パラカ・オハナ番外編

PALAKA `OHANA

こないだの金曜日、『コオルア』とハワイからの『パラカ・オハナ』のジョイント・ライブ。
その日の昼下がり。
うちら『コオルア』は、夜のライブの音響セッティングのため、ライブ会場の奈良『ゼンベ』にいた。

『パラカ・オハナ』のみなさんは、朝早く大阪のホテルを出て、広島観光に行ってはる。
予定では、早めにホテルに帰って来て、お風呂に入ったりしてから、奈良へ。。。
JRの乗り継ぎ等、大阪から『ゼンベ』までのコースは教えてあるので、自力で来ていただく(o^^o)

・・・と、
あたしの携帯電話が鳴った。
出ると、『パラカ・オハナ』のメルさんの奥さんのアンティー・リンさん。
一緒に日本に来てはる♪

「Sorry! We missed the Shinkansen...We're in Hiroshima now...」

予定の新幹線に乗り遅れたそうな^_^;

「もうホテルに立ち寄らずに直接『ゼンベ』に行くから、どうしたらいい?」

「広島から奈良までのショートカットはないので、とりあえず大阪まで出て、そこからもう一度電話してちょ~だい。」

「分かった。遅くなるけど、必ず行くから。ごめんね。」

さてさて、
それから待つ時間が長い。。。
うまいこと次のんに乗ってるやろか?

なにぶん、彼らは日本で繋がる携帯電話を持ってはらへんわけや。
公衆電話からの連絡を待つ他ない。

「これに、うまいこと乗れてたら、大阪に着く時間は・・・」
「もし、その次やったら・・・」
いろいろと想像を巡らせるしかないわけや。

とうとう、連絡がないまま、ライブ開演時間。。。

最初のステージ(コオルア)が終わっても、まだ電話がないσ^_^;

「この時間に、まだ大阪に着いてへん、って・・・どないしたんやろ?」

と、そこへ、リンさんからの電話!

「We're in Takada Station.」

え?
もう高田駅(ゼンベの最寄り駅)まで来てはるんやΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
すぐに『ゼンベ』のオーナーさんと車で迎えに行った♪

なんとか、予定の2ステージ目、ちょっと遅れたけど、間に合った(≧∇≦)

よかったぁ!!!

その後のライブ、なんか・・・ものすごテンションが上がった(≧∇≦)

そうそう、
ホテルに立ち寄らず、来た彼らは楽器を持って来られへんかった。
どうしたか、っちゅうと・・・
たまたま、お客さんの中に、ギターとベースを持って来てる人がいてはってん(o^^o)
それ貸してもろてん♪

携帯電話に慣れきってしもたうちらに、神さんがくれはったスパイスなんかもな(⌒▽⌒)

Mahalo e ke Akua

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する