FC2ブログ

スラックキーを楽譜にすると

スラッキーギター

今度の土曜日の大阪スラックキー・ギター教室のレッスン教材のスコア書き上げた。

ハワイアン・ソングの名曲『Ua Noho Au A Kupa』や。
とっても爽やかなメロディや。

作者は・・・諸説あります( ̄▽ ̄)
エマ・ブッシュ(Emma Bush)さん説、エドワード・カイノア(Edward Kainoa)さん説、ジョン・アルメイダ(John K. Almeida)さん説。。。
でも、カラーカウア(David Kawika Kalākaua)さんが『フィグ/Figg』っちゅうペンネームで書かはったんがオリジナルみたいや。

今回も、2種類の編曲をした。
簡単バージョンと、ちょっとだけ凝ったバージョンと。
どちらも、スラックキー・ギターの独特の音色の響きを際立たせるように編曲した。

しかし、
元々は楽譜に依存しない音楽であるスラックキーを楽譜を書いてて思う。
実際に弾いてみると、簡単なことやのに、楽譜に書くとなぜ複雑になるのか。
あるいは、単純な楽譜面(つら)のフレーズを、どうやって活き活きと弾くか。

楽譜は音楽の本質ではない。
それは、音楽を視覚化して保存するためのツールである。
と、おいらは考える。

月2回、大阪の天王寺でスラックキー・ギター教室やってます。
ギター、まだ持ってない方のために、とりあえずの置きギターあります(1本だけ)。

ゆるこ~い楽しいレッスンやってます♪
ちなみに、楽譜読めなくても大丈夫。
お気軽にぃ~~~(●^o^●)

レッスン詳細はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-entry-813.html


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する