fc2ブログ

ラハイナルナ

TAB譜 Lahainaluna

大阪の私のスラックキーギター教室で、今、『ラハイナルナ(Lahainaluna)』という曲をレッスンしてる。
ハワイのシンガーソングライターのクイ・リー(Kuiokalani Lee)さんの作品や。

ひとりの生徒さんからのリクエストで、
「美しいラハイナの街に想い出があって。」
とのこと。

今般の火災で、私のまわりのラハイナ在住のミュージシャンさん達も被災してはる。

思いは同じや。

さっそくレッスン用の楽譜を書き上げて、先日のレッスンで使った。

ええ曲やな、やっぱり。

さて、
この楽曲のタイトルやけど、『ラハイナルナ(Lahainaluna)』ではなくて、『ラハイナ・ルナ(Lahaina Luna)』としてあるのをよく見る。
『ルナ(luna)』は『上の方』を意味するハワイ語。
※同じタイトルでラハイナルナ高校の校歌になっているアルバート・カレイキニ(Albert Kaleikini)さんの作品『Lahainaluna』とは別曲。

しかし、
ラハイナ(ラーハイナー/Lāhainā)の街の上(山手)の方に、ラナイナルナ(Lahainaluna)という地名の場所が別にある。
今回の山火事で最初に避難が始まったのはこの辺り、と現地の情報サイトでアップデートされたのを見たことがある。

クイ・リーさんは、この両方の場所を、あるいは、ラハイナ地区のラハイナルナを愛でて、歌詞の中に、
in Lāhainā, Lahainaluna
と歌ったんやと、私は勝手に推測する。

ちなみに、
彼が亡くなった年(1966年)にリリースされた別の歌手のシングル盤レコードのレーベルには『LAHAINALUNA』と記してある。
また、作者のクイ・リーさん自筆の楽譜にも『LAHAINALUNA』とひとつの単語として書いてあるそうな。

クイ・リーさんは34歳の若さで癌により亡くなってるんやけど、自分の子供のためにこの曲を書いた、と言われてる。

今のラハイナ、ラハイナルナを空の上から見下ろして、彼はどんな思いをしてはるんやろな。。。


ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://paniolo.main.jp/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime
  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する