fc2ブログ

弾く前と弾いた後

メンテグッズ類

演奏前後(練習も含めて)の、私のギター・メンテの常備グッズ。

演奏前は、
ビオレの『さらさらパウダーシート』。
他メーカーのパウダーシートも試してみたけど、私にはビオレのんがええ感じ。

これで左手の手のひらを拭いて、乾いてからギターを手にする。
制汗的な目的や。
特に、夏場なんかは効果抜群!
真ん中のプラケースは、その徳用版で、スタジオに常備してある。

演奏後は、
『布切れ』と『ファスト・フレット(FAST FRET)』。

『布切れ』は古くなったコットン100パーのTシャツを切ったもので、これでネックを丁寧に拭く。
場合によっては、ボディ等も拭くけど、ネックは必須。
『ギター用クロス』なんていう商品がそれらしく販売されてるけど、このTシャツ片で充分や、と私は思う。
(メーカーさん、すんません。)

弦も1本ずつ拭く。
もちろん裏面も。
汗や皮脂汚れは、弦の酸化(錆)を促進するだけでなく、音色もボヨボヨにしてしまう。
汚れの付着がたまるとピッチも狂ってチューニングが合わなくなる。

最後に、『ファスト・フレット』を各弦に塗布しておく。
これは、裏面まで塗らなくても、表面に塗布すると微妙な表面張力である程度は裏面までジワっと回り込む・・・はず。
ちなみに、XS弦等のコーティング弦には使わない。

『ファスト・フレット』は、演奏時の左手運指をスムーズにするための潤滑剤として販売されてるけど、私は、それについての効用はほとんど認めない。
しかし、弦のメンテ用グッズとしては、信頼して長年使ってきてる。

以上、
毎日、毎回、面倒なこと、と思われてるやろな。
でも、
ずっとやってれば、それほど大変なことでもないし、そんなに時間がかかることでもない。

なにも、弦を長持ちさせて、コスト・パフォーマンスのみを追求してるのではない。
いつも、ええコンディションのええ音で演奏したいからやねん。
(私の場合、フォスファーブロンズの非コーティング弦は1週間-10日間くらいで交換。)

あるコンサート会場の楽屋で、他のギタリストさんに、
「へ?そんなことしてるんだぁ!」
って笑われたこともある。

そやけどな、
これが『マイ・ウェイ』やねん。
ほっといてぇ~~~(≧▽≦)

注:
『さらさらパウダーシート』は、楽器の塗装の種類・状態によっては、ダメージを生じる可能性がないとは言えません。
ちなみに、私の楽器たちのウレタン塗膜、ラッカー塗膜には、いまのところ問題は生じてないので使ってますん。
黒い衣装の時には、白いパウダーの付着に要注意ですん。


ライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

レッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

ホームページはこちら
http://paniolo.main.jp/
フェイスブックはこちら
https://www.facebook.com/koolua
インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/ko.olua/
動画はこちら
https://www.youtube.com/slackintime
  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する