FC2ブログ

メイドインジャパン!!!

スタ☆カポ

こないだのブログ記事『カポの噺』で、
「・・・高級カポを買うことを思いとどまらせてしまう。」
などと書いて置きながら、実は、その2日後に1万円超えのカポを買おてしもた。
スタ☆カポ』っちゅうカポ。

なぜ・・・?

そのカポの素材が旧日本海軍の零式艦上戦闘機(いわゆる、ゼロ戦)で使用されてたものと同じであることが、まずおいらの興味をひいた。
当時の住友金属で開発された超軽量かつ高強度な『超々ジュラルミン』ちゅう合金や。

んで、
そのカポが、決して大企業とは言えへん『(有)久留米精工』さんっていう金属加工会社の町工場で製造されてる、っちゅうことも興味を持つ要因になった。
メイドインジャパン!!!
ちなみに、おいらが今まで使って来たカポは、ヤマハを除いてはアメリカのブランドものや。

その工場のサイトに書いてあった言葉がおいらの心の琴線に触れた。
『本当に創りたい物だけを丁寧に妥協無しに創っています。』

これって、ウチらコオルアのポリシーとカブるやん。

それから、この工場で作られるカポについて、じっくりと考査してみた。
なかなか、おもしろいコンセプトやん。

超軽量という以外に、フレットバーの形状に合わせてギュイ~ンとしなる弦押さえバー。
今までこんな構造のんは、おいらの知るかぎり見かけへんかった。
この構造は、カポ装着時のピッチの安定にええパフォーマンスをする。
(最近発売されたアメリカG7thブランドのものに弦押さえパッドに同様効果の仕掛けがしてあるのんがある。)

さらに、
この会社宛に、製品についても質問を出してみると・・・(そらもう、ウチら裕福ではない音楽屋にとっては、1万円以上もするカポは大きな買い物やし)・・・社長さんからすぐに丁寧な返事が返って来た。

心は決まった。
このメイドインジャパンに賭けてみよう。

スタ☆カポ

注文の翌日、商品が届いた。
この工場のもうひとつの音楽商品である高精度三次元切削加工ギターピックもサンプル(サービス)で付けてくれてはった。
(念のため・・・この工場は音楽商品専門ではなく、金属加工工場である。)

さっそく、ギターに装着して、試弾してみた。

スタ☆カポ スタ☆カポ

まず、その軽さにビックリや。
金属製っちゅうイメージだけで手にすると、あれ?って思うくらい軽い。
前のブログに書いた超軽量カポが樹脂製で8g、この金属製のんが10g・・・と大差ないことに驚く。

実際に弾いてみる。
まず、低音の音の抜けが抜群で、カポを付けてない時と同じようにブンブン響く。

スタ☆カポ

最初、中高音が、ちょっと詰まった感じやったけど、これは、このカポの適正な取り付け位置に装着すると、まったく問題なく解決した。
このカポは弦押さえバーの中央に角型押さえゴムが貼り付けられてる。
今まで使ってたカポはほとんどが、弦押さえバーにゴムや樹脂を被せたもので、弦の接触部分の断面がアール形状やった。
その感覚でフレットほぼ直上にバーを持って行くと、弦振動が抑えられてしまうわけや。
なので、あえて、フレットからちょっと離して装着すると、ええバランスで鳴ってくれることが分かった。
ピッチのズレの問題は、バーのしなりによる圧力バランスが形成され、ほぼ解消される。

おいらとしては、大満足なカポや。

ただひとつ、あえて注意点を挙げるなら・・・
カポを使わない時に、他のネジ式やバネ式のカポのように、ネックのナット部分あたりに、このカポをはさんでおくことができないことや。

なくさないように・・・絶対になくさないようにしなければならない。。。

※このブログ記事は宣伝広告ではありません。あくまでも個人的な感想を述べたものです。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

歌追い人

Song catcher

ふっと思い立って、以前に買ったDVDを、久しぶりに見た。

『Song catcher』っちゅう2000年に公開されたアメリカ映画。
日本でも2003年に公開されて、邦題は『歌追い人』になってる。

時代設定は1907年のアメリカで、都会の大学で教鞭を取っていた音楽博士の女性が、その生活に嫌気がさし、妹の住むノースキャロライナ州アパラチアの深い山の中の集落へ行き、そこに生きる人々と『歌』との関わりに心を動かされ、彼らの『歌』を採譜・収録しようとする。
・・・な物語や。
一応、ラブ・ストーリーには仕上げられてるけど、アイルランドやスコットランドからの貧しい移民の末裔たちにとって、『歌』がどれだけ大切なものかを全編を通して表現している。

