楽譜作成において避けたいこと

タッチノーテーション

去年末に入手したiPad用の楽譜作成アプリ。
パッドの五線紙に指先で楽譜を書いていくと、それが整形されたきれいな譜面になって、そのメロディの音も出る。

思いついたメロディを書きとめたり、ハーモニーのアレンジを作ったりする時に重宝してる。

タッチノーテーション

自分なりに、そこそこ使い慣れてきたわけや。
っちゅうても、おいらの場合、オーケストラ譜を書くことはないので、その機能を全部使ってるわけやないけどな(^_^;)

昨日、これで友人が作った曲の作譜をしてて、ふっとプラグインの一覧を見ると・・・
コード伴奏の自動演奏の機能が付加できることに気がついた。

つまり、メロディ譜の上にコードをふっていくと、メロディと共にコード伴奏付の音が出るのん。
有料プラグインやけど、ダウンロードしてみた。

おもろい♪♪♪

タッチノーテーション

伴奏のタイプをいろいろ選択できる。
バラード、スウィング、ロック、R&B・・・それも、結構細分化されててバリエーションは多い。

「なるほど、この曲、こんなスタイルで演奏するのんも悪くないなぁ♪」
てなアイデアも出てくる。

以前は、出先なんかで、ふっと思いついたメロディはメモ紙とかにチャチャっと5本線引いて書きとめたりしてたけど、パッドさえ持ち歩けば、イヤフォンで音を聴いて確認しながら作業がでける。
そして、コードによる大まかなイメージも掴めたりする。

そんな楽しい作業が、イヤフォンをして、パッドを見ながら、たとえば電車の中でもできるわけやけど。。。
ええメロディができた時に、ついニンマリ・・・って、気ぃつけんとな。
ましてや、声に出して口ずさむ事態はぜったいに避けたいもんやな(^_^;)ホンマ

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する