アイルランドの妖精の曲 (動画)



『Sí Bheag Sí Mhór(シーベグ・シーモア)』
1691年に盲目のハープ奏者ターロック・オキャロランによって書かれたハープ奏曲や。
二十歳の頃に書かれた彼の処女作と言われてる。

ターロック・オキャロラン (1670-1738)

タイトルは、アイルランド言語のゲール語や。
『小さな妖精の丘と大きな妖精の丘』っちゅう意味。。

sí:妖精の丘
bheag:小さな
mhór:大きな

英語的には『Sheebeg, Sheemore』と表記されることもあるけど、これは発音上の表記であって、言葉の意味はなしてない。

アイルランドには妖精の物語がたくさんある。
その物語のひとつが、この曲のモチーフになってる。
ふたつの対立する妖精たちのグループの争いを描いた民話や。
また、その丘の下には妖精の城の廃墟が埋まっていて、戦いの英雄たちが埋葬されている、という伝説もある。

おいらは、このハープ奏曲を、スラック・キー・ギター・スタイルで編曲した。
チューニングはFワヒネ・チューニング(CFCGCE)や。

おいらの大好きな楽曲で、2013年リリースのCDアルバム『KOʻOLUA/コオルア』にも収録してる。

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する