ちなみに、この映画に登場する音楽シーンの多くは、『バラッド』がメインで、あとは、フィドル(ヴァイオリン)、5弦バンジョー、ダルシマー、ギター等の演奏も登場する。
※『バラッド(ballad)』とは、
ある事件等の物語を歌に乗せて詠唱するもので、無伴奏のソロで歌われることが多い。

この映画を初めて見たときは、素朴なアパラチアのバラッド詠唱のシーンに感動したもんやった。

でも、今回見た時は、以前とは少し見方が変わっていた。
もちろん、音楽シーンはやっぱり素晴らしかったけど、この物語の中でのもうひとつの核が大きく心に入り込んできた。

それは、アパラチアの人々が大切に歌い継いできた音楽を、楽譜や録音物にして、出版するということについての是非のシーンや。

「俺たちの『歌』を盗むつもりだろう。」
「いいえ、『歌』を愛しているから。」

おいらが、この映画を最初に見た時は、音楽オフィスを立ち上げてまだ数年目、勢いで職業音楽家をやってた。
一所懸命突っ走って気がつかへんこともいっぱいあった。

あれから20年近くたって、職業音楽家として、いろんなことを経験させてもろてきた。
んで、
もう一度この同じ映画を見たときに、新たな気づきが生まれてたわけや。

心に染み入った。

もしかしたら、おいら、
今もう一度、この映画を見る時やったんかもしれん。

過去に見た一本の映画をもう一度見て、
『音楽を謙虚に愛する音楽家であり、音楽屋であり、歌追い人でありたい。』
っと、思いを新たにした次第である。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

10/4、昼下がり町家コンサート

うずらギャラリー

10月4日、日曜日の午後2時から、
京都の町家ギャラリー『うずらギャラリー』さんで。
ほっこり、しっとりと趣のある風情にコオルアの音楽が流れます。

京都の繁華街『新京極』の近くです。
街ぶらがてら、お越しやす。

時節柄、席数を減らして10名様限定です。
ご予約の上お越しくださいませ。

コオルアの昼下がり町家コンサート
<FOLK MUSIC of HAWAIʻI>
●日時
10月4日(日)開場13:45/開演14:00
●場所
うずらギャラリー
京都市中京区三条通寺町西入弁慶石町58
地下鉄京都市役所前駅徒歩5分
京阪三条駅徒歩7分
阪急河原町駅徒歩9分
http://sound.jp/uzura/
●出演
KOʻOLUA(コオルア)
・Slack-Key MARTY(歌、スラックキー・ギター)
・NOLIKO(歌、ウクレレ)
●チャージ
2500円
※カフェ、レストランではありませんので、飲食の提供はありません。ペットボトルの飲料は持込可。
※予約制、10名様限定。
●ご予約、お問合せ
うずら音楽舎 070-5500-1011
又は、上記のURLのうずらギャラリーのウェブサイトからEメールにておねがいします。
当日のご予約はお電話でおねがいします。



コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html

コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
   

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ニンニクな噺

背徳のニンニク

パッケージに釣られて買おてみた。
(一緒に写真に入ってる生ニンニクは商品には含まれてません)

ドド~ンと『ニンニク』の4文字。
しかも、『背徳の』っちゅう枕詞まで付けたぁる。
ニンニク好きなら手が出よう。

しかも、このコロナ禍やし。
免疫力を付けんなんので。

買おた。
ほぼジャケ買い・・・もとい、パケ買いや(笑)

背徳のニンニク

調理してみた。
湯切りして、添付の調味料を加えると、わわぁ~っと芳しきニンニクの香が舞い立つ。
具材はバランス的に若干少ない目やな。
ニンニクは・・・形として認識できるのは、みじん切り片がチラホラ。
(上の写真で見るよりは、実際はもうちょっと具材が入ってる)

実食!

