の影響なんやそうな。

『古都』と言いつつも、住人の観点からすると、随分変わってしもたもんや。

うちら、海外に行く時には、ずっとそこで普段の生活を営んでる人々がいることを忘れたらあかんな(●^o^●)


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA
   

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

輪ゴムの効用

ビニール傘

昨日、夕方から雨が降って来た。
外出中の時で、傘を持ってへんかったんで、最寄りのコンビニでビニール傘を買おた。

こんなシーン、ようあるな。
便利なもんや。

んで、
こんな安い傘でも、何回も使ってると愛着が出てくるねん、おいら。
でも、
お店とかに入って傘立てに置いとくと、ちょくちょく無くなる。
同じようなデザインで、時には全く同じ製品で、間違えて持って行く人がおるんやな。

そこで、おいらは買ったビニール傘の柄に輪ゴムを巻き付けておくことにしてる。
「なんで輪ゴムやねん?」
ゆ~たら、その理由は手軽さや。
んで、その見た目のダサさゆえ、けっこう目立つ。
悪意がないかぎり、これを持って行く人はおらんやろ、たぶん。

でも、時には盗難に合うこともある。
傘立てに残ってる傘の本数を見れば明らかや。
世間には、
「たかがビニール傘くらい盗んでもええやんけ。」
って考えてる方々もおられるんやろな。

ちなみに、
このビニール傘をワザワザお土産に買って帰る外国からの観光客さんいてはるそうな。
ハワイから来た知り合いも買ってはった。
「この透明な傘は視界がよくて安心だ。」
やて。
そもそも、ハワイでは、雨でも傘をさす習慣があまりないので、日本ほどあちこちで傘を売ってへん。
傘のバリエーションも少ないんやろな。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