fc2ブログ

古いギターとミュージシャンの青春

Chet Atkins

この本を入手した。

チェット・アトキンス(Chet Atkins)という現代スーパー・ギタリストさんの自伝と彼が愛したギター達の写真が収録されてる。
残念ながら、22年前に亡くなったけれど、
彼は、私も含め多くのフィンガーピッキング・ギタリスト達にとっての憧れであり、また多大な影響を及ぼしたお方。

私も、コオルアのCDアルバムに彼のレコードで学んだ楽曲を収録している。

さて、
その読み応え、見応え抜群の美しい本を読んでいくと、彼が少年時代に初めて自分のギターとして手に入れたギターの写真と説明が載っている。

Chet Atkins

感動した!!!
心が動いた!!!

つまり・・・
私は、43年前に、このギターの実物を見ているのである。

場所はテネシー州ナッシュビルにあるカントリー音楽殿堂博物館(Country Music Hall of Fame)。
その殿堂入りしたミュージシャンのプレートと愛用品が展示してあるフロアで、このとことん使い込まれたボロボロのギターを目にした。

Country Music Hall of Fame

すごい印象的なものであった。
写真も撮った。

その頃は、デジカメなんてなかった。
フィルム式なので、現像プリントするまでどんなふうに写っているのか分からない。
撮影技術なんて全くない私のピンボケ写真(笑)

前面からの写真では分からないけれど、ネックの裏側、一度折損した部分が釘で乱暴に補修してあった。
(本の説明では釘ではなくボルトとなっているが、私の記憶違いかもしれない。)

写真を見ると、ボディ表版の黒いピックガードが剥がれているようになっているが、これはピックガードが貼り付けてあるのではなく、黒いペイントで描かれた『なんちゃってピックガード』なのである(笑)

とにかく、
チェスター少年(チェット・アトキンス)は、義理の父から手に入れたこの安物の通販ギターを大切に大切に大切に弾いて弾いて、弾きまくって練習に励んだのだという。

後に、彼はミスター・ギターと呼ばれるまでに、ミュージシャンとして大成功をする。
伝記によると、このギターを捨てるつもりであったが、母親がそれを拒み、そして残しておいたのだそう。
母親は息子がこのギターで一生懸命練習をしている姿を見ていたからなのか。
・・・伝記には、母親にウクレレを壊されるエピソードもあったりするのだが(笑)

かたや、
『歌うカウボーイ』としてその名を馳せた歌手であり映画俳優のジーン・オートリー(Gene Autry)さんのところには、特注の美しい豪華なマーティン・ギターが展示してあった。

Country Music Hall of Fame

それから、
こちらは当時、博物館の入口近くに展示してあった著名ミュージシャン達のギターのショウケース。

Country Music Hall of Fame

手前に横たえてある地味なギター・・・と言ってもマーティン・ギターなのであるが、それは、かのエルヴィス・プレスリー(Elvis Aron Presley)さんがデビュー当時に愛用していたギター。
ボディーの表版が割れてしまって、その部分に【E】【L】【V】【I】の4枚のパッチを貼り付けて修理(?)してある。
【S】はピッキングで弾き飛ばされたのか脱落。

駆け出しの頃、みんな苦労していたのだろうな。

そして、最後はどうでもええ写真。
その当時の私と、ブルーグラス音楽の父と呼ばれる偉人、ビル・モンロー(William Smith Monroe)さん。

b230901f.jpg

1冊の本から、
青春時代がよみがえったようで。。。

いや、私自身は、今でも青春時代を生きていると思い込んでいるのであるが。
万年ギター少年として。

あ・・・やっぱり少年は無理があるか(笑)
ギターおじさん・・・ってイヤだな。
ギター爺って、誰のこと!?( 一一)

ギター大好き漢・・・とでもしておこう。

おつかれさま(≧▽≦)

ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://paniolo.main.jp/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime
  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する