たしかに、ニンニク風味はガンとくる。
・・・が、想像してたほどでもない。
まぁ、一般向け商品としては、こんなもんなんかな。

麺はさすがにサンヨー食品だけあって、シッカリした麺や。
(調理説明では5分のところ、6分で湯切り)

醤油系のソースの味は、ニンニク風味を除いては、さほど特徴的なところはなく、おいらの感覚では、まぁまぁなとこ。
これは、好みの問題なので、とりあえずの評価で。

っちゅうことで、
今回、おいらが得た成果から導き出した考えはこれ。
「今度は、お気に入りのカップ麺に、ひと手間・・・ニンニクのみじん切り(あるいはスリおろし)とかニンニク・フレークを混ぜて食べてみよう♪」
ちなみに、
バター焦がしニンニクを加えることも考えたんやけど、そこまで手間をかけてしまうと、お手軽カップ麺の意味が無くなってまう。

おつかれはぁ~~~ん(^_^)/

※これは、まったく個人的な嗜好性による感想であります。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
   

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

カポの噺

カポタスト

新しいカポ(カポタスト)を買おたん。
超軽量を謳い文句にした製品や。
値段も安く某通販サイトでは税抜きで1000円以下や。
(一般的なカポは2000円~3000円台やと思う。)

こないだ、古いカポが突然死しはったんで、新しいカポを探してて、この新製品に白羽の矢が立ったわけや。
ちなみに、
一般的に、カポが重いと音の響きが減衰するって言われてる。
なので、カポは軽い方がええ、っちゅうことで、この超軽量カポに期待したわけや。

カポタスト カポタスト

バンド式の装着方法で、なかなかスッキリしてる。
左手のアクションの邪魔になることはほとんどない。
けど、
着脱に手間がかかる。
ネジをクルクル回して弦への圧力をかけるわけなんやけど、ネジの向きが災いして、どうも扱い辛い。
まぁ、これは、おいらの不慣れなせいもあるんやろな。

さて、
カポの性能にとって肝心な点は3つ。(今回は耐久性は除く)
・扱い易さ(着脱の容易さ)
・ピッチへの影響
・音の鳴りへの影響
(順不同)

カポタスト

っちゅうことで、
今、おいらが現場で使ってるカポと比較してみた。

軽量してみると、写真のとおり、バンド式のんは断トツに軽い。
その次が、こないだ突然死しはったんと同じ機種のネジ式のん。
一番重かったんは、バネ式。

カポタスト カポタスト カポタスト

さて、カポ性能の3要素比較の結果は・・・

着脱の容易さは、やはりワンタッチのバネ式。
次いで、長年使い慣れた安定のネジ式。
慣れのハンデも勘案すれども、このバンド式は一番手間がかかる。

装着時のピッチへの影響は、ネジ式が安定してる。
バンド式も装着してから、モゴモゴと位置を調整してやると、ネジ式並みの精度は確保でける。
バネ式も同じく装着してからのモゴモゴが必要やけど、やっぱりちょっとピッチが甘いかな。

音の鳴りへの影響については、
バンド式、ネジ式共、ええ感じで低音も響く。
バンド式の方が心持ちブライトな音色な気がする。
バネ式は、やっぱり、他のに比べると低音が若干寸詰まりになる。
重量の問題に加えて、形状にも関係してるんかな。

音の鳴りについては、機械計測したわけではないので、おいらの主観やけど。

てなわけで、
新しく買った、バンド式は、時間に余裕のあるスタジオ・ワークで使うことにした。
メインは、やっぱり信頼でけるネジ式。
バネ式は、とりあえずギターケースに入れておいて、演奏中にカポ移動をしなければならない等の、やむを得ない時用に。。。

P.S.
ホンマは、1~2万円くらいの高級ネジ式カポタストがええ、って聞く。
それは、よう分かってる。
でも、ちょくちょく、カポを演奏会場やスタジオに置き忘れてしもてる経験が、高級モンを買うことを思いとどまらせてしまう。

※これは、個人的、主観的な比較検証であります。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
  

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

今週末は配信、そして名古屋へ!

