FC2ブログ

クリスマスの思い出・・・と、余談と(^_^;)

ルーベンス 1634年

今日は、クリスマスの日。
ふっと、昔のこと想い出した。
ずぅ~~~っと昔・・・昔。。。

幼稚園のころ。
ミッション系の幼稚園に通ててん。

幼稚園は立派な大きな教会に併設されててん。
その当時、地元では目立つ建物やった。

幼稚園のイベントのひとつに『クリスマス会』っちゅうのんがあった。
うちら園児たちが、讃美歌を歌ったり、イエス・キリスト生誕劇をしたりするねん。
今の時代やったら、クリスマス・ペイジェントとか言うんやな。
そのころは、ミッション系でも、そんなハイカラな言い方はせんかった。

その生誕劇で・・・ウロ覚えやけど、
1年目は、羊飼いの役をやったと思う。
羊飼い達が夜に羊の番をしている時に天使が現れて、ベツレヘムで神の子が生まれたことを告げるシーン。
天使の役の子、白い服に背中に羽つけてもろて、メッチャうらやましかった。
でも、羊飼いはその他大勢の役やねん。
たしか、セリフは、
「ベツレヘムへ行こう!」
だけやったと思う。。。

翌年の『クリスマス会』では、なんと博士の役が当たった!
ユダヤ人の王(イエス・キリストのこと)の誕生を占星術によって知った3人の博士(賢者)達が、贈物を持って生まれたばかりのイエスのもとへやってくるシーン。
これは、その他大勢の役とは違う。
3人の特化された役柄や。
これは嬉しかったのんを覚えてるわ。
んで、『博士』っちゅう称号に心踊ったな。
博士って、かっこええなぁ・・・って思た。
そのころからかなぁ・・・
「大きなったら、博士になりたい( ̄^ ̄)」
っちゅう夢を持ったのんは。
・・・なってへんけど。。。(^_^;)ナニカ?

ちなみに、あたしの知る限りでは、聖書(日本語訳と英語訳しか読んだことないけど・・・)には、博士(wise men)は複数形で示されてるだけで、3人とは書いてへん。
彼らが持参した贈物が『黄金(gold)』、『没薬(myrrh)』、『乳香(frankincense)』の3種類やったことから、3人っちゅう数字が類推されてしもたんやろな。

あ・・・もうひとつ思い出した・・・幼稚園時代のこと。
クリスマスとは関係ない、余談やけど。

予防注射の日!
これは、恐怖のイベントやったな。
めっちゃんこ怖かったがな。
注射終わったら、お菓子をくれはるんやけど、そんなもん対価にならんくらいや。
「お菓子もろても痛いもんは痛いねん。」

んで・・・注射の日、園舎からひとりで逃走したことがあった。
んで、園舎の隣の大きな礼拝堂の説教壇の裏に隠れた。
「イエス様、どうかお守りください(><;)」
などと自分勝手なお祈りをしながら(笑)
まるで、山狩りのように、先生たちがあたしの名前を大きな声で呼んではる。
やがて・・・礼拝堂の大きな扉がギィっと開いた時は、あたしの祈りは最高潮に達した。
んで、
「いたぁ~~~!●●ちゃぁ~~~ん!」
って、先生の笑顔が・・・怖かった。。。
本当は、行方不明になったあたしを必死で探してはって、心配で心配でたまらんかったんやろな。
そんで、やっと見つけた安堵の笑顔やったんやろな。
他の子よりも、お菓子をたくさんもろて、なだめすかされて連行されたのであった。。。
ご心配おかけして、すんませんでしたm(_ _)mホンマニ

ちなみに、
その先生の涙も見たことがある。
その先生が幼稚園を辞めはる時。
園長先生が園児たちの前でお知らせしはってん。
「I先生が、ご結婚されることになって・・・云々。」
お知らせの途中で泣き出さはってん。
ようわけが分からんまま、とりあえずビックリした。

あれから会おてへん、I先生。
もう随分ご高齢のはずや。
お元気にしてはるやろか?

Merry Christmas (^^)/

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する