fc2ブログ

ビンテージの技

ギターのケースの話や。

普段は、ギターを持ち歩くときは、背中に背負えるギグ・バッグに入れてる。
両手がオープンになるし、便利やねん。
しかも、軽いしね♪

Guitar Case

んで、
飛行機に積む時は、
耐衝撃型の『軽量ケース』を使う。
・・・っちゅうても、この『軽量ケース』、
実はハードシェル・ケース(ハード・ケース)よりも重かったりする(^_^;)

てなわけで、
ハードシェル・ケースは全然使ってへんかってん。

今日、
ふっと思い立って、ハードシェル・ケースを引っ張り出してみた。
あたしのメイン・ギターのMartin D-28S用のん。
このギター買おた時にくっついて来てん。
ビンテージのレプリカのこのケース、重い木製や。
改めて見てみると、案外カッコエエがな(^^)

Guitar Case

専用ケースなんで、ギターがピッタリ収まる♪
しかも丁寧に作られた上品な内装。

Guitar Case

それから、このハンドル(取っ手)が、またええねん。
握り心地も、バランスもメッチャええねん。
体感重量が半減!
・・・とまではいかんけど、かなり楽やな。
まさにビンテージの技や。

Guitar Case

久々に、
このハードシェル・ケース、お供にしよかなっと♪♪♪

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する