FC2ブログ

アメイジング・グレイスをスラックキーで♪(動画)



古い讃美歌『Amazing Grace』をスラックキーで弾いてみた。

賛美歌ゆ~ても、今は、教会以外で歌われることも多い。
とくにアメリカの人は普通に好きやな、この曲。
カントリー・ミュージックのコンサートのフィナーレでも、よく歌われる。
ハワイアン・ソングの『Hawaiʻi Aloha』みたいなん。

ちなみに、
日本語の歌詞の『いかなる恵みぞ』は、おいらの祖母の愛唱歌のひとつでもあった。

おいら、この曲について5年ほど前に、このブログで書いてるな。
これ(^_^)/

この歌のオリジナルの歌詞を書いたのは、
ジョン・ニュートンさんっちゅうイギリス人の牧師さんや。

驚くほどの恵み、なんという素晴らしいこと
こんなにつまらない私さえも救われるとは
かつては道に迷っていたが、今は見出した
盲目であったけれども、今は見える

・・・と、歌われてる。

実は、ジョンさん、
船乗りやった父親について自分も船乗りになったんやけど、
けっこう粗暴な性格やったそうな。
その後、海軍に入隊させられるも脱走兵となり、アフリカで奴隷同様の扱いをされるなど、どん底の人生。
そこから救出されたんやけど、航海中に嵐に会い、死にそうになったそうな。
その時に、初めて心から神さんに救いを乞うて祈ったんやそうな。
命からがら助かったジョンさんは、それを機に敬虔なクリスチャンにならはって、やがて牧師さんにならはるわけや。

・・・って、
なんとも波乱万丈な話なんやけど。。。
実は、
敬虔なクリスチャンとなってからも、5~6年は奴隷貿易の仕事をしてはったんやそうな。。。
その後、病気で貿易の仕事をリタイア、5年ほどおとなしい仕事を経て、キリスト教の伝道師さんに弟子入りしはってん。
やがて、聖職位を得て、『オルニー教会』っちゅうとこの牧師さんに就任しはるねん。

んで、
この悔悛の情をも盛り込まれた歌詞が書かれたんは、1772年やて。
ん~で、
1779年に出版された『オルニー讃美歌集』によって、この歌の歌詞が世に出され、
1835年に今のメロディがつけられたんやそうな。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
   

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する