online

今週末の土曜日は、
コオルアのライブ配信コンサート!
午後3時からのティータイム。
コオルアの音楽を、お茶しながら、ゆったりとお楽しみくださいませ。

ARMADILLO

そして、日曜日は、
久しぶりの名古屋ライブ!
カントリー&ウェスタンの老舗ライブハウスでコオルアの恒例『Hawaiian Cowboy Style』。
カウボーイもフラガールも集合!!!
・・・と言っても、コロナ対策のため入場制限あります。
ぜひ、ご予約の上お越しくださいませ(^_-)-☆

Tea Time Stream / KOʻOLUA Concert
《Stay Home, Stay Tuned and Slack-Key Time》
(ネット中継)
●日時
9月12日(土)15:00-16:00(日本時間)
●演奏
KOʻOLUA(コオルア)
●コンサート配信URL
https://www.facebook.com/koolua/live
(Facebookアカウントは不要です)
●投げ銭
PayPayにて、よろしくお願いしま~す(≧▽≦)
PayPay ID: paniolo

Hawaiian Cowboy Style / KOʻOLUA
<EARTHY MUSIC of the ISLANDS>
●日時
9月13日(日)開場19:00/開演19:30
●場所
ARMADILLO
名古屋市名東区本郷2丁目219
地下鉄本郷駅より徒歩約5分
http://armadillo.nagoya/
●出演
KOʻOLUA(コオルア)
・MARTY(歌、スラックキー・ギター)
・NOLIKO(歌、ウクレレ)
●チャージ
2500円(ご飲食別途)
●ご予約、お問合せ
アルマジロ 052-771-2600


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime
 

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ワン・マイクの臨場感

The MELODY

昨日は、
大阪の心斎橋、『ザ・メロディ』さんでライブ。

小さなライブ・スペースやけど、ウチらコオルアお気に入りの場所(●^o^●)

今は、コロナ感染防止のため、他のライブ会場と同じく、入場制限してはるけど、本来の姿は、『お客さんと演奏者が近い』スタイル。
そやし、まるで、ホーム・コンサートみたいな雰囲気になる。

こちらでのコオルアのライブ、最初の頃は、ギターとウクレレ用のD.I.やエフェクターを持ち込んで、ボーカルマイクも2本使って演奏してたんやけど、最近はやり方を変えたん。

高感度のコンデンサー・マイクを1本だけを、真空管プリアンプを介して、お店に備え付けのスピーカー・アンプに接続して演奏するようにした。
つまり、1本のマイクだけで、ボーカル2声とギターとウクレレの音を拾うわけや。
んで、
マイクとの距離や方向を、自分で動きながら変化させて、音のメリハリを醸し出す。
なんともオールド・ファッションなスタイルや。

さらに、
あえて、アンプの出力を少し絞り気味にするねん。
んで、アンプが作る残響音と、生の音声をミックスするねん。
それによって、演奏の臨場感がヒシと伝わる。
もちろん、音量はそれで充分なスペースや。
このお店では、コオルアの演奏は、そのスタイルがええことが分かった。

さて、
今回のライブ、ご年配のご夫婦のお客さんがご来場。
ハワイ通のご夫婦で、ハワイ事情については、ウチらの大先輩さんや。
そして、
なんと、この日がご結婚56周年なんやて!
その記念にご夫婦でコオルアのライブを見に来てくれはったんやて。
そんな大切な日に、コオルアのライブをチョイスしてくれはったん。
もう、ウチら大感激や!!!
いつまでも若々しくLOVE & LOVEなお二人に、『Waiulu』という熱い熱い愛の歌を演奏させていただいた。

お客さんとハワイの話をしながらの演奏・・・毎回がスペシャルなライブ。
ウチらも楽しくてノリノリの演奏やったな。

MAHALO

次回、『ザ・メロディ』さんでのコオルアのライブは、
11月13日(金)の20:00から
もちろん、ワン・マイク・スタイルで(^_-)-☆
The MELODY
http://home.att.ne.jp/blue/mel/

みなさんのご来場をお待ちしております。
小さな会場なので、ご予約の上、お越しになることをオススメいたします。


コオルアのライブ等情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-4.html
クローズ・イベント、プライベート・イベント等への出演情報は掲載しておりません。

コオルアのレッスン情報はこちら
http://slackintime.blog23.fc2.com/blog-category-10.html
単発のワークショップ等は、上のライブ情報等をご覧ください。

Slack-Key MARTY & KOʻOLUA's Videos (YouTube)
https://www.youtube.com/slackintime

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