fc2ブログ

ジェイムズさん

James Taylor

いつもライブをさせてもろてる大阪心斎橋のCDショップ&ミュージックバー『ザ・メロディ』さんに、11月13日のライブのフライヤーを届けに行ったん。

ちょっと前から気になってたCDが置いたったん。
ジェイムズ・テイラー(James Taylor)さんの『Before This World』、2015年リリース。

しかも、このCDに、店主さんのオススメ盤カードが付いたぁる。

買おた!

ジェイムス・テイラーさんは、ずっと昔にCDではなくて、レコードに時代に聴いてた。
(今は、レコードと言わずに『ヴァイニール(ビニール)』て言うんやな。。。)
その時も、先輩のオススメやった。
その当時、完璧アコースティック派やったおいらは、『ソフト・ロック』とか『ジェントル・ロック』を冠してたジェイムズ・テイラーさん、あんまり興味はなかった。
っちゅうか、『ロック』っちゅうもんに興味がなかったわけや。

今でも、『ソフト・ロック』っちゅう呼び方が生きてるのんかどうか知らんけど。

でも、先輩にけっこう・・・いや、かなり強くススメられて、なけなしのお小遣いを振り絞って買おた。

『ソフト・ロック』と言えども、ロックはロック。
その頃のおいらを最初から完全に満足させるもんではなかったけど、アコースティック・ギターを上手く使ってはるところには存分に魅了された。
ライブなんかでロックやカントリーのバンドで、フロント・シンガーがアコースティック・ギターを弾いたりしてることがあるけど、その音は、演奏スタイル上、底の方に沈められてしもてることが多い。
でも、彼のスタイルはアコースティック・ギターを全面に押し出したロックやった。
ギターだけの弾き語り曲も収録されてて、それはメッチャ気に入って、自分でもコピーして弾いてみた。

ジェイムズ・テイラーさんの音楽は、もしかしたら、あの頃の若かったおいらの頑固一筋やった音楽嗜好が、徐々に揉みほぐされていく端緒になったのかもしれん。

ジェイムズ・テイラーさんのレコードも、聴くたびに好きになっていった。

さて、今。
おいらがあの時買ったレコードがリリースされてから、45年後にリリースされたCD『Before This World』。
このブログを書きながら、リピートして聴いてる。

メッチャええ!

トータルなサウンドのスタイルは昔のままや。
あの中低音をゾォ~ン深みから立ち上げるギブソンのギターの音色もそのまま。
オリジナル曲の曲相もアレンジメントも、ジェイムズ臭がプンプン。
かとゆ~て、個人的はなつかしさは湧くものの、カビ臭さは微塵も感じられへん。
やっぱり、すごいミュージシャンさんなんやな。

店主さん、おおきに(●^o^●)

ライブの宣伝もしとこ(^_-)-☆
The MELODY

11月13日、金曜日の夜♪
『ザ・メロディー』さんで、コオルアのライブあります(≧▽≦)
高感度マイク1本で聴いていただくコオルアのナチュラル・サウンドで癒しのアロハ・フライデー(^_^)/
※コロナ対策で入場数制限あります。
ぜひ、お早目にご予約を!!!


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する