なんか・・・思い出の場所(1)

Waiki-ki- Oct. 2013

あたしが初めてハワイに来たのんは、今から33年前や。
ハワイ旅行・・・ではなくて、ちょっと数泊だけ立ち寄った程度。
その前は、ギター1本持って、音楽修業などとイキがって、アメリカ南部をうろついてた(笑)
んで、日本に帰る前に、
「話のネタにちょっと観光地ハワイにでも寄ってみるか( ̄▽ ̄)」
・・・な、軽い動機やった。
サンフランシスコ発の飛行機、ハワイで降りることにした。

その当時、
ハワイの音楽には、全然・・・ほんま、ぜぇ~んぜん興味がなかった。
ワイキキの街も、今ほどキレイとちごたな。
あちこちに下半身産業の看板が目立った。
しかも、日本語のんだらけ!!!

あぁ・・・なんちゅうとこや、ここは。。。
恥ずかしいなぁ(ーー;)
「ここでは日本語、封印しよ(/ω\)」
って思た。
二度と来たくない・・・とも思た。

んなこと考えながら、
ゴッチャゴッチャした夜のカラーカウア通りを歩いてたら、ストリップ小屋の前で客引きしてたバァサンに、見事に引っかかってもた( ̄▽ ̄)
っちゅうか、無防備な若ゾウやったあたしは、かなり強引に引っ張り込まれたわけや( ̄▽ ̄)
はい・・・白状します。。。
ストリップ小屋に入ってしまいましたm(_ _)m
そしたら、お客は全員日本人で、司会者も日本人で、
演者さんは豊満な金髪ガールさんと筋骨隆々のロコボーイっちゅうわけや。
ショウが終わって小屋の出口のとこで、演者さんと小屋の売店のオバハンが話してるのんが、ちょっと耳に入ってきた。
演者さんは恋人同士(夫婦?)やったみたいや。
「今からが私たちの本当の夜よ(^_-)-☆」
みたいなことゆ~て仲良く帰っていかはった。
カップルで日本人相手に稼いではるんや。。。
その小屋で、日本人として、そのショウを見てたことが、なおさら恥ずかしぃなってきた。

その時は、まさか、
あたしがこれほどハワイに惹かれ、
ハワイを大好きになり、
そして、ハワイにお世話にになるなどとは、
思いもよらなんだ。。。

そのストリップ小屋は、もちろん今はない。
その小屋があった場所は、日本人の若い女性に人気のお店になってる。

今のそのお店、
あたしが立ち寄るようなとこではないけれど、
なんか・・・思い出の場所や。

☆写真と本文内容は関係ありません。

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する