心の琴線に触れた言葉



なんでもない言葉が、ふっと心の琴線に触れることがある。

昨日、名古屋、ある居酒屋さん。
100席くらいやろか。
そこそこ大きなお店や。
若い店員さん達が元気よく立ち働いてはる。

元気よく・・・っちゅうても、ギャアスカわめき立てるタイプのスタイルではなくて、ちょうどええ感じの快活さや。

席について、まずドリンクを注文。
しばらくしてドリンクと突き出しを持って来はったフロア係さんにメニューを見ながら一品モノを数品注文した。
その時、フロア係さんの受け答えの言葉。

「ありがとうございます。ただいま作ってまいります。」

その言葉、『ただいま作ってまいります』が、おいらの心に響いた。

なんともストレートな表現やん。
でも、その臨場感のある粗野な表現が、のちにこのテーブルに運ばれてくるであろう料理への期待感を盛り上げた。

その言い回しは、このお店の決まりセリフなんやろか?
店内のやり取りに聞き耳を立ててみたが、どうもそうではないようや。

果たして、調理場で作られて運ばれて来た料理は美味かった。
そこには、その言葉の味付けも加わってたんかもしれんな。

ごっそさんo(^▽^)o


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCnKLKSO0PpcuJLt1NFZt5ZA

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